八ヶ岳倶楽部 > ステージだより > 2016年11月の記事

ステージだより

2016年11月12日
森のおくりもの展 2016

雑木林がすっかり明るくなり、ステージテラスのオオモミジも最後の美しい彩りを放っています。
さて、山々、そして森が美しい物語な冬の到来です!
ステージでは今年も始まりました!贈り物にぴったりの作家作品と雑貨が揃った"森のおくりもの展"のはじまりはじまりー♪

2016111241.jpg


では、作家さん、ショップごとにご紹介をして参ります。

米倉健史さん
寒い季節ほど心が温まる。。。
キルトで絵を描かれる、米倉健史さんの冬の作品が届きました!
ステージスタッフ二人とも大好きな米倉作品、冬の作品、とりわけクリスマスの作品にとっても魅せられる私です。

201611128.jpg201611129.jpg2016111210.jpg
詩画集"Christmas Box"は真っ赤な挿し箱に入った特別な一冊。
今アトリエにある分で最後とのお話。ギフトにもとても素敵な一冊です。

 

 

増田精一郎さん
冬の贈り物に、共に歩む時を刻める贈り物を。
増田精一郎さんのてづくりのリストウォッチたちは、確かな技術と幅広いオリジナルデザインを取り揃え、
男女共に楽しめる、「特別な時間」を刻む時計です。

2016111215.jpg2016111216.jpg2016111217.jpg2016111218.jpg

2016111219.jpg2016111220.jpg

さらに今回は・・・
12月3日(土)に増田さんをお迎えし、自分でつくる"オリジナルウォッチ"のワークショップも開催します!
こんなチャンスなかなかありません!
冬ならではの贅沢な空間と時間をつかったステージ企画、ぜひこのチャンスにご参加くださいませ。
詳しくはこちらをどうぞ!

http://www.yatsugatake-club.com/stage/dayori/2016/11/05-dayori-0849.html

 

 

法嶋二郎さん
古えからの日本人の知恵と技術、木組みで家具をつくられる法嶋二郎さん。
今回は身近で使える作品をお送り頂きました。
美味しいものをつくる人も、心豊かに過ごしたい♪
法嶋さんのお道具たちは、洗練されたデザインと機能性を考え、丁寧に丁寧に仕上げられています。
使えば使うほど、毎日のちょっとした時間が幸せに感じられます。

2016111229.jpg2016111230.jpg

 

 

Enishi Candle 住田伸彦 さん
寒い季節はより一層、心があたたまる灯りの作品。
住田さんのキャンドルは、柔らかな色合いで、灯す人の心を温かに夢の世界へと誘います。

2016111258.jpg


一つ一つが特別な物語のように灯す空間を演出してくれる"ものがたり"というキャンドルは、定番作品でファンがたくさん居ます。

(わたしもその一人です♪)

2016111259.jpg
また、星々を感じさせる"宇宙玉"は、男性にも人気です。

2016111260.jpg
ちょっとしたギフトにぴったりの、ソイアロマキャンドルもたくさんお送り下さいました!
灯す人を思い描いて選ぶおくりものに、いかがでしょうか。

 

 


Finlandiaさん
北欧展でもご紹介し、たくさんのファンが出来たFinlandiaさんの織物作品。
フィンランドの羊の毛フィンシープで織りあげたマットは、しっかりとした弾力と暖かさ、そしてお部屋のアクセントとしても美しく、北欧の文化を感じさせる素敵な一品です。
様々な織り方と色彩でつくりあげたマフラーも、流行にとらわれず、大切に長く使いたい愛おしい逸品です。

2016111232.jpg2016111233.jpg2016111234.jpg

2016111235.jpg2016111237.jpg

 

 

 

原田洋子さん
昨年の米倉健史展、森のおくりもの展でも大人気だった、原田洋子さんの陶芸作品。
繊細な印象の作品は、なめらかな質感と温かな色合いで、お客様も知らずしらずの内に"どれにしようかな?"と選んでしまう姿をよく見かけます。
ちょっとしたギフトに最適な、ブローチやアクセサリーをメインにたくさんお送り下さいました!
全て一点ものです、お早めにどうぞ♪

2016111214.jpg2016111212.jpg2016111211.jpg

 

 

大亦みゆきさん
原田さん同様、昨年の米倉健史展の際に登場した若手女流陶芸作家としてご紹介させていただいた、大亦さん。
"森"をテーマにした陶芸作品は、まるで小さなものがたりが詰まった絵本のよう。

今回は久しぶりに森のマグも登場。

2016111250.jpg2016111248.jpg2016111249.jpg2016111251.jpg

木立の中、雪景色の中、森の木々と動物達の風景が、小さな作品の中に静かに広がっています。

物語を手にすることが出来る陶芸作品です。

 

 

竹下洋子さん ニット
大分県竹田市にアトリエを構える竹下洋子さん。

2016111253.jpg2016111254.jpg2016111255.jpg

伸びやかで自由な作品は、着る人の気持ちにも"特別"なときめきとなり、響きあいます。彼女の作品は、豊かな自然の中から感じるインスピレーションを編み物で表現していて、まるで心のきらめきの瞬間瞬間が、詩のように作品に散りばめられたよう。

自由さにびっくり!のこんなベストも。

2016111256.jpg

上下さかさまにも着れてしまうんですよ♪

2016111257.jpg

 

 


旅と空想の美術館
今回は、ご近所八ケ岳の美術館、「旅と空想の美術館」さんにもご協力をいただきました!
年中クリスマスの雑貨を販売なさっており、毎年各国のXmasの様子を企画展示なさっている美術館です。
今年の企画展はスウェーデンだそうで、私たちも興味しんしん。
商品は、ドイツの木工細工をメインに、ラトビアの手袋やデンマークのペーパーアートオーナメントなどなど。
みなさんの心に灯りがともる雑貨がたくさんです!

201611123.jpg201611124.jpg

2016111242.jpg2016111240.jpg

 

 

ダンケさん
今回初登場のこちらの仲間たちは・・・
ドイツのXmasマーケットでお馴染の木工細工をダンケさんから沢山ご用意してみました!
ダンケさんはドイツの木工作品をメインに輸入をなさっているお店で、その品揃えは楽しくて愉しくて、大人がウキウキしてしまいます。
たとえば・・・
こちらはシュヴィップボーゲンという窓辺に飾るアーチ型の灯り。
ドイツ、エルツ地方の炭鉱の町で原型がつくられたのが1740年とのことで、窓辺からこぼれる温かな光は、冬の寒い夕暮れの時間、通りゆく人々の心をホッと暖めます。
大人の私が夢心地、小さなお子さんはよりいっそう、あたたかな夢の世界に惹きこまれることと思います。

写真は外からと中からみた風景です。

201611121.jpg201611122.jpg

また、こちらは使うことでよりいっそう楽しい、お香を焚くのお人形。
ドイツのXmasマーケットではお馴染の一品、香りも楽しめ、パイプをくゆらす愉快な姿に癒され、人気の木工細工です。
お香の香りも、"クリスマスの香り"や、"もみの木の香り""ハチミツの香り"など、ヨーロッパらしい香りがいっぱいです!
ドイツのクリスマスを想像しながら焚いて見てはいかがでしょう?

2016111246.jpg2016111244.jpg

 

 

キャンドルハウス
おくりもの展ではお馴染の、リトアニアのキャンドルハウスも新しいラインナップで登場です。
窓から漏れるキャンドルの灯りは、大人も子供も小さな世界に魅せられます。
今年は可愛いお家がまたまた増えたなあ・・・と昨晩ディスプレイしていたところ、、、
初日の本日、4軒お求めの客様が2組も!!
そうなんです。大人が夢中になる灯りのお家、乾燥する冬にはユーカリやミントなどのアロマオイルを煙突部分に使用して、お部屋の空気もきれいにしてくれたりと、すてきな一石二鳥のアイテムです♪

2016111225.jpg2016111226.jpg2016111227.jpg

 

 

エーケルンド
この時期だから展開できる柄がたくさんの、スウェーデンテキスタイルのエーケルンド。
クリスマスシーズンのデザインは、もう物語の世界です。
自然豊かなスウェーデンの自然がデザインされたエーケルンドの織物は、八ケ岳の自然、風景とも重なります。
飾るのももちろんですが、タオルとして使い、ジャブジャブ洗濯機で洗っても丈夫な一品、一度ぜひ手にしてみてください。
季節ごとにタペストリーとして掛け替える方も増えていますよ♪という私もその一人です。

2016111221.jpg2016111222.jpg2016111223.jpg

 

高泉幸夫さん 水彩画


さて締めの作品は皆様ご存知の高泉さんの作品。

冬の空気が凛と伝わってくる高泉さんの冬景色の作品は、山々が雪化粧をし、空気が凛と澄みわたり、星が降るように夜空に輝く、
八ヶ岳の美しい、美しい冬の空気を感じさせます。

ぜひ、そんな美しい冬の八ヶ岳へお訪ねください。


温かい気持ちをい―っぱい詰めて、森のおくりもの展でお待ちいたしております♪

DSC_1210.jpg「森のおくりもの展2016」

11月12日(土)~12月4日(日)

10:00~19:00

※12月からの冬季期間の営業時間が変わります。

12月1日~

11:00~17:00

2016年11月 5日
手作り時計のワークショップを開催します!

11月に入りそろそろクリスマスや年末の準備をする頃になりましたね。
ステージでは「森のおくりもの展」を開催する予定。
そしてステージで初となる腕時計作りのワークショップができる事になりました!

20161105.jpgジュエリーの様な女性らしい時計や、いかにも機械っぽく男らしい時計など、オリジナルで手作りらしい作品を数多く生み出す腕時計作家、増田精一郎さんが今回の講師。ギャラリーの常設作家さんでもあり、ご存知の方もきっと多いですね!

201611052.jpg2016110510.jpgワークショップの為にオリジナルのケースを制作して下さいました。プレーンな美しい形は削り出しの真鍮製。ピカピカに磨かない事で、温もりを感じて頂けるそんなケースです。

201611057.jpg201611056.jpg201611055.jpgワークショップで体験できるのは主に文字盤の刻印とパーツの組み合わせです。
針は3種類のデザインから選んで頂く事ができ文字との組み合わせできっと個性的な時計が出来るはず。

またベルトのバックルは文字盤の正反対にくると着け心地が良いのだそう。そんなところも今回オリジナルのベルトづくりをして自分の腕にあった位置に調整頂けます。ムーブメントは日本製クォーツの完成品を使います。

2016110511.jpg直径3センチにとじ込められた小宇宙。手先の器用な方も、そうでない方にも是非挑戦して欲しい腕時計づくりです!


開催日時/場所:2016年12月3日(土)13:00~(約2時間のワークショップです)/八ヶ岳倶楽部ステージ
費用:¥21,600円(消費税込)※お支払いは当日現金にてお願致します。
お申し込方法:お電話にて承ります 八ヶ岳倶楽部ステージ・担当本間/千野 TEL0551-38-3395 受付時間10:00~18:00 

2016年11月 4日
菅原任さんのステンドグラス展が始まりました!

2016110419.jpg八ヶ岳倶楽部の雑木林もいよいよ紅葉のクライマックスを迎えています。
そしてステージ個展今年の最後を飾って頂くのはご存知「菅原任」さん です。

201611045.jpg201611049.jpg
菅原さんのステンドグラスはひとことで言うと「エレガント」ではないでしょうか。
具象的なデザインの作品では植物の持つ色や質感までが伝わって来そうです。

201611041.jpg2016110411.jpgランプシェードをステンドグラスで楽しむのもとってもお洒落ですよね!
白のガラスだけで作られたバラのランプは気品があると思いませんか。
シンプルが故に仕上げの美しさ、ディテールの美しさに技術が求められる作品なのだそう。


20161104.jpg2016110414.jpg2016110424.jpg小さなガラスが沢山ちりばめられたランプは色使いによって様々な雰囲気に変わります。
どの色使いがお好きですか?!

2016110415.jpg12016110410.jpg201611042.jpgランプは沢山の種類があり優しく温かみのある作品から、スマートでクールな雰囲気のものまで。
どのデザインも菅原さんの作品と分かるから不思議です。


201611047.jpgもう少しでクリスマスシーズン、きっと飾り付けを考えていらっしゃる方も多いのでは?!
大きなツリーの下にプレゼントが置いてある風景、見ていてもワクワクします。

2016110412.jpg2016110413.jpg人気のトムテもクリスマスにぴったり。
トムテは、クリスマス以外も一年中飾って楽しむ事ができます。
小さなサイズなのでその時の気分で飾る場所を変えてもいいですね!

2016110425.jpg2016110426.jpg夕方以降外が暗くなってからのステンドグラスの美しさはまた格別です。
八ヶ岳倶楽部の紅葉と菅原さんのステンドグラス展、ぜひ遊びにいらしてください!(本間)


蓼科 我・楽・須・工・房 「菅原任」
「光」と「灯り」の織りなすガラスの技展
11月4日(金)~11月10日(木) 最終日は午後5時までとなります2016110418.jpg

最新のお知らせ

月別のお知らせ