ステージだより

2017年9月21日
いろとりどりの金属たち「小林秀幹展」が始まりました!

八ヶ岳では木々の実が赤く熟す季節になってきました。
ステージでは小林秀幹さんの展覧会が始まりまっております!

八ヶ岳倶楽部は鍛金の作家さんが大勢いらっしゃいますが、誰もが個性豊か。
秀幹さんもまた他の誰とも違った作品をつくる作家さんです。

2017092100.jpg2017092101.jpg2017092102.jpg2017092153.jpg作品は花器や食器、灯りやオブジェ、鐘、文鎮、水滴、家具にポストなど多岐にわたります。
金属は他の素材に比べて色の種類、表現は少ないと思っていました。
しかし「いろとりどりの金属たち」という題名通り、秀幹さんの作品に出合って考えが変わりました。

2017092110.jpg2017092111.jpg2017092112.jpg2017092113.jpg金、銀、銅、真鍮などの金属そのものの持つ色の他に、
緑青の緑、漆喰の白、漆の赤、チタンを焼いた青、などなど・・・。様々な技法や方法で色が使われています。


研究熱心でいつも挑戦を続ける秀幹さん。
個展のDMとなったレリーフも今まで見た事のないような作品で、会場を訪れたひとの心をキャッチします。

2017092120.jpg2017092121.jpg2017092122.jpg2017092123.jpg筆で描いたような表情も金属で描かれたそう!まるで絵画の様で見れば見るほど味わい深く感じる作品ですね。


2017092133.jpg2017092127.jpg雑木林の中で花器はとても引き立つ作品のひとつです。
秀幹さんの花器は作品そのものに存在感があり、オブジェにもなります。

2017092124.jpg2017092125.jpg2017092126.jpg
ゴージャスなお花も素敵ですが、木々の枝や、野の花を生けると周りの空気も凛として凄く素敵です。
形も大きさも種類が豊富できっと好きな花器が見つかるはず。

2017092129.jpg2017092131.jpg


2017092154.jpg2017092155.jpg先ほどご紹介したレリーフの他にもオブジェが沢山あります。

2017092134.jpg2017092135.jpg2017092136.jpg2017092137.jpgトップが風見鶏になった動くオブジェ、仕草の可愛らしい「うさぎ」のオブジェ、クサビのオブジェ・・・。
どんな作品がお好みですか。

2017092138.jpg2017092139.jpg灯りも和紙の温もりと金属の質感の違いが面白いですね。


2017092140.jpg2017092141.jpg銅という素材を聞くと、銅鍋を連想される方も多いのでは!?

ミルクパンやフライパンは温もりある形で、きっと使う人は楽しいだろうな~と思う素敵な作品です。内側には緑青がつかない様に錫がひいてございますよ。

2017092142.jpg2017092143.jpg2017092157.jpgケトルも絵になる作品。こんなケトルでコーヒーや紅茶を淹れたら美味しそうだし、仕草も美しく見えそうですね。

2017092103.jpg作家さんの作品はただ用が足りるだけでなく、
使う人の暮らしや、気持ちが豊かになるそんな存在です。

DSC_4851.jpg芸術の秋、雑木林と秀幹さんの作品に共通した凛とした空気感を感じに是非いらして下さい!(本間)


小林秀幹展~いろとりどりの金属たち~
9月21日(木)~9月27日(水)
最終日は午後5時迄となります

DSC_4888.jpg

最新のお知らせ

月別のお知らせ