ステージだより

2019年7月25日
森のガラスとジュエリー展 始まりました!

ついに記録的な長い長い梅雨も終わりを迎えつつありますね!

7月25日、森のガラスとジュエリー展オープンの今日、八ヶ岳の森では煌めく木漏れ日が楽しめています。

今まで隠れていた小鳥や虫たちも草葉の陰から這い出して大忙し。

DSC_0273.jpg明るい日差しが似合う森のガラスとジュエリー、あしたば硝子工房×もりのわ工房のタッグでお送りします。

ご夫婦二組それぞれの作品がギュッと詰まった目にも涼やかな楽しい展示です。

DSC_0274.jpg

 

まずご紹介するのは、あしたば硝子工房の安本義博さんと東山千昭さん。
お二人はご夫婦、お二方とも吹きガラスの作家さんです。

DSC_0225.jpgDSC_0240.jpgDSC_0284.jpg確かな技術に裏打ちされた安本さんのガラス作品は様々なバリエーションに富みます。

お酒が目から美味しくなりそうな酒器に小鉢、大皿、ボウル、夏に向けて大活躍必至です。

DSC_0230.jpg氷が抜けにくく作られたピッチャーのデザインなど「シンプルで機能的」を感じる美しい器が並びます。

DSC_0277.jpgDSC_0279.jpg花器も様々なバリエーションが。

花を入れても勿論、花器だけを飾っても十分に映えるデザインです。

DSC_0298.jpg気泡をまとった中心が陽の光に当たると、様々に光を反射してとても美しく、窓辺に置くのもお勧め。

 

DSC_0280.jpg

東山さんの作品は、軽やかで可愛らしい作品がいっぱい!

思わずにっこりしてしまうような、愛らしい動物たちも沢山来てくれました。

DSC_0258.jpgDSC_0300.jpg森の色をした小鳥たちや、コミカルで愛らしい干支の動物たち......。

DSC_0301.jpg幾つか並べてもかわいいペーパーウェイトのおうちたち。

DSC_0263.jpgDSC_0262.jpgポップな花器は一癖感じるデザイン。

水面を象った器にどんなふうに何のお花を挿そうか、楽しみになってしまいます。

DSC_0244.jpgDSC_0227.jpg

目にも耳にも涼しい風鈴も人気です。

ステージの軒先にずらりと並べられた様々な色形の風鈴は、そよ風の吹くたびに優しい合奏を聞かせてくれます。

この美しい多重奏も是非楽しみにお出で下さい。


 

DSC_0283.jpg続いてもりのわ工房の渡辺保男さんと渡辺仁芳子さんをご紹介します。

DSC_0255.jpgDSC_0256.jpg保男さんのジュエリーは一打ち一打ち丁寧に仕上げられています。

優美さ、静謐さ、重厚さ、そんな大人の世界を感じるジュエリーですが、手に取った際のなめらかな軽やかさは、驚きです。

DSC_0295.jpg時を超えても使い続けられる、不変的なデザインのアクセサリーたち。

DSC_0254.jpgギャラリーでも人気の蓮の葉に雫のモチーフ。

シルバーに細かな葉脈の線刻が入り、優しい光の反射は非常に上品な印象を受けます。

DSC_0306.jpg

保男さんはジュエリーのリメイクもしてくださいます。

ご自身のお持ちのジュエリー、宝石たち。昔は気に入っていたけど、人に頂いたものだけど、今は付けていない......そんなアクセサリーがご自宅に眠っていませんか?

お客様自身がどんなシーンで使いたいか、予算や地金の種類、具体的なご相談の後デザインの提案をさせて頂くスタイルです。

もしご興味があれば是非思い出のアクセサリーをご一緒にお持ちください。

DSC_0296.jpgガラス作家である仁芳子さんとのコラボレーションジュエリーも沢山ございます。

DSC_0302.jpgアクセサリー類はギャラリーでも年間通してご紹介している仁芳子さんの作品ですが、ステージでの展示では花器や香水瓶、オブジェも見所です。DSC_0265.jpgDSC_0281.jpgDSC_0249.jpgDSC_0266.jpg繊細で可愛らしく、それでいてダイナミックな奥行も感じさせる器たちはご本人の人柄そのもの。

DSC_0291.jpg人気の旅する魚シリーズも。お水を入れるだけで銅で色付いた魚たちが元気に揺らめきます。

ピッチャーや大皿もあります!

DSC_0269.jpgDSC_0247.jpgDSC_0232.jpg

ギャラリー常設のアクセサリーたちも選び放題!

どれも一つ一つ手作りですから、大きさ、長さ、デザイン、少しの違いに思えても付けてみると意外に印象が変わります。

作家である仁芳子さんと相談しながら選ぶことも出来ますので、必ず自分にしっくりくるものが見つけられるハズ。

DSC_0276.jpg

夏の森と美しいガラスとジュエリーの響きあい。

四人の作家の作風の違いも味わえる贅沢な展示です。ご堪能ください。(有安)


「森のガラスとジュエリー展」あしたば硝子工房×もりのわ工房

7月25日(木)~7月30日(火)
9:00~18:30 最終日16:30まで

最新のお知らせ

月別のお知らせ