ステージだより

2016年9月15日
岡下勝敏×絖理海 「親子による絆展」

DSC_6522.jpg今朝も八ヶ岳らしい爽やかな天気になりました。
そんな中ステージでは岡下勝敏さん、絖理海さんの~親子による「絆展」~が始まりました。

DSC_6411.jpgDSC_6447.jpg岡下さんはフクロウを彫る木彫の作家さん。八ヶ岳倶楽部とのお付き合いは長く、ご存知の方もきっと多いですね。

DSC_6433.jpg~それぞれの木が持つ個性を活かしたい~と思うのは木工作家さん皆さんに共通しています。
岡下さんの木彫も正にそんな事を感じさせてくれる作品です。

DSC_6430.jpgステージ正面で待ち受けてくれるフクロウはニレの木を彫ったもの。
堂々とした雰囲気です。色は木酢液で着色してあり落ち着いた深みのある表情です。

DSC_6454.jpg
こちらのフクロウは羽の部分が面白い模様になっています。可愛らしく優しい雰囲気もありますね。

DSC_6448.jpgDSC_6451.jpg大小様々、中には手を合わせて祈っているフクロウ。おきあがりこぼしになっている笑いフクロウも居て、とても可愛らしいですよ。

DSC_6446.jpgDSC_6541.jpg奥様の美智子さんが絵つけするフクロウやネコの作品も華やかさがあり女性の繊細さを感じられます。

DSC_6416.jpgDSC_6444.jpg花器も木の個性を活かした岡下さんらしい作品。
木固めという方法を使い直接水を入れられる様になっています。だからとても生けやすく自然な雰囲気の仕上がりに。


DSC_6459.jpg

DSC_6476.jpg美しい木目を際立たせた作品や、彫刻刀の彫り跡が個性的な作品など、こちらもバリエーションがたくさんあります。

DSC_6472.jpgDSC_6539.jpg岡下さんのアクセサリーをお持ちの方もいらっしゃるのでは?!
りんご、ほおずき、どんぐりのシリーズはよーく見ても本物そっくりです。
こちらも全部ひとつひとつ岡下さんご本人が彫られています。
モチーフと作者の温もりを感じるそんなアクセサリー、身につけてみませんか!?


DSC_6480.jpg絖理海さんは岡下さんのお嬢様。帽子作家さんです。
親子展になって今年で4年目、すっかりお馴染になりました。
(写真右が海さん、左は我らが緑里さん(笑))

DSC_6508.jpgDSC_6511.jpgDSC_6518.jpgリバーシブルクロッシェの独特の色味は元々着物を作る生地、遠州綿紬を使った作品です。
色合わせとざっくりとした手触りに一目ぼれし、それがきっかけでシリーズが展開したそうです。
秋桜(こすもす)桔梗(ききょう)白露(しらつゆ)・・・沢山の種類がある遠州綿紬。
伝統織物が海さんの手によって帽子になりました。

DSC_6507.jpgDSC_6502.jpgとても軽くいつでも持ち歩けます。その名前の通りリバーシブルで使えるのも嬉しいですね。
他のデザインの帽子もあり、同じ生地のストールもあり合わせてコーディネートも楽しんで頂けます。

DSC_6529.jpgDSC_6524.jpgリバーシブルと持ち運びが便利なのはこちらの帽子も同じ。
Tシャツの様な柔らかい生地が心地良く、ニット帽の様なかぶり方を楽しんで頂けお洒落です。

DSC_6486.jpg落ち着いた雰囲気のあるharikiji(はりきじ)シリーズは私も好きなラインナップです。
イスやソファに使う布を使った作品だそう。

DSC_6489.jpg家具に使う布だけあって存在感があり、どんな空間にもよく馴染む色合いが心地良く感じませんか?
また耐久性があり色あせや汚れにも強いところも魅力。きっと長く愛用して頂けますね。

DSC_6535.jpgDSC_6534.jpg写真上は今年の新作です。
つばが前後についた様な帽子は好きな角度でかぶる事ができ、雰囲気も随分と変わります!

DSC_6500.jpgDSC_6495.jpgharikijiシリーズもラインナップと配色が実に豊富。きっとお気に入りの形、色があると思います。

秋もおしゃれが楽しく個性がでる季節、海さんの帽子は如何ですか?!

岡下さんと海さんの親子展、ぜひ遊びにいらして下さい!(本間)


DSC_6546.jpg岡下勝敏(木彫)×絖理海(帽子)
「親子による絆展」
9月15日(木)~9月21日(水) 最終日は午後5時までとなります

最新のお知らせ

月別のお知らせ