ステージだより

2016年10月28日
秋薫る絵画展が始まりました!

紅葉真っ最中の八ヶ岳倶楽部の雑木林、毎日違う表情を見せてくれます。
そんな中ステージでは企画展の「秋薫る絵画展」が始まりました。

最初にご紹介するのは水彩画を描かれる高泉幸夫さんです。
高泉さんの水彩画の特徴は下書きをしない事と、地塗りといって背景となる部分を何層も重ねられるところです。
自然の風景の微妙なニュアンスが伝わってくる水彩画だと思いませんか?!
「落ち葉」シリーズは本物と見間違える様な出来栄え。たった一枚の葉が、秋の香りを伝えてくれるから不思議ですね。

2016102813.jpg2016102814.jpg


ブライアン・ウィリアムズさんは曲面に絵画を描く作家さんです。
木の曲げ集成材がキャンバスになっており画材は油絵の具を使います。
写真だと伝わりにくいのですが、曲面に描く事でグッと臨場感が増すのは驚きです。
平面の水彩画も描かれますが、澄んだ空気や温度が伝わってくる様です。

201610289.jpg2016102815.jpg


流郷由紀子さんはどんなものもキャンバスにしてしまうマルチアーティストです。
今回は秋の絵画展の為にりんごのタペストリーを制作して下さいました。
流郷さんの作品はスケール感があって素敵です。
描かれる絵もダイナミックで、でも繊細で優しく、作家さんのお人柄まで表れている様。
有田焼に描かれた染付器はファンが沢山。
呉須の藍色は日本人には落ち着く色。盛りつけられたお料理も引き立ててくれるから嬉しいですね。

2016102811.jpg2016102812.jpg


棒田和義さんは金沢にアトリエを構える作家さん。
九谷の土を使い陶板アートを制作されます。
半立体のヨーロッパの街並みシリーズは棒田さんの代表的な作品です。
建物と階段がリズミカルに重なって奥行きを感じます。
絵付けの陶板も写実とは違った神秘的な冬の季節感が伝わってくるから不思議ですね。

201610287.jpg201610286.jpg


素材は布に変わります。キルトアート作家の米倉健史さん。
木綿の布を染めるところから始まり、ひと針ひと針縫ってゆき描かれます。
幾通りにも染められたキルトの色とそのグラデーションがとっても美しく優しい風景とマッチしていると思いませんか?!
葉が落ちた木にヤドリギある風景はここ八ヶ岳倶楽部の雑木林でもみられます。お声掛け下さればぜひご案内いたしますね(笑)。

201610284.jpg201610285.jpg


さて写真を見て木を使った絵だとは気がつかないのではないでしょうか?!
名村仁さんはオリジナル絵画「彩色組み絵」という作品を制作されます。
1枚の木の板を糸のこでくり抜いて、色を塗って、まるでジグソーパズルの様に嵌めて描きます。
木は面取りをしてあるので、陰影が表れ立体的。色も沢山使っているのに全部調和がとれており、さすが作家さんですね。生き物や野山の風景が出てきて、どこか懐かしい気持ちになります。
静かででも決して寂しくならない夜の絵もとっても好きな作品です。

20161028.jpg201610281.jpg


高折みゆきさんもまたナチュラルコラージュアートというオリジナルの作品をつくられます。
どんな作品かというと、植物を使って描く絵画。押し花の世界感ともまた違ってとっても面白い表現です。
植物もご自身で育てられたものを使うという徹底ぶり。
八ヶ岳倶楽部の雑木林もあと数週間すると冬景色に変わります。これから来る冬に似合う作品が届いております!

201610282.jpg201610283.jpg

最後にご紹介するのは三宅治良さん。ステンドグラスの作家さんです。
ステンドグラスのデザインは様々あり、直線や曲線でデザインされたものの他、絵画の様な作品もあります。
三宅さんの作品は色の種類を多くせず、何種類もある透明のガラスを上手く組み合わせてデザインします。とても優しく、透明感のあるステンドグラスは日本人の感覚にとても良く合っていると思いませんか?!
家の中のガラスの入っているほとんどの部分にステンドグラスが設置できます。お客様のご要望に合わせ受注制作も致しております。気になられた方はぜひお声掛けください!

201610288.jpg2016102810.jpg


総勢8名の作家作品を紹介している「秋薫る絵画展」ぜひ遊びにいらしてください!(本間)

2016102817.jpg「秋薫る絵画展」
10月28日(金)~11月3日(木) 最終日は午後5時までとなります

最新のお知らせ

月別のお知らせ