八ヶ岳倶楽部 > ステージだより > 2017年5月の記事

ステージだより

2017年5月16日
アトリエJunko 赤松純子さんのテーブルウェア展が始まりました!

日に日に若葉が大きく成長している雑木林です。
そんな中、アトリエJunko赤松純子さんのテーブルウェア展が始まりました。

2017051601.jpg2017051610.jpg2017051616.jpg
赤松さんはステージでは唯一、作家ではなくコーディネーターであられます。
取り扱われるアイテムは食器。
世界中のメーカーや工房にご自身で足を運んで直接輸入されています。


赤松さんがそんな工房の職人さんやメーカーさんが大事にされている想いも含め、
食器の上質さ、デザインの素敵さをテーブルコーディネートと共にご紹介下さいます。

2017051617.jpg2017051611.jpg2017051612.jpg


ステージには幾つものシーンをつくってテーブルウェアとコーディネートをご紹介。
そのコーディネートを見ているだけでうっとりするくらい素敵です!
いつの間にか自分のライフスタイルに似合う食器を選び始めてしまいますよ。

2017051604.jpg2017051605.jpg2017051615.jpg2017051619.jpg
テーブルウェアは数々あるにも関わらずメーカーの個性はもちろん、
その国らしい雰囲気を感じるから不思議です。

またそれぞれのシーンをじっくり見ると、
同じ食器も組み合わせ方で、様々な表情が出せて楽しめる事がわかります。

2017051602.jpg2017051606.jpg2017051607.jpg


テーブルコーディネートを普段から楽しまれている方も、
これから色々工夫したい!という方も是非ご覧いただきたい展示会です。

2017051618.jpg
赤松さんもステージに在廊してくださいます。是非お気軽にご相談くださいませ。
コーディネートの楽しさと、赤松さんのお人柄にもきっとファンになりますよ!(本間)


アトリエJunko ヨーロッパ直輸入
「テーブルウェア展」 
5月16日(火)~6月1日(木)
最終日は午後5時迄となります2017051614.jpg

2017年5月 9日
ブライアン・ウィリアムズさんの絵画展が始まりました!

ゴールデンウィークの終わると同時に新緑が少しずつ始まる雑木林。
サクラソウやイカリソウが咲き、ミツバツツジやヤマブキの花の蕾も膨らんできました。

2017050901.jpgそんな中ステージでは2年ぶりとなるブライアン・ウィリアムズさんの絵画展が始まりました。
ブライアンさんは日本の、世界の美しい風景を描く作家さんです。
鮮やかで美しい色は、大地や水辺、空の色、空気や季節の薫りも伝わって来るようです。

2017050902.jpg


臨場感のあるブライアンさんの絵画は、彼のオリジナルの発想、技法の「曲面絵画」でより一層感じる事が出来ます。
キャンバスとなるのは木の板です。
薄い木の板を曲げながら集成、接着する事で湾曲した木の板をつくります。
絵の構図が決まってから木の板を製作するそうで、それだけでも凄く手間がかかっていますね。

2017050903.jpg2017050912.jpg2017050906.jpg手前に続く絵は画面も手前に曲がって見ている方に迫って来るようです。
逆に広い湖面は水平に長く、遠くの山は画面も奥に曲がってより遠くに感じます。
この臨場感が写真でどれだけ伝わるでしょうか・・・。是非実際に観て頂きたい作品です!

2017050904.jpg2017050914.jpg


平面絵画もブライアンさんらしい作品です。
実際にご自身の足で旅をし、見た、世界中、日本中の美しい風景が描かれています。
ブライアンさんのスケールの大きさも感じて頂けると思います。
また日本人にとっては誰もが懐かしく感じる風景も良く登場します。
写実的で細かなところまで描きこんであるのもブライアンさんの特徴ですね。

2017050907.jpg2017050908.jpg2017050909.jpg2017050910.jpg


版画にはあまり馴染みが無かった私。
微妙な濃淡があり、油彩や水彩とも違った風合いに感動し好きになりました。
こんな出来事がきっかけで突然興味がわいてくるから面白いですね。

2017050911.jpg2017050930.jpg


ブライアンさんの展覧会は5月15日(月)までの開催です。
お時間ございましたら是非作品を観に、ブライアンさんに会いにいらしてください!(本間)

DSC_2857.jpg


ブライアン・ウィリアムズ 絵画展
「絵筆と共に半世紀 ブライアンの目」
5月9日(火)~5月15日(月)
~最終日は午後5時迄となります~2017050918.jpg

2017年5月 2日
良工房 田原良作さんの彫刻家具展が始まりました!

天候に恵まれた今日の八ヶ岳。ステージでは彫刻家田原良作さんの彫刻家具展が始まりました。
会場に入った誰もが木の温かみと見たことのない曲線の家具に驚かれます。
作品に触れ、椅子に座るとその安心感、心地よさにもう一度驚きうっとりとしてしまいます。

2017050207.jpg
2017050201.jpg木の材料はチーク、マホガニー、ウォールナットの家具に最も適した材料と言われるものや、
サクラやカリン、トチ、カエデなどまだまだ沢山の種類があり色や木目も楽しめます。

2017050202.jpg2017050205.jpg
出来立ての家具はこれからもっと良くなっていきます。
例えばマホガニー、最初は薄い浅い色ですが、使う毎に年を重ねる事に紅茶の様な美しい色に変化します。
テーブルの角の彫刻は手で撫でるとどんどん良い色になります。
身体にあった椅子は正に自分だけの「マイチェア」になりますね。

2017050203.jpg2017050206.jpg2017050209.jpg2017050210.jpg
写真で見ても美しい田原さんの作品ですが、実際に目で見て触れると本当に感動します。
雑木林を散歩し深呼吸したら、次は田原さんの作品に触れ優しさに包まれて下さい。(本間)

2017050211.jpg


良工房 田原良作 彫刻家具展・春2017050208.jpg
5月2日(火)~5月8日(月)

最新のお知らせ

月別のお知らせ