ステージだより

2019年10月31日
田原良作 彫刻家具最終回展

最終回、という見出しでどっきりされた方もいらっしゃるかもしれませんが、「田原良作個展」は今回が最終回。

来年からは良工房展としてまたギャラリー、ステージ共に作品をご紹介させていただきます。

 

DSC_0121.jpg 

食道がんの手術、転移を経て二度目の手術を越えられた田原さん。

最終回として、81歳の年齢を全く感じさせない意欲的な作品が並びます。

 

DSC_0067.jpg

 

ステージに入ってまず目に飛び込んで来るのがこの彫刻ベンチ「クマタカ」。

 DSC_0098.jpg 

こちらは八ヶ岳倶楽部開店当初からの長いお付き合いの個展、その最終回のメインとして制作されました。

 

DSC_0096.jpg 

横幅、高さ共に2mを超える大作です。

クッション部分は五反田製作所の宮本茂紀さんとのコラボレーション。

 DSC_0075.jpgDSC_0076.jpg 

長く務めた野鳥の会会長を辞し名誉会長となったオーナー柳生博、パパさんへの労いを込めて。

パパさんとも親交の深い野鳥カメラマン、若尾親さんの八ヶ岳で撮ったクマタカをモチーフに。

そして、使用した主な素材はカツラ。当店のシンボルツリーと同じ木材です。

 DSC_0110.jpg 

カツラの樹は当店の南側駐車場奥、ステージ会場を出てほぼ正面にございます。

紅葉は終わってしまいましたが、足元に溜まった落ち葉のメープルシロップのような甘い香りはまだ楽しめます。

生きた樹と、その木を最大限に活かしたベンチ。是非双方合わせてご覧ください。

 DSC_0119.jpg 

家具としては機能的で使いやすく、その上で彫刻により近づき、芸術にまで昇華したい。

そんな思いから名付けられた「彫刻家具」。

 

DSC_0115.jpg 

集成接着した木の塊を彫る、正に木彫と同じ方法でつくられます。
そんな彫刻家具の魅力は滑らかな曲線。目に美しい形は、触っても感動を得られます。
見えない椅子のひじ掛け、座面の裏や机の脚、どこも極限まで滑らか。
 
DSC_0113.jpgDSC_0106.jpg 
写真中央のテーブルは田原さんの作品には珍しく、天板はカエデの一枚板から出来ています。
 
DSC_0099.jpg 
節を埋める細工も、田原さんならではの遊び心と繊細さで小鳥が飛び回ります。
 
DSC_0068.jpgDSC_0061.jpg 
どの椅子も、ベンチも、驚くほど座りやすいのが特徴です。
お尻を包み支えてくれる安心感と、抜群の手触りはくつろぎの空間にぴったり。
  
DSC_0057.jpgDSC_0079.jpg
 
木材は触れれば触れる程しっとりと色を変えていきます。
長く一緒に暮らしただけ「あなただけの家具」に育っていく魅力は尽きません。
 
DSC_0048.jpgDSC_0052.jpg 
今年は時計も沢山あります。
ぽってりとした木の温かみが、忙しい時間の流れをゆっくりと感じさせてくれそうです。

 

DSC_0054.jpgDSC_0089.jpg 

毎度大人気の木の器やトレイも選び甲斐があります。

料理やフルーツはもちろん、小物置きや、植物を飾っても。

DSC_0058.jpg 

DSC_0064.jpgDSC_0073.jpg 

ギャラリーでも常設でお取り扱いのある木製花器や鳥型のバターナイフですが、こちらも様々な形の一点ものが揃っています。

 

DSC_0093.jpgDSC_0109.jpg 

バターナイフは鳥の部分がマグネットで脱着式になっています。

テーブルに常に飾って、使った後は拭うだけ。オブジェとしても美しいバターナイフです。

DSC_0087.jpgDSC_0070.jpg 

DSC_0059.jpg 

その他にも靴ベラや鏡、コート掛け、彫刻作品など、ステージ会場を埋め尽くします。

コート掛けにかかっているこの帽子、これもなんと木彫作品!

 

DSC_0046.jpg 

驚きと感動の詰まった贅沢な展示になりました。

紅葉もそろそろ最高潮。

冴え冴えとした森林浴の終わりには、木材の温かみにも触れに来て下さい。(有安)


「田原良作 彫刻家具最終回展」

10月31日(木)~11月5日(火)
平日 10:00~17:30 土日祝 9:00~18:30 
最終日16:30まで

最新のお知らせ

月別のお知らせ