ステージだより

2017年8月18日
「職人の仕事展・夏」が始まりました!

ここ八ヶ岳でも長い雨が続いています。
そんな中ステージでは「職人の仕事展・夏」が始まりました。

2017081800.jpg

もうご存知の方も多いと思いますが、三宅治良さんが職人展の親分的存在。
新潟県にアトリエを構えステンドグラスを制作されています。

2017081801.jpg2017081802.jpgステンドグラスの灯りは雨の日だと昼間でも楽しめますね。
ガラスの透明感と電球の温かみがホッとさせてくれます。

2017081803.jpg2017081804.jpg鉄のベースと合わせる事の多いステンドの灯りですが、陶芸の作家さんや組子の作家さんとの合作はとても個性的です。
新作の時計はどの素材とも違った存在感がありますね。

2017081805.jpg2017081806.jpg

三宅さんは住宅の窓にパネルを施工する仕事がとても多い作家さんです。
私も様々なケースの現場を見させて頂きましたが、どんな所にもキッチリと収めて下さいます。
シンプルなデザインでも驚くほど窓とお部屋の雰囲気が美しく変わりますよ!

2017081807.jpg2017081808.jpg


2017081810.jpg2017081811.jpg

櫻井満さんも夏の職人展を代表する作家さんです。
櫻井さんの陶器は見た目が重厚ですが、手に取ると驚くほど軽くつくられています。

2017081818.jpg2017081819.jpg

私も櫻井さんの器を使いますが、どんな素材も美しく映え料理が美味しそうに盛り付けられます。
軽い事もあって、登場回数がとっても多くなりました。

2017081814.jpg2017081815.jpg藁灰釉は釉薬が流れやすく、その表情も楽しみの一つです。

ヴァイオリンの絵が描かれたお皿は今年の新作で驚きの一品です。
ヴァイオリンの持つ美しい曲線やボリューム感が伝わってくるから、不思議だと思いませんか。

2017081816.jpg

毎日使う器だから本当に気に入ったものを使いたいですね。

2017081817.jpg


2017081820.jpg

大山文女さんは桜井さんの奥様で今回もお嬢様と一緒に在廊して下さっています。

2017081821.jpg2017081824.jpg文女さんの魅力は何といっても緻密で丁寧な絵付けの器。
呉須の色と聞くと磁器に描かれた鮮やかな色を思い浮かべる方も多いのでは!?
文女さんも呉須で絵付けをしていますが、色合いもデザインもどこか時代物の雰囲気をまとっています。

2017081823.jpg2017081826.jpg整った美しい、可愛らしい形も魅力的ですね。

私のお気に入りは萩の絵です。雰囲気が出ていると思いませんか!?
器を裏返しても隅の隅まで絵付けがされていますよ。お二人とも栃木県の作家さん。お気に入りの作品を見つけてくださいね。

2017081827.jpg

2017081828.jpg


2017081830.jpg

素材と作品はガラッと変わり「靴」の職人、杉浦慶典さんは東京の下町に工房を構え制作されています。

2017081831.jpg2017081832.jpg
イージーオーダーシューズとは、ベースとなるデザインがあり、それをお客様の足型をお写しして制作するシステムです。
完全なオーダーシューズとはそこが違うのですが、男性、女性用ともデザインが豊富で、場合によっては革の種類や色も選んで頂けます。
2017081834.jpg2017081835.jpg2017081836.jpg

機械化が進む中、昔ながらの手仕事でつくられた靴は贅沢でもありますね。
道具も使い慣れた、私たちはあまり見た事のないものばかり。

2017081839.jpg2017081840.jpg

もう一つ嬉しいのは3万円台前半からある良心的な価格設定。
是非これを機会に自分だけの靴をオーダーしてみませんか!?

2018081860.jpg2017081838.jpg


2017081850.jpg

最後にご紹介するのは、今年初登場の「どら猫帽子店さん」北海道は旭川市から来てくださいました。(写真は店長の長南さん)
どら猫さんは旭川に店舗と工房を別々に構えられる帽子店です。
歴史は長く時代の変化と共に現在の形になりました。

2017081851.jpg2017081852.jpg
デザインは販売員の方も職人さんも一緒になって考えるのだとか。
そのデザインの豊富さに驚かされます。

2017081853.jpg2017081854.jpg2017081855.jpg

旭川は「優佳良織」(ゆうからおり)という伝統的な手織りつむぎがあります。
200種類以上の色に染め分けてあり、独特の色使いや模様が特徴で温かみを感じます。
そんな織りものを使った帽子はオリジナリティーあふれる一品です。

2017081856.jpg北海道もまた蝦夷シカが増えており、食害などの被害も多いのだとか。
そんな蝦夷ジカの革をつかった帽子は環境との新しい関わり方で、これからもっと増えても良いのでは!?と思います。

2017081857.jpg2017081858.jpg寒さの厳しい土地柄もあり、毛皮の帽子も多く揃っています。
毛皮を探している方は季節問わずいつも気になりますよね。

初登場のどら猫帽子店さんの帽子、是非ご覧ください!

2017081870.jpg職人の仕事展は8月24日(木)までの開催です。
太陽が出ても、雨が降っても美しい八ヶ岳倶楽部の雑木林。
ぜひお出かけください。


「職人の仕事 夏展」
8月18日(金)~8月24日(木)
最終日は午後5時迄となります

最新のお知らせ

月別のお知らせ