ステージだより

2019年4月18日
名村仁 彩色組み絵展 始まりました!


DSC_9551.jpg
先週までの空気の冷たさから一転、春らしい暖かい日差しの中で始まりました、名村仁「のやまへゆこう」彩色組み絵展。
窓の向こうの雑木林の眩しさに負けない、楽しさいっぱいの作品たちをご紹介します。

DSC_9572+1.jpg鮮やかな色遣いに、ポップな構図。その中にもどこか日本の原風景を思い起こさせる懐かしさや親しみを感じます。
何度見てもじんわりと胸のあたたかくなる組み絵たちです。

DSC_9562+1.jpgこちらは木を糸鋸でばらばらにしたパーツに彩色を施したのち、パズルのように組み上げてつくられたものです。


わんこや毛糸玉、編針の厚みを見て頂ければ、実際に立体であることが分かります。
ひとつひとつ面取りされたパーツは、角度を変えて見ることで作品の生き生きとした表情を際立てます。

DSC_95792.jpgDSC_9583+1.jpgDSC_9581+1.jpgテーマや色彩も様々ですが、どれも物語や時間の流れを感じさせてくれます。

色数の多い作品でも、カラフルでポップではあってもケバケバしい印象はありません。
絵本の様な優しい世界観が観る人を微笑ませ、和ませてくれる事請け合いです。

DSC_9567.jpgDSC_9569+1.jpgどの作品も、一点一点絵の隅まで楽しめるディティールが詰め込まれています。
じっくり見ていると時間があっという間に過ぎていきます。

DSC_9573.jpgDSC_9585.jpg生き生きとした動物たちや、胸がギュッとなるような懐かしい風景。
作品の一部には直筆の詩が添えられているものもあります。

木という素材も、名村さんの作品に流れる優しい雰囲気や郷愁をぐっと引き立ててくれます。

DSC_9582.jpgDSC_9550.jpg八ヶ岳倶楽部周辺の標高ではまだ桜の気配も遠くにありますが、春の訪れを告げるカタクリは見頃になってまいりました。

ゆっくりと訪れる春の気配の中で、ひと足先に華やぐ名村仁「のやまへゆこう」彩色組み絵展。
写真では伝えきれない半立体の魅力を、是非直接ご覧においでください!

(有安)


名村仁 のやまへゆこう 彩色組み絵展

4月18日(木)~4月23日(火) 10時~17時30分
最終日16時30分まで

最新のお知らせ

月別のお知らせ