八ヶ岳倶楽部 > ステージだより > 2017年8月の記事

ステージだより

2017年8月 4日
高泉幸夫さんの水彩画展が始まりました!



いよいよ8月に入りました。皆さまご旅行の計画は立ちましたか!?
ステージでは高泉幸夫さんの水彩画展が始まりました!

2017080400.jpg2017080401.jpg

高泉さんは今年倶楽部での展覧会20周年を迎えました。
高泉さんの絵画は具象画で密度の濃い表現が特徴です。

2017080402.jpg2017080403.jpg

奥深い色はベースとなる地塗りを最低30回は重ね、多い時には100層近くにもなるのだそうです。
それから風景や花々を描いてゆきます。

2017080404.jpg

これだけ多く絵具を重ねると、紙が壊れてしまわないのか、色が濁ってしまわないのか、と思いませんか?
高泉さんは10年の歳月をかけ、紙の種類から始まるオリジナルの描き方を研究したそうです。
そしてその間作品を発表しなかったというから驚いてしまいました。


今から20年前、ママさんこと柳生夫人と高泉さんが出会いました。
その時ママさんが一枚のスミレの絵を観て感激したそうです。


2017080405.jpg2017080406.jpgこうしてステージでの個展が始まりました。
高泉さんは「私の個展は八ヶ岳倶楽部だけにする」とおっしゃられ、私たちも襟を正す思いです。

2017080410.jpg2017080407.jpg2017080408.jpg2017080411.jpg2017080409.jpg作品は風景画や植物が多く描かれています。
その場の空気感や温度を感じるような絵は、皆さま思わず息を呑んでご覧になります。
山や海、川が色々な季節で描かれていて、故郷の様などこか懐かしい気持ちにもなります。

2017080412.jpg2017080413.jpg2017080414.jpg植物が好きな方も多いですね。
先ほど紹介したスミレやホタルブクロなど、ささやかで美しい花や、
バラやクリスマスローズなどは大切に育てていて思い入れのある方もいらっしゃるのでは!?

2017080415.jpg2017080418.jpg2017080419.jpg2017080420.jpg


そして随分前に100枚は超えている(!)「倶楽部百景図」は、四季折々の倶楽部の林が描かれています。
パパさんたちが40年の歳月をかけつくり、そして今もなお手入れをしている雑木林の森は誰もが気持ちよく美しいと感じる風景ですよね!

2017080421.jpg2017080422.jpg2017080425.jpg2017080426.jpg

月図に代表される、夜電気を消すと絵が光る作品もあります。
光り方が本当に素敵で、中には「これを見ながらお酒を飲むよ」という方もいらっしゃいました。
昼間と夜と、一枚で二度楽しめる絵画です!

2017080428.jpg201708042.jpg

2017080460.jpg
高泉さんの作品をみていると、気持ちがすっと穏やかに落ち着いて来るから不思議。
是非倶楽部の夏の森と、そして高泉さんの作品を観にいらして下さい!(本間)


高泉幸夫 水彩画展
~途季の色を探して・・・~
20周年記念展

8月4日(金)~8月17日(木)
最終日は午後5時迄となります

2017080435.jpg2017080450.jpg

最新のお知らせ

月別のお知らせ