ステージだより

2017年11月22日
森のおくりもの展 パート2

朝晩の冷え込みが一段と強くなりました。
今日は森のおくりもの展パート2をお伝え致します。

岡下勝敏さんはフクロウを彫る彫刻家、ご存知の方も多いですね。
威厳と優しさをもつフクロウの彫刻の他に、素敵なアクセサリーも作られます。今日はそちらをご紹介します。

2017112203.jpg2017112205.jpg2017112202.jpgりんご、ほうずき、どんぐりのアクセサリーは、本物と見間違える位良く出来ていますよ。
りんごとほうずきは桜の木を削り出し色付けをしてあります。
リンゴはコロコロとした実が詰まった雰囲気。
ほうずきは皮の繊細な雰囲気が良く出ています。

2017112200.jpg2017112204.jpgドングリはイチイの木、ヘタの部分はクルミの木が使われています。
中には玉が入っていて振るとコロコロと可愛い音がします。
ドングリのアクセサリーは色がだんだんと変わって本物みたいに濃く艶がでてきますよ。

2017112207.jpg2017112206.jpg2017112208.jpgペンダントやネックレスの他、ピアスやイヤリングなどもあります。
ブローチはお洋服や帽子、鞄などに付けても楽しめますね!


もりのわ工房さんはご主人の渡辺保男さんが鍛金のジュエリーを、
奥様の渡辺仁芳子さんが吹きガラスを制作される作家さんの工房です。

2017112209.jpg2017112210.jpg2017112211.jpg鍛金とは金工の技法の一つで、金属を金槌で叩いて形作る方法です。
保男さんの鍛金ジュエリーは金属の硬質な質感と、液体の様な柔らか輪郭が上手くミックスしている様に感じられます。
都会的なシーンにはもちろんですが、森のなかで似合いそうなそんなジュエリーです。

2017112213.jpg2017112218.jpg2017112215.jpg2017112217.jpg渡辺仁芳子さんの吹きガラスもまた柔らかくトロリとした表情です。
色付きのガラスは宝石の美しさとひと味違った可愛らしさ、面白さがあると思いませんか?!
保男さんのネックレスに仁芳子さんのトップを付けるとどこにもない自分だけの1点ものになります。
また付ける人の身体に合わせて調整をしてくれるのも作家作品ならでは。
森に似合うふたりのジュエリーはいかがですか。

2017112216.jpg


原田洋子さんは陶芸家の作家さんです。
森のおくりもの展に合わせてアクセサリーを沢山作って下さいました。

2017112219.jpg2017112220.jpg適度な大きさ、厚みのアクセサリーは独特の可愛らしさに加え軽さも特徴です。
大柄なブローチでも思ったよりずっと軽く出来ており、ニットなどの生地に負担を掛けず安心。

2017112222.jpg2017112223.jpg2017112225.jpgデザインも実に豊富で動物がいたり、まるでアンティークのデザインだったり、クッキーの様な質感のものまで本当に楽しいですね。

2017112226.jpg2017112227.jpg2017112228.jpg2017112229.jpg普段は器を多くつくりますが、今回も少し出品して下さいました。
女性らしい丁寧な作り込みと、原田さんがもつ独特の世界観がどの作品からも伝わってきます。
好きな陶芸家がいると暮らしが楽しく、豊かになりそうですね。


大亦みゆきさんの世界観もまた、他のどの作家さんとも違って面白いです!

2017112231.jpg2017112232.jpg2017112233.jpg大亦さんは凄く自然が好きなのではないでしょうか。それは作品から伝わってきます。
発想が面白い階段の花入れ。階段に雪が積もっているのですが、よくみると雪は真っ白ではありません。
ブルーやピンクまで沢山の色が混ざっています。

雪も降る時期、時間帯などで色々な表情を持っていますよね。
こうして作品を見て改めて「そうだった」と感じる事が良くあります。

2017112237.jpg2017112238.jpgその他にも森の中の植物、葉、草、苔の様子が描かれた器があります。
目を凝らしてみると、どんな細かいモチーフも丁寧に描かれていて感動します。

2017112234.jpg2017112235.jpg2017112236.jpg



さて最後にご紹介する2人は八ヶ岳倶楽部のスタッフの作品です。
杉坂信さんはギャラリーを担当している若手のホープです。
ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、八ヶ岳倶楽部のカレンダーは杉坂さんがデザインしました。
パンフレットやポスター類も手掛けるマルチなスタッフでもあります。

美術大学在学中は工芸工業デザイン学科を専攻。
窯工研究会(陶芸部)に4年間在籍し部長まで任される程、陶芸にのめり込んだそうです。

2017112240.jpg2017112241.jpg今回ご紹介する作品は磁器の器です。
磁器はその色の明るさからどんなお料理を盛っても美しく映えます。
タイルを埋め込んだ様なデザインは軽快で爽やか。

2017112242.jpg2017112243.jpg電子レンジや食洗器にも対応しており、普段からどんどんと使って欲しい杉坂さんの器です。



最後にご紹介するのは有安玲さん。
彼女もまたギャラリーを担当するスタッフです。

2017112244.jpg2017112245.jpg2017112246.jpg彼女の作品は倶楽部の雑木林や八ヶ岳にとっても似合う気がします。
雪の積もった森に霧が立ち込めたりすると凄く幻想的なのですが、
そんな雰囲気が黒い土と白い釉薬で上手く表現出来てると思いませんか?

2017112249.jpg2017112248.jpg2017112247.jpg2017112250.jpg作品はお皿やマグカップ、酒器、小鉢など種類も豊富です。
なかには小鳥のチェスもあり、女性らしく可愛らしいですね。

最後はスタッフ紹介の様になりましたが(笑)是非応援して下さい!(本間)


「森のおくりもの展」
11月16日~12月3日(本間)

最新のお知らせ

月別のお知らせ