ステージだより

2018年1月 4日
謹賀新展2018 レポート第三弾!

皆さま本年もよろしくお願いいたします!
1月8日(月)まで開催している謹賀新展。今回は最終回のレポートです!

齋田次郎展:8月28日(火)~9月3日(月
齋田さんは「正絹ちりめん」を染める染色家です。
伝統の色からモダンなデザインまであり、ショールは美しく肌触りも抜群です。

2018010400.jpg2018010401.jpg


法嶋二郎・米倉健史展9月4日(火)~9月10日(月)
法嶋さんは木工の作家さんです。
木組みの技法を使い木の継ぎ方を駆使し家具を製作します。
仕上げも鉋などの刃物を使っているので表面がとても綺麗です。
ポストカードフレームや一輪挿し、カトラリーなどもあり使い心地も抜群です。

2018010404.jpg2018010405.jpg



米倉さんはキルトアートの作家さん。
布を染めるところからスタートして一針一針縫ってゆく絵画です。
優しい絵画それぞれに詩がつくのも米倉さんの作品の特徴です。
気持ちが温かくなりますよ。

2018010402.jpg2018010403.jpg


岡下勝敏・絖理海・吉田藍・親子展:9月11日(火)~9月18日(火)
親子展も新たなステージに突入しました。
海さんの妹さんの藍さんが今年から登場します。

岡下さんはご存知の方も多いと思います。
フクロウを彫る彫刻家。木酢液で着色しているのが特徴で、落ち着いた雰囲気があります。
他には花器、ほうずきやリンゴなどのアクセサリーも人気です。

2018010406.jpg2018010407.jpg


海さんは帽子の作家さん。家具で使用される生地を使った帽子はお洒落な上、丈夫で汚れにくいので嬉しいですね。
イタリア製の生地をつかったエレガントな作品や、遠州紬を使ったシックな帽子、素材やデザインが豊富。
「お守りの様な帽子をつくりたい」というのが海さんの願い。たくさんの方がそんな帽子を大切に被って下さっています。

2018010408.jpg2018010409.jpg


初登場の吉田藍さん。ケシゴムハンコの作家さんです。
「作ったことある!」という方もいるかもしれませんね。
藍さんのハンコは細密で流石作家さんの作るケシゴムハンコです。
動物や昆虫、ケーキやパン、こけしや文様などその種類の多さにも圧倒されます。
初めての八ヶ岳倶楽部での展覧会。この森をイメージした作品もきっと届くと思います。今から楽しみですね!

2018010410.jpg2018010411.jpg


小林秀幹展:9月19日(水)~9月28日(金)
「色とりどりの金属たち」という題名で展覧会を開催しています。
金属は決して色を表現しやすい作品ではありません。しかし、秀幹さんの作品を観ると実に色々な表現方法がありこれも金属!?と思うものも。
緻密で丁寧な仕事も秀幹さんの魅力です。奥深い鍛金の世界を楽しんで下さい。

2018010412.jpg2018010413.jpg



棚機津女展:10月9日(火)~10月16日(火)
古布を裂いて織っていく裂織は先人から受け継ぐ大切な知恵、文化です。
棚機さんの作品はとってもお洒落。フード付きベストやコート、バッグなども現代の暮らしに素敵にコーディネートできます。

2018010414.jpg2018010415.jpg


安本善博・東山千昭(あしたたば硝子工房)
×渡辺保男・渡辺仁芳子(もりのわ工房)展
:10月17日(水)~10月23日(火)
どちらもご夫婦で制作活動をしている工房です。

安本さんはステージに毎年必ず新しい表現の作品をもって来て下さいます。
新展では、まるで氷点下の外で出来た氷のオブジェの様な作品を出品下さいました。
沢山の技法を使って倶楽部の森に似合う作品が登場します。

2018010416.jpg2018010417.jpg


千昭さんも吹きガラスの作家さんです。
毎年謹賀新展では干支の作品を出品下さいます。私がまごまごしている間に次々とお嫁入し、もうこれだけになってしまいました。
何とも愛くるしいワンちゃん。実用の器から、オブジェまでつくられる作家さんです。

2018010418.jpg2018010419.jpg


保男さんは金属を金槌で叩いて形作る「鍛金」という技法を使ってジュエリーを作られます。
宝石と鍛金、時には奥様のガラスと鍛金を組み合わせます。
首周りの微妙な曲線もその人に合わせて調整も可能。作家さんの作品ならではです。

2018010420.jpg2018010421.jpg


仁芳子さんは大勢の倶楽部スタッフも大好きな作家さんです。
アクセサリーをお持ちのお客様も多いのではないでしょうか。
吹きガラスも個性的で美しい作品、遊び心のある作品ばかり。金魚のグラスも面白いと思いませんか!?

2018010422.jpg2018010423.jpg


小川さち子・髙芝孝子 紅彩窯展
10月31日(水)~11月6日(火)
女流陶芸家の二人展です。
髙芝さんは紐づくりといって粘土を紐状にして巻いたり編んだりして作品をつくります。
とても手の込んだ作品。手ざわりも良く落ち着いた雰囲気。
毎日使って頂きたい器です。

2018010425.jpg2018010428m20180104.jpg


髙芝さんの作品は造形がとっても凝っています。
面白い造形なのに使い勝手が良いから不思議。
四角いボールはスープだったりカレーだったりサラダを盛り付けても使いやすいですよ。
個展では植物を飾る器も登場します。

2018010426.jpg2018010427.jpg



菅原任展:11月7日(水)~11月14日(水)
エレガントなステンドグラスの作品です。
ランプの灯りはうっとりしてしまします。
北欧に伝わる妖精「トムテ」の作品も人気で集めている方も多いです。
おそうじしたり、木の実を収穫しているトムテなど何て愛くるしいのでしょう!

2018010429.jpg2018010430.jpg



フィンランディア展:11月17日(土)~11月25日(日)
「北欧に学ぶ森の暮らし展」や「森のおくりもの展」でご出品して頂いていたフィンランディアさん。今年は念願の個展を開催して頂きます。
ご主人の大山茂さん。奥様のオオヤマ・エリナ・マルケッタさんはフィンランド生まれ。
息子さんの大山秋さん。3人家族の工房です。
タペストリーやウールマット、マフラーなどが登場します。
ウールマットは上質なウールの糸を織ったマット。
丈夫で色使いもなんとも落ち着きます。ぜひ楽しみにされて下さい!

2018010451.jpg2018010450.jpgこれで全ての作家さんをご紹介いたしました。
好きな作家さん、気になる作品は見つかりましたか!?
謹賀新展にも本会期にも是非お出かけください!(本間)


謹賀新展2018
2017年12月23日(土)~2018年1月8日(月)

最新のお知らせ

月別のお知らせ