ステージだより

2016年10月13日
棚機津女さんの「裂織 ちゃんちゃんこ展」が始まりました!

2016101320.jpg数日前から気温がグッと下がり空気がさらさらとしてきました。
ステージでは棚機津女(たなはたつめ)さんの「裂織 ちゃんちゃんこ展」が始まりました。

201610131.jpg馴染み深い方も多いはず。「裂織」は裂いた布を使った織りもの。主に綿や絹の古布を使い生地を裂くところから始まります。

20161013.jpg
布の端まで裂き進んだら折り返して長い紐状にし、それを横糸にして織ってゆきます。

201610132.jpg
出来上がりは裂き織独特の立体感と既に馴染んでいる様な風合い、質感が特徴です。

昔は、大きな布や服で使えなくなるとタオルにし、それがぼろぼろになったら雑巾にしたそうです。
藍染の木綿の糸を使ったものは最後の最後、畑仕事の時に燃やして虫除けにしたんだとか。
冬を温かく過ごす、物を大切にする先人の素晴らしい知恵だと思いませんか?!

201610135.jpg

棚機津女さんはそんな日本の伝統を現代、そして後世に伝えたいと作家活動をされています。
「ちゃんちゃんこ」と聞くと「昔ながら・・・」と思うかもしれませんが、今の暮らし方にちゃんと似合う作品でそれが棚機さんの魅力です。

201610137.jpg2016101315.jpg
伝統を感じる配色からモダンな雰囲気のものまで。

2016101322.jpg2016101323.jpg
バックやラップスカートもお洒落ですよ。


2016101316.jpg201610133.jpgフード付きのベストはフードのラインが襟になり可愛らしさがありますね。
ロングベストは生地が大きいので裂織をダイナミックに味わって頂けます。

201610134.jpg2016101324.jpgフード無しやスタンドカラーのベストは女性だけでなく男性に似合うものがあります。

2016101314.jpgロングコートは裂織が贅沢に使ってあり、特別感がありますね。
裂織は着て頂くと本当に温かく、フリースやダウンに慣れていた私には驚きの発見でした。

棚機さんはそのお人柄も素敵で男女問わず皆さんファンになられます。スタッフもおしゃべりをしにステージに来るほど。
今日も初日を目指し沢山の方がご来店下さっています。
お許しを頂いて写真撮影させて頂いたので少しだけご紹介致しますね。

2016101310.jpg奥様はフード付きベスト、レモンイエローがとっても綺麗な色。着こなしも素敵です。
ご主人はベスト。この上にジャケットを羽織られたらまた一段とカッコよかったです!

2016101313.jpg意外にシックで着る人を選ぶ様な作品もありますが皆さま流石です、ご自身に似合うものが分かっていらっしゃる様です!
ディスプレイしてある時より、やはり着た時の方が服も表情がグッと出てくると思いませんか?!

201610136.jpg
会場ではぜひその質感とデザインを触って、着て楽しんで下さい!(本間)


2016101311.jpg棚機津女 裂織 ちゃんちゃんこ展
10月13日(木)~10月20日(木) 最終日は午後5時までとなります

最新のお知らせ

月別のお知らせ