ステージだより

2022年6月16日
職人の仕事展 2022

ステンドグラス 三宅治良さん、藍染め 下村透さん、

バーナーワーク 山本達也さん、加賀象嵌 笠松加葉さん、

4人の作家による「職人の仕事展」が始まります。

 

22syokunin50.png 


今回のステージだよりでは三宅さんと下村さんをご紹介します。

山本さん、笠松さんの作品はギャラリーブースにてご覧いただけます!

ステンドグラス・三宅さんの説明へ飛ぶ

本藍染・下村さんの説明へ飛ぶ


22syokunin47.png

22syokunin21.png

新潟県糸魚川市でステンドグラスを制作される三宅さんは
当店の窓や扉でもその作品を見ることができます。

 

それもそのはず、ギャラリー棟オープン当初からのお付き合いの作家さんです。

 

22syokunin11.png

色を抑えたシックで上品な作品から、コミカルで可愛らしい図柄を描いた作品まで種類豊富ですが、
どの作品も不思議と親しみやすい温もりを感じます。

 

22syokunin13.png

ここだけの裏話、30年程前、ギャラリーオープン当初は

一年近く作品が売れない時期もあったそう。

それでも、柳生のママさんに「あなたの作品は素晴らしいから、

また来年も一緒に頑張りましょう」と励まされ、

それから、今では常設ギャラリーでも人気の作家さんです。

 

22syokunin4.png
今でも人気の高いフットランプ。

こちらは手に取りやすい大きさで、と、ママさんがリクエストしたとか。

 

22syokunin2.png

明かりを入れるとひとつひとつ印象が違い、選び甲斐があります。


22syokunin14.png

作品パネルは壁に掛けるか、窓辺に吊るすかでまた趣が変わります。

オススメしたいのはやはり窓辺。

 

22syokunin8.png

三宅さんのウォール作品は

あえて色無しの透明ガラスを使ったものが多くあります。

  

22syokunin45.png

こうしてガラスの揺らぎを通してみることで、

いつもと同じ森が「四季の色」を楽しむ作品に変わります。

 

22syokunin12.png

三宅さんのステンドグラスは
ご自宅や店舗の窓、ドア、照明スペースなどに
合わせた制作も可能です。

  

22shokunin3.png実演スペースもありますので(写真は準備中段階...)

その場で、オーダーデザインもお気軽にご相談ください。


 

22syokunin41.png

糸魚川で採れた翡翠を使った作品も。
上品なグリーンがステンドグラスの美しさを引き立ててくれます。

 

22syokunin20.pngこちらは手彫りとサンドブラストの作家、阿久津稔さんとのコラボ作品。

 

22syokunin7.png

カラフルなガラスを使ったアクセサリー

(ネックレス・ピアス・イヤリング)も人気です。

 

22syokunin9.png22syokunin18.png

22syokunin44.png

大小さまざまなランプ・ウォールアート以外にも

ステンドグラス技術を活かした花器、写真立て、ミラーなどなど。

 

22syokunin17.png八ヶ岳倶楽部の為に作っていただいた

パパさんママさんの肖像文鎮もお待ちしてます。

 

22syokunin15.png

涼やかな硝子でありながら、どこか暖かくて懐かしい、

そんな作品でいっぱいのテーブルになっています。



22syokunin23.png


下村さんは化学薬品を一切使わず自然素材だけを使う
日本古来の伝統的な技で藍染めをされています。

   

徳島県産の藍の葉を使った原料に

灰汁や麩(ふすま)などを加え
発酵させて作る染料と、
京都大原のきれいな水で作られる
「天然灰汁発酵建(てんねんあくはっこうだて)」

  

22syokunin22.png


藍は他の染料植物とは少し違い、色素が不溶性です。
その為化学薬品を使わない場合、発酵の工程が必要となります。

 

 22syokunin31.png

発酵と酸化を経る藍染では、化学染料のような均一な色作りは難しい。
だからこそ生まれる、その生きた揺らぎ。
それが「本物の藍」の魅力の一つといえます。

  22syokunin28.png

 こちらのショール、素材の違いもありますが

藍色の彩度が全く違うのは、

発酵段階の若いものと老いたものの差だそうです。

二~五ヶ月程度の発酵段階の新古で染めやすさも色合いもすっかり変わり、

色の染めにくい熟した渋い色合いは時に七回も染めるそう。 


22syokunin33.png今回は日傘もたくさんお持ちいただきました。

親骨41㎝の小ぶりな折り畳み式で、

とても軽くて持ちやすいお洒落な日傘です。

和装、洋装問わず、小粋なアイテムとして使えます。

  

22syokunin34.png折り畳み方が2wayなのも嬉しいところ。

さっと閉じて軸を引っ込めても、友布袋に入れて小さく纏めても良し。

長いままの際はすぐ留められるフック式、

短く纏める時はきちんと留められるスナップ式のバンドが

それぞれ付いています。


22syokunin40.png22syokunin39.png洋服で人気が高いのはワンピースでしょうか。

被り、前開き、様々なデザインがありますが、

デザインも勿論ながら、自分に一番似合う「藍」の色合いを

是非、探してみてください。


勿論、男性にもオススメのお品があります。

 

22syokunin37.pngTシャツ一枚でも、全く同じ色模様はひとつとしてありません。

 

22syokunin24.png

藍はまた、殺菌効果、防虫効果に優れています。

汗を掻いても匂いを感じにくくなるとか。

 

22syokunin26.png今回、洋服の新作はこちらのサマーニット。

  22syokunin29.png

編みが細かく、透け感と上品さを併せ持つデザイン。

春~秋まで使えそうです。

こちらは今回2点だけの展示になりますので、気になる方はお早めに!


化学品を一切使わない本藍染は今ではとても貴重になりました。

 

22syokunin32.pngそれでも、作家さんから直接購入できる展示会ですから、

反物もかなりお買い得に手に取っていただけます。

 

22syokunin36.png

 

藍の色の濃淡や風合いがあるので、全身本藍染を纏っても

奥行のあるオシャレが楽しめます。

普段の格好に帽子やショール、傘などの小物を取り入れるだけでも

日本ならでは色のカッコよさ、上質さで

コーディネートが引き締まります。

 

22syokunin38.png

日本の青、ご照覧あれ。


梅雨入りした八ヶ岳倶楽部はしっとりとした涼しさの中、

木々の瑞々しい緑を楽しめる季節です。

お出かけには嫌われがちな雨の日も、

緑を楽しむ穴場です!

 

四者四様の職人技を是非ご堪能ください。(有安)


職人の仕事展


会期:6月16日(木)~6月21日(火)

OPEN 10:00~17:30

最終日、16:30まで。

 

最新のお知らせ

月別のお知らせ