八ヶ岳倶楽部 > ステージだより > 2017年6月の記事

ステージだより

2017年6月30日
無垢さんの2017夏ニット&写真展が始まりました!

コアジサイが満開の雑木林、そんな中無垢さんのニット展夏が始まりました。
きっと待っておられた方も多いですね!?

2017063000.jpg

八ヶ岳も夏らしい気候になってきました。
梅雨が明けると夏も本番を迎えます。
夏の暑さは厳しいけれど、夏がなかったら1年が何と味気ないものになってしまうでしょう。
夏があるから元気になれて、他の季節がより魅力的に感じられる気がします。

無垢さんの夏ニットはそんな季節を素敵に過ごしていただける作品です。
素材は綿や麻などを上手く組み合わせ、さらりと優しい肌触りが魅力的です。

2017063003.jpg2017063004.jpg2017063005.jpg

また色の組み合わせが美しく、同じデザインでも組みあわせで雰囲気がガラッと変わるから不思議。
無垢さんのニットは着る人の人柄まで引き出すからいつも驚いてしまいます。

2017063007.jpg2017063008.jpg2017063006.jpg

シルエットや配色も美しく、細部も細かに工夫が凝らしてあるから着るのが楽しくなるし、
着心地がよいので登場回数も増えます。そしてデザインが古くならないので何年も大切に着ておられる方が本当に多いですよ。

2017063001.jpg2017063002.jpg


カットソーやTシャツも肌触りが本当に心地よく、暑い夏を本当に気持ちよく過ごせます!
デザインも沢山あってこちらも選ぶのが楽しくなります。

2017063011.jpg2017063009.jpg2017063010.jpg

夏のレジャーを計画中の方も多いのでは!?
海、山、温泉地、リゾート地、、、。
普段のオシャレも、旅行のオシャレも無垢さんのニットはオススメです!
コアジサイ満開の雑木林と無垢さんの展覧会を是非見にいらして下さい。



無垢さんが八ヶ岳倶楽部で展覧会をして下さるようになって、今年の夏展でちょうど「20周年」を迎えました。
無垢さんファンの皆様と、そして無垢さんに心より感謝いたしております。夏の森からスタッフを代表して 本間

2017063031.jpg


無垢 2017夏ニット&写真展
6月30日(金)~7月10日(月)
最終日は午後5時迄となります

2017年6月21日
流郷由紀子さんの展覧会がはじまりました!

今日は久しぶり雨の天気となりました。しっとりとした雑木林もまた美しいです。
晴れが似合う流郷さん!ではありますが、雨の中の作品もまた魅力的に映ります。

2017062100.jpg
私たちは流郷さんを敬意を込めてマルチアーティストと呼ばせて頂いています。
流郷さんの作品のジャンルは多岐に渡ります。

2017062102.jpgさらさら、すらすらと流れる様な水彩画は、飾ったお部屋が明るく優しい雰囲気になりそうです。

2017062104.jpg
軽やかでスケール感のあるタペストリー。

2017062103.jpg
頑張って作ったお料理も、普段の何気ないお料理も美しく映え盛り付けられる染付器。
使われている方も多いのでは!?


2017062105.jpgアートを身に着けられるのも流郷さんの作品の魅力です。
お洋服やTシャツ、エプロンやお帽子、ストールも人気ですね。

2017062106.jpg
またバックも色々な形が揃っています。高原への旅に身に着けたら素敵。


2017062117.jpg傘やうちわ(!)などまだまだたくさんのアイテムがあり、その全てを流郷さん一人で制作されるから凄いなと思います。
会場に入って一人の作家さんの作品と知って驚かれる方も多いですよ。


2017062107.jpg流郷さんの魅力を一言で説明するのはとっても難しいのですが、やはり美しく優しい絵、筆遣いではないでしょうか。
流郷さんの絵を見ていると色々な事を感じたり思い出したりします。

2017062108.jpg2017062111.jpg2017062113.jpg
それは雑木林を散歩したり、綺麗な花、あるいはささやかな花を見ているときと同じような気持ちになれるからです。
植物の持つしなやかで美しい曲線がさらりと描かれています。

2017062114.jpg2017062115.jpg2017062116.jpg
時には忠実画ではないのに本物の質感、空気感をまとっているから見入ってしまいます。


流郷さんの作品は生活の中で使えるのも嬉しいですね。
日々の暮らしを豊かにしてくれるそんな作品です。

2017062109.jpg2017062110.jpg2017062118.jpg作品と魅力的なそのお人柄にも触れにいらして下さい。きっとファンになられますよ!(本間)
写真右:流郷由紀子さん 左:スタッフ南村さん


流郷由紀子作品展
~水彩画・染布・染付うつわ~
6月21日(水)~6月29日(木)
最終日は午後5時迄となります2017062101.jpg20170621119.jpgDSC_3698.jpg

2017年6月14日
名村仁さんの彩色組み絵展が始まりました!

八ヶ岳もすっかり夏の風景になりました。
梅雨に入りましたが、今のところ毎日良い天気が続いています。

そんな中、名村仁さんの~のやまへゆこう~彩色組み絵展が始まりました。
誰もが懐かしく感じる絵のテーマは「里山」だそうです。

2017061401.jpg2017061403.jpg
田畑の様子や森の風景、そこに住む生き物たちや営みが絵に出てきます。
都会で育った方もどこか懐かしく感じて頂けるのではないでしょうか?!


「彩色組み絵」は名村さん独自の技法。
数ミリある木の板を絵に沿って糸鋸で切ってゆきます。

2017061400.jpg2017061402.jpg
バラバラになった材料は一つ一つ面を取り、着色をし、まるでパズルの様に嵌め戻して絵にします。
色の境目がくっきりとし、陰影が出来るので立体感が生まれていますね。


2017061410.jpg2017061411.jpg
名村さんのアトリエは兵庫県にあります。
ひと山越えると瀬戸内海が見られるのだそう。
ですから海の作品もでてきます。海を懐かしく感じる方も多いのではないでしょか。
日本は海と山の距離が比較的近く様々な風景が楽しめる国ですね。

また日本は四季の移り変わりが美しい国。
名村さんの作品もまた春の残雪の山の風景や、夏の空と雲、紅葉した風景、雪など
それぞれの季節の空気が伝わってくる、そんな絵画を楽しんで頂けます。

2017061405.jpg2017061406.jpg2017061407.jpg2017061408.jpg2017061409.jpg


夜の絵も魅力的で大好きな作品です。
澄んだ空気や温度感が伝わってきて、でも決して暗くないところが素敵だと思いませんか?!

2017061412.jpg2017061413.jpg2017061414.jpg

毎年新しい作品を沢山つくってきて下さる名村さん。
小さな作品も充実しています。

2017061415.jpg2017061416.jpg

是非夏の雑木林と名村さんの作品を見にいらして下さい。(本間)


名村仁 ~のやまへゆこう~ 彩色組み絵展2017061419.jpg
6月14日(水)~6月20日(火)
最終日は午後5時迄となります

2017年6月 2日
和田隆彦さんの作品展が始まりました!

朝晩はまだまだ寒いくらいの八ヶ岳ですが、日中の日差しは強くなりました。
木々の葉のこすれる音が大きくなってきて夏を感じる今日この頃です。

2017060204.jpgそんな中ステージではザンスカール工房、和田隆彦さんの個展が始まりました。
ご存知の方も多いと思いますが、和田さんは八ヶ岳倶楽部オープンの時からの作家さん。
八ヶ岳倶楽部創立メンバーのお一人です。

2017060200.jpg和田さんは主に鉄を使い作品をつくります。
鋳造と鍛造という技法がありますが、和田さんはハンマーで叩き形作る鍛造で作品をつくります。

2017060218.jpg2017060206.jpg2017060207.jpg2017060208.jpg
鉄は固く冷たいイメージもあるかも知れませんが、いかがでしょうか!?
和田さんの作品は力強くも柔らかく優しい造形が特徴で魅力です。
また鍛造ではハンマーの跡が残り、それが味わい深く感じると思いませんか。


作品の種類も様々です。
テーブルや椅子、カウンターテーブルやランプなどの実用のある作品の他、オブジェやワインラック、ハンガーなども。

2017060205.jpg2017060201.jpg2017060220.jpg
今年初めて登場したのはブックエンドと鏡です。
お気に入りの本や画集などは眺めても楽しみたいもの。和田さんのブックエンドで大切な本をディスプレイしてはいかがでしょうか。


2017060212.jpg2017060213.jpg2017060214.jpg2017060215.jpg
鏡は玄関などでオブジェ的に演出しても素敵ですね。
また葉書サイズの鏡はお部屋に小窓が現れた様にも見えて可愛いですね。


2017060223.jpg2017060222.jpg2017060224.jpg花器は八ヶ岳倶楽部では必須のアイテムです。
パパさんが木々を選定するとスタッフが皆集まって枝を生けるのが楽しみの一つでもあるからです。
和田さんの花器は花や緑を美しく演出してくれます。


ガーデンで過ごすのが楽しみの方もいらっしゃると思いますが、和田さんのテーブルや椅子は屋外で使える様な仕上げもしてくれます。
亜鉛メッキを施し防錆加工するのですが、その上から塗装をしても良いし、そのままの色を楽しんんで頂くことも出来ます。

2017060210.jpg2017060216.jpg2017060217.jpg
八ヶ岳の初夏の風を感じながら和田さんの鍛造作品に触れてみて下さい。(本間)


ザンスカール工房 和田隆彦
鉄のしごと・鉄と暮らす
6月2日(金)~6月13日(火)
最終日は午後5時迄となります2017060203.jpg

最新のお知らせ

月別のお知らせ