ステージだより

2016年9月 8日
吉田直樹 「木で描く音楽の世界」展

DSC_6383.jpg昨夜からの雨が降り続き、上がるとまた秋が一歩近づくんだなと思う今日この頃です。
そんな中ステージでは吉田直樹さんの展覧会が始まりました。
吉田さんは木を使い音楽を表現する作家さんです。

DSC_6317.jpg「音楽の絵本」は代表的な作品のひとつ。

DSC_6321.jpg数ある木の中でもシナノキを使い、楽譜の紙の質感を表現。ページを開いた感じは何とも雰囲気が出ていると思いませんか?!
うっすらと浮かび上がる木目はまるで音楽の抑揚を表現しているかの様。

DSC_6323.jpgDSC_6326.jpg五線と音符は自作された道具でいち音いち音焦がし、手で画いているのですよ♪
実際演奏で使われる楽器があしらっているのがおしゃれですね。
演奏される方も多いと思いますが、思い出の曲があるかも知れません。

DSC_6332.jpgスタンドを使えば卓上でも壁掛けでも雰囲気を変えて楽しんで頂けます。

DSC_6327.jpg


DSC_6337.jpgこちらの楽器をモチーフにしたレリーフ、実はパズルになっています。

DSC_6342.jpgDSC_6346.jpg木の質感を実際に手にとって味わって頂けます。
またこの作品は一枚の木から作られており、楽器の部分と額の部分の木目が一致します。木そのものの魅力も感じて見て下さいね!


DSC_6353.jpgさて照明もまた雰囲気があります。写真は「ムーンライトセレナーデ」。
夜はもちろん、昼間も電気をつけて楽しんで頂きたい作品です。

DSC_6357.jpgリビングや寝室、玄関ホールや廊下きっとどんなところでも演出してくれますね。

DSC_6360.jpgクラシックの作品を紹介してきましたが、ジャズもテーマの一つ。
とってもムードがあり、金管楽器を木で表現出来るところも凄いなと感じます。

DSC_6362.jpg演奏する手が入っていたり、デフォルメされた演奏者の作品があったりと、どれを見ても味わい深いですよ。

趣味として演奏も実際にされる吉田さんだから、これだけの雰囲気がだせるのかな!?と思いました。


DSC_6373.jpgDSC_6366.jpgDSC_6371.jpgDSC_6365.jpgオーディオは毎年進化し続けています。ブローチや時計、演奏するように奏でられるオルゴールも人気の作品ですよ。


DSC_6378.jpgDSC_6375.jpgそしてもうひとつ、登山も趣味としてお持ちの吉田さん。
そんな吉田さんならではの作品が「アルプ」シリーズ。音楽とは関係がありませんが、どんな題材も作品になってしまうそこがアーティストですね。木という素材がそうさせてくれるのかも知れません。同じ空間にあってとっても似合っています。

秋は楽しい事がいっぱい。「食欲の秋」「スポーツの秋」「読書の秋」そして「音楽の秋」
秋の気配すすむ雑木林で吉田直樹さんの木と音楽の作品展をお楽しみください。(本間)


DSC_6329.jpg吉田直樹 「木で描く音楽の世界」展
9月8日(木)~9月14日(水)最終日は午後5時までとなります

最新のお知らせ

月別のお知らせ