ステージだより

2018年8月21日
職人の仕事 夏展 ステンドグラス 陶芸 トンボ玉 帽子

今年は八ヶ岳でも暑い夏でしたが、雑木林をぬける風には秋を感じる頃になりました。
そんな中ステージでは「職人の仕事展・夏」が始まりました。

IMG_6958.jpgIMG_6960.jpgIMG_6962.jpg三宅治良さんはもう20年以上前からギャラリーに常設して頂いているステンドグラスの作家さん。
ステージでの職人展をご提案下さった方でもあり、職人さん達を引っ張てくださる存在です。
新潟県にアトリエを構えステンドグラスを制作されています。

IMG_6963.jpgIMG_6966.jpgステンドグラスの灯りは雨の日だと昼間でも楽しめますね。
ガラスの透明感と電球の温かみがホッとさせてくれます。

IMG_6975.jpgIMG_6976.jpg
三宅さんは住宅の窓にパネルを施工する仕事がとても多い作家さんです。
シンプルなデザインでも驚くほど窓とお部屋の雰囲気が美しく変わりますよ!

IMG_6967.jpgIMG_6968.jpgIMG_6970.jpg


次にご紹介するのは櫻井満さん。
わらの灰釉など、天然素材を活かして器を制作される陶芸家です。
私も櫻井さんの器を使いますが、どんな素材も美しく映え料理が美味しそうに盛り付けられます。
軽い事もあって、登場回数がとっても多くなりました。毎日使う器だから本当に気に入ったものを使いたいですね。

IMG_6978.jpgIMG_6979.jpgIMG_6980.jpgIMG_6981.jpgIMG_6986.jpgIMG_6990.jpgIMG_6991.jpg


大山文女さんは桜井さんの奥様で今回もお嬢様と一緒に在廊して下さっています。
文女さんの魅力は何といっても緻密で丁寧な絵付けの器。
呉須の色と聞くと磁器に描かれた鮮やかな色を思い浮かべる方も多いのでは!?
文女さんも呉須で絵付けをしていますが、色合いもデザインもどこか時代物の雰囲気をまとっています。
お二人とも栃木県の作家さん。お気に入りの作品を見つけてくださいね。

IMG_6992.jpgIMG_6993.jpgIMG_6994.jpgIMG_6995.jpgIMG_6996.jpgIMG_6998.jpg


昨年から登場の「どら猫帽子店さん」北海道は旭川市から来てくださいました。
どら猫さんは旭川に店舗と工房を別々に構えられる帽子店です。
歴史は長く時代の変化と共に現在の形になりました。
デザインは販売員の方も職人さんも一緒になって考えるのだとか。
「優佳良織」(ゆうからおり)を使った帽子、蝦夷ジカの革をつかった帽子とそのデザインの豊富さに驚かされます。

IMG_7010.jpgIMG_7014.jpgIMG_7016.jpgIMG_7021.jpgIMG_7017.jpgIMG_7018.jpgIMG_7019.jpg


赤木雄一さんはとんぼ玉の作家さんです。
紀元前1500年頃から現代まで作り続けられているとんぼ玉。
手のひらにのる小さなガラスの玉。その中で複雑にガラスが重なり合っている様子はまるで小宇宙です。
赤木さんのとんぼ玉は見れば見る程美しく宝石と違った魅力があります。

IMG_6999.jpgIMG_7000.jpgIMG_7002.jpgIMG_7003.jpgIMG_7005.jpgIMG_7006.jpgIMG_7008.jpgIMG_7009.jpgIMG_7004.jpg職人の仕事展は8月27日(月)までの開催です。
太陽が出ても、雨が降っても美しい八ヶ岳倶楽部の雑木林。
ぜひお出かけください。(南村)

職人の仕事 夏展 ステンドグラス 陶芸 トンボ玉 帽子
2018年8月21日(火)~.8月27日(月) 最終日午後5時までです。

最新のお知らせ

月別のお知らせ