八ヶ岳倶楽部 > ステージだより > 2017年12月の記事

ステージだより

2017年12月30日
謹賀新展2018 レポート第二弾!

今年も残すところあと2日となりましたね。
謹賀新展第二弾をお伝えいたします。


和田隆彦展:6月1日(金)~6月12日(火)
八ヶ岳倶楽部の創立メンバーのお一人で八ヶ岳倶楽部の看板も和田さんの作品です。
花器や灯りなどのインテリアからガーデンファニチャーまで美しい鍛鉄作品をつくられます。

2017123000.jpg2017123001.jpg


名村仁展:6月13日(水)~6月19日(火)
彩色組み絵は名村さんオリジナルの絵画。
色彩豊かな温かい世界は作品を見た誰もが思わず笑顔になります!

2017123002.jpg2017123003.jpg


流郷由紀子展:6月20日(水)~6月28日(木)
どんな素材をもキャンパスにしてしまうマルチアーティストの流郷さん。
水彩画や有田の磁器に絵付けした器も人気です。日々の暮らしにアートを感じてください。

2017123004.jpg2017123005.jpg


mais展:7月10日(火)~7月17日(火)
国内外で活動しているmaisさん。八ヶ岳倶楽部初登場の作家さんです!
鮮やかな色づかいは見ていると心が揺さぶられてきます。
倶楽部の森とどんな共鳴をするでしょう!とっても楽しみな個展です。

2017123006.jpg2017123007.jpg


小市展:7月18日(水)~7月24(火)
「私も持っています!」という方も多いのではないでしょうか!?
アトリエ小市、河合悌市さんの作品もまたユーモアと優しさを感じる作品です。
野の花が似合う花生けや、クスっと笑顔になるようなオブジェなど。
謹賀新展でも様々な作品が届いております!

2017123008.jpg20171230091.jpg


真木香・真木雅子展:7月25日(水)~8月1日(水)
2年に一度開催している真木さん親子展です。
お嬢様の香さんは「染め織り」を。お母様の雅子さんは「編み」をされる作家さん。
素材は違えど美しく凛とした空気感はどこか似た雰囲気があります。

2017123010.jpg2017123011.jpg


影山秀雄・藤井慎介展:8月2日(木)~8月8日(水)
2年ぶりの登場影山さんと倶楽部初登場藤井さんの2人展です。
影山さんの染織りは周りの空気が澄んでくるような存在感。
暖簾の「夕富士」からは夕日の眩しさ、温もりと堂々とした富士山の姿が想像されますね。

2017123012.jpg2017123013.jpg

藤井さんの家具もまた見応えのある造形と落ち着いた雰囲気が同居しています。
漆で仕上げている家具は珍しく、手ざわりや使い心地も凄く良く考えられています。
きっと素敵な2人展になると思います!

2017123014.jpg2017123015.jpg


高泉幸夫展:8月9日(木)~8月20日(月)
何十層にも色を重ねて表現された唯一無二水彩画です。
完成まで時間がかかる高泉さんの水彩画。
現地での取材は風景や空気感を文章も使って記録、記憶するのだそう。
観ていると気持ちが落ち着いてくる高泉さんの絵画です。

2017123016.jpg2017123017.jpg


職人の仕事 展夏:8月21日(火)~8月27日(月)
春展でも登場する三宅さんの他に4人の作家さん工房が登場します。

櫻井満さん:陶芸
器を持った時に心地よいと感じる形や重量感は使い心地抜群です。
藁灰釉の艶やかで清潔感のある雰囲気と温もりを感じます。
毎日どんどんと使って頂きたい器です。

2017123018.jpg2017123019.jpg

大山文女さん:陶芸
文女さんは桜井さんの奥様。夫婦で陶芸家をされています。
女性らしい、丁寧で緻密な絵付けが特徴です。
隅々まで心のこもった文女さんの器。ぜひ自分のお気に入りを探しにいらして下さい!

2017123022.jpg2017123021.jpg

赤木雄一さん:とんぼ玉
紀元前1500年頃から現代まで作り続けられているとんぼ玉。
手のひらにのる小さなガラスの玉。その中で複雑にガラスが重なり合っている様子はまるで小宇宙です。
赤木さんのとんぼ玉は見れば見る程美しく宝石と違った魅力があります。

2017123023.jpg2017123024.jpg

どらねこ帽子店:帽子
北海道旭川にある工房でつくられている帽子たち。
様々な種類の帽子がございます。
北海道らしく冬に暖かそうな帽子や、エゾジカの皮を使った帽子など八ヶ岳とも共通する雰囲気があります。
かぶり心地が良く一度被ったら手放せなくなりますよ。

201712302.jpg2017123026.jpg


謹賀新展レポート第二弾でした。
次は年明けのご紹介となります。

皆さま今年一年本当にありがとうござざいまいした。
良いお年をお迎えください!(本間)

謹賀新展2018
2017年12月23日(土)~2018年1月8日(月)

2017年12月23日
謹賀新展2018が始まりました!

2017122327.jpg今年も残すところあと僅かとなりました。
ステージでは、2018年のステージを彩る作家さんの作品を全てご紹介する
「謹賀新展2018」が始まりました!
会期の順番ごとに作家さんと作品をご紹介いたします。
大好きな作家さん、気になる作品を是非チェックしてみて下さい!


無垢 春展:4月13日(金)~4月23日(月)
          夏展:6月29日(金)~7月9(月)
       秋冬展:9月29日(土)~10月8日(月)

着る人の人柄までも感じられるような着心地抜群のニット。
素材もデザインも考え抜かれており、長く愛用して頂けます。
謹賀新展では男性女性もののカーディガンとマフラーが届きました。無垢さんのニットでオシャレして新年を迎えませんか!?


2017122300.jpg2017122302.jpg2017122301.jpg


職人の仕事 春展:4月24日(火)~5月1日(火)

これぞ職人技、職人の仕事、を見て頂ける展覧会。
素材や技法も様々。本会期では実演もご覧いただけます。春は5人の職人さんが登場します。

三宅治良さん:ステンドグラス
職人展の親方的存在の三宅さん。日本人の感覚、感性に寄り添った作品が魅力です。

2017122306.jpg2017122307.jpg2017122308.jpg

山本達也さん:バーナーワーク
ガラスの棒をバーナーで溶かしながら様々なオブジェを制作します。
まるで飴細工の様にみるみると形が出来上がっていく様子は大人も子供も思わず見入ってしまいます。
謹賀新展では多肉植物を飾るオブジェが届きました。

2017122309.jpg20171223111.jpg201712231122.jpg

阿久津稔さん:ガラス彫刻
手彫り(ハンドグラヴィール)サンドブラスト、フュージング(焼成)などの技法を使って作品を作ります。
今回は2018年の干支「戌」のストラップを届けて下さいました。

20171223121.jpg20171223113.jpg20171223114.jpg

笠松加葉さん:加賀象嵌
金属を彫って別の金属をはめ込む象嵌。加賀象嵌は日本の希少伝統工芸です。
伝統的な技法を使い、オシャレが楽しくなるようなピアスやネックレスなどアクセサリーを中心に作品を作られます。
謹賀新展では「虹」や「oden」おでん(!)など可愛らしい作品も登場しています!

20171223115.jpg20171223116.jpg20171223117.jpg

林久雄さん:木のあかり
組子の灯りは日本間にも洋間にもとても良く合います。
林さんの作品もまた日本の伝統技術「組子」(くみこ)をつかった作品です。
日本に古くから伝わる技術を現代にも未来にも伝えていきたいですね。

20171223118.jpg20171223119.jpg20171223220.jpg


田原良作 春展:5月2日(水)~5月8日(火)
               秋展:10月24日(水)~10月30日(火)

彫刻家が作る家具で「彫刻家具」。木の塊から彫りおこされた家具は見ても使ってもとても気持ちが良いのです。
田原さんの椅子は座ると立ち上がるのが面倒になる位心地よく癒されます。

2017122303.jpg2017122304.jpg2017122305.jpg


まるてんぼう展:5月9日(水)~5月15(火)
懐かしと思われる方もいらしゃるかもしれません。
2014年以来久しぶりに登場するまるてんぼうさん。
家族総勢9名の工房で、世界にたった一つの創作デニムをつくります。
ご存知の方もそうでない方も是非楽しみにされて下さい!

20171223211.jpg20171223222.jpg20171223233.jpg


アトリエJunko 赤松純子 テーブルウェア展:5月16日(水)~5月31日(木)

赤松純子さん自ら世界中の工房を訪ねセレクトされたテーブルウェアたち。
森の中のコーディネートは必見です。謹賀新展でもそんな世界の一部を感じられますよ!

20171223241.jpg20171223252.jpg20171223263.jpg


今回は会期が5月までの作家さんをご紹介いたしました。
6月以降の作家さんはまた第二弾でご紹介いたします。

謹賀新展2018 是非遊びにいたして下さい!(本間)


謹賀新展2018
2017年12月23日(土)~2018年1月8日(月)

2017年12月11日
冬の八ヶ岳倶楽部ステージは、あなたのSTAGE

2017121101+1.jpg八ヶ岳倶楽部のオーナーである柳生博と家族が40年を懸けて造園した美しい雑木林。
その林に抱かれたステージは春から秋、素晴らしい作家の企画個展会場です。
凜とした美しさの冬、そのステージをレンタル会場として皆様に提供いたします。


あなたのSTAGE.jpg

絵画教室、陶芸教室等の文化教室発表会場として、写真同好会の撮影会場やグループ展、
ギター教室や音楽同好会の練習会場や発表会。バードウオッチングは最高。
セミナーやミーティングにもお使い下さい。そして現代アートの展示は最適です。茶話会もOK。
主催される皆様のアイデアに冬の八ヶ岳倶楽ステージはお答えします。

◎レンタル期間    2017年12月7日〜17日 

           2018年1月13日〜31日 2月1日〜28日 3月1日〜26日
           ※1日単位のご利用が可能です。
           
◎オープン時間    11:00〜16:00(12月、1月、2月、3月1日~16日)
           10:00~17:00(3月17日~26日)

◎レンタル料金    10,000円/日 ※販売目的の場合別料金となります。お問合せ下さい。

お問い合わせ先    八ヶ岳倶楽部ステージ 南村 本間
           TEL 0551-38-3395
           t-minamimura@yatsugatake-club.com

最新のお知らせ

月別のお知らせ