ステージだより

2021年7月 1日
「職人の仕事展」三宅治良・下村透

2021070233.JPGこんにちは。

いつも、ステージだよりを

ご覧いただき

誠にありがとうございます。

本日から森のステージでは

ステンドグラス 三宅治良さん

藍染め 下村透さん

お二人による「職人の仕事展」

がスタート致しました。

202107021.JPG202107025.JPG


なんと綺麗な「ルリビタキ」

作品でしょう。

三宅さんは、新潟県糸魚川市で

ステンドグラス作品の制作を

されています。

三宅さんの作品は

四季折々、移り変わる

外の風景も、ステンドグラスを

通して楽しんでいただけます。

202107022.JPG

完成したばかりの

「鹿のパネル」

「葡萄のパネル」

美しいですね。

202107023.JPG

三宅さんの作品は

ご自宅・店舗その他の

窓やドアetc.に合わせて

制作する事も可能です。


梅雨の今

外が暗いため

ステンドグラスの灯りが

とても美しく引き立ちます。

2021070211.JPG2021070210.JPG202107026.JPG


202107027.JPG202107029.JPG他の作家さんとの

コラボレーション作品も素敵ですね。

2021070212.JPG2021070213.JPG


2021070220.JPG藍染めを

京都府左京区大原でされる

下村透さんの浴衣です。

美しいですね

下村さんは

化学薬品を一切使わず

徳島県産の藍の葉を

使った原料

(蒅・すくも)に灰汁や

麩(ふすま)

などを加え発酵させて作る染料と

京都大原のきれいな水で

「天然灰汁発酵建」

日本古来の伝統的な技を

守られ藍染めをされています。

2021070223.JPG2021070239.JPG2021070219.JPG


浴衣、ワンピース、スカート、パンツ

シャツ、Tシャツ、上着

タペストリー、スカーフ

帽子、傘、反物etc.

2021070218.JPG2021070216.JPG2021070217.JPG


藍染めの魅力

藍は生き物と

言われるように

同じ染まり方や

同じ色が二度と出ない

それが魅力ではないでしょうか。

本藍染めの魅力を

お楽しみくださいませ。

~青は藍より出でて藍より青し~

工房 藍の館


2021070221.JPG

2021070214.JPG


職人の仕事展

三宅治良・下村透

会期:2021年7月1日(木)~7月6日(火)まで

最終日は、16:30までの開催となります。

皆様のご来店を心からお待ち申し上げます。

(荒川)

最新のお知らせ

月別のお知らせ