八ヶ岳倶楽部 > ステージだより > 2016年9月の記事

ステージだより

2016年9月29日
小林秀幹 展 ~いろとりどりの金属たち~

DSC_7124.jpg八ヶ岳倶楽部の雑木林ではツリバナに続いてアオハダの実も赤くなってきました。
そんな中ステージでは小林秀幹さんの鍛金展がスタートしました。

DSC_0929 (2).jpgDSC_0929 (1).jpg主に鉄や銅を叩いて形作る鍛金の作品。銅鍋などは身近な鍛金ですね。
秀幹さんも銅鍋や、やかんなどの生活用具を制作しています。
その形は職人さんが作る鍋ともまた違った味わいがあり、作家ならではのオリジナリティーを感じて頂けます。


DSC_160929  1.jpgDSC_160929 2.jpg木で出来た取っ手など素材の違う部分も自らが制作。ディテールにこだわりと愛情を注ぐ秀幹さん。使うごとに手に馴染んでいきそうですね!

DSC_160929 18.jpgDSC_160929 16.jpg花器もまた生活の中で欠かせない、空間を演出してくれる道具です。
表情様々な花器もまた鍛金、金属ならではの形と質感です。

DSC_160929  4.jpgDSC_160929 15.jpgDSC_160929 19.jpgDSC_160929 17.jpg時には柔らかい曲線、時にはエッジの効いた形、植物のラインとのコントラストがお互いに引き立て合う気がします。


さて鍛金作家さんの面白さ奥深さは、その技法ならではの作品を色々な形で表現するところではないでしょうか。
秀幹さんのレリーフはその表現方法が多く面白いですよ!

22.jpg今回のDM作品になっているレリーフ「かくれつ」。私の最初の印象はカッコイイ!でした。
アートとデザインの中間の様な面白みのある作品です。

DSC_160929 21.jpg黒くくり抜いてある部分が鉄で出来ており、その他は銅で出来ています。
金槌で叩いた跡が作品の中で表情となっていますね。

DSC_160929 20.jpgまた、銀色の部分は銀が施されています。
「色」の表現を大事にされる秀幹さん。均一で綺麗な色を目にする事が多い中、見れば見るほど味わいが増し新鮮にも思えてきます。

DSC_160929 24.jpg鉄の存在感と銀の光沢感、シャープな形とのコントラストが面白いこちらの作品。
題名は「みえないもののつながり」。

DSC_160929 23.jpgご存知の方も多いかもしれませんね。果物のレリーフは定番で人気の作品です。


DSC_160929 12.jpgレリーフに続いてはオブジェの登場。
羽がひらりひらりと回ったり、ス―と流れる様に回ったりするオブジエは風の力で動きます。


DSC_160929 7.jpgDSC_160929 8.jpg目で見て感じる風は雑木林の揺れる木々を見る事と同じ。ゆっくり回る姿を見ていると心地良く感じます。

DSC_160929 11.jpg今回初登場のオブジェ「いたり」。
蒸気機関車や橋脚など大きな仕掛けの一部部分の様にも見えます。

DSC_160929 10.jpgDSC_160929 9.jpg日本は組む技術が古くからあり、それを作品で表現したかった。とは秀幹さんの言葉です。

DSC_160929 14.jpgDSC_160929 3.jpgほんの一部をご紹介させて頂きました。
鍛金は身近でもあり、奥深い、面白い表現方法だと思いませんか?!
ぜひ八ヶ岳倶楽部の雑木林で初秋の空気とアートな空間、作品をお楽しみ下さい。(本間)


DSC_160929 5.jpg小林秀幹 展
いろとりどりの金属たち
9月29日(木)~10月5日(水) 最終日は午後5時まで

2016年9月23日
法嶋二郎・米倉健史 木工家具と染布の風景画二人展

20160921-22 (9).jpgなかなか晴れない八ヶ岳、こういう時は雨をゆっくり味わおうと思います。
ステージでは2013年度以来2回目の開催となる法嶋二郎さん米倉健史さんの2人展が始まりました。
とても雰囲気のある空間になりましたよ!

20160921-22 (14).jpg最初にご紹介するのは法嶋二郎さん、木工の作家さんです。
平滑で繊細な家具は一目で丁寧なつくりだと分かります。

DSC_6720.jpg
20160921-22 (17).jpg
法嶋さんは「ほぞ組み」という方法を上手く使って作品を作られます。
ほぞ組みをとても簡単に言うと四角い穴を開けたところに四角い材料を噛まして接合する方法です。
日本に古くからある方法で種類も沢山あるそうです。
大事な接合部分は隠れてしまう為巧みな技術が紹介出来ず残念ですが、逆にネジの目隠しなどが無くどの角度から見ても美しいのですよ!
木組みの部分は緩んでこないので、テーブルや椅子は長く使っていただくとその良さが分かって頂けると思います。

20160921-22 (15).jpgテーブルは食事だけでなく手紙を書いたりパソコンを使う方も少なく無いのでは?!
無垢の木の家具は手触りも良く、日々のどんな作業も楽しい時間になりそうです。

20160921-22 (16).jpg20160921-22 (19).jpgDSC_6712.jpg20160921-22 (30).jpg椅子もとても精工にできています。
またのみや鉋の跡を残すのも法嶋さんの特徴、手触りが心地良く感じます。

20160921-22 (33).jpg畳や絨毯の床でも椅子を引きやすいアイディア作品。
見た目の美しさと使いやすさ両方を追求する法嶋さん。どんな作品にもそれを感じる事が出来ます。

20160921-22 (10).jpg20160921-22 (20).jpg20160921-22 (21).jpgフォトフレームや時計はギャラリーでも人気の作品。
カトラリーもアイディアが詰まったものばかり。
ジャムの瓶の形に合うジャムスプーン。鍋は底や胴の形が様々ですが、きちんと対応してくれるターナーなど本当に使いやすい道具たち。小さなバターナイフまできちんと鉋で削った跡が残っていて、嬉しい気持ちになりますね。

20160921-22 (18).jpg20160921-22 (32).jpg元々ミュージシャンだった法嶋さん、凄くよく出来たギタースタンドはステージ初登場。コンパクトに織りたたむ事が出来ます。

20160921-22 (22).jpg20160921-22 (23).jpg20160921-22 (25).jpg
ワゴンはアイアン作家さんとのコラボレーション。アイアンとの組み合わせだから出来る形とユニークな形が楽しい作品です。
古くからの技術を使い、新しい形を表現する法嶋さんの木の作品です。


20160921-22 (37).jpgさて次にご紹介するのはキルトアート作家の米倉健史さんです。
キルトで描かれた絵は、空気の温度や季節の光、香りまで思い起こしてくれるそんな作品です。

20160921-22 (40).jpg20160921-22 (31).jpg布を染めるところから始まる作品づくり。例えば同じ緑でも、実に沢山の複雑な色合いの緑があるのが分かりますね。

20160921-22 (3).jpg20160921-22 (5).jpgまたひと針ひと針丁寧に縫ってあり、作り手の温もりが作品の温かさにもなっている気がします。
時には糸の光沢が活かされた作品も。

DSC_6865.jpg20160921-22 (7).jpgステージ入って正面はドクダミの絵、白い凛とした花と赤っぽい茎は雰囲気が良く出ていますね。

20160921-22 (8).jpgアクセントになっている柄は近付いて見てみると繊細で美しい配色が本当に見事。作者のこだわりが感じられる作品です。

20160921-22 (11).jpg20160921-22 (45).jpg人は描かれていませんが、自転車や椅子などが絵の中に登場し気配が感じまれます。

20160921-22 (35).jpg20160921-22 (42).jpg20160921-22 (43).jpg見る人の記憶や思い出に中にある風景と作品がリンクするから、皆さんどこか懐かしと見て下さります。
私も北海道に住んでいた事があり、こんな風景があったな、こんな夕日見た事あるな、なんて思ってしまいます。

絵には詩が添えられており、とっても素敵ですよ!


20160921-22 (29).jpg

「やあ、久しぶり」
爽やかな
風に誘われ
近くを散策

訪れる季節
いつも同じ場所に
必ず咲いてくれる
名も知らぬ小花達
今年も会えた

風にのって歩いていたら
同じように
風に乗った君に出会った


 

詩が添えられたと言いましたが、
詩の、物語のワンシーンを切り取った絵と言った方が良いかも知れませんね。

20160921-22 (34).jpg20160921-22 (41).jpg20160921-22 (38).jpg鮮やかな絵や、これから訪れる秋の絵、冬の絵も温かく優しい気持ちにしてくれる米倉さんのキルトアート
ぜひその質感や香りまでも感じにいらして下さい!(本間)


DSC_6721.jpg














20160921-22 (27).jpg








法嶋二郎・米倉健史
木工家具と染布の風景画二人展
9月22日(木)~9月28日(水) 
最終日は午後5時までとなります

2016年9月15日
岡下勝敏×絖理海 「親子による絆展」

DSC_6522.jpg今朝も八ヶ岳らしい爽やかな天気になりました。
そんな中ステージでは岡下勝敏さん、絖理海さんの~親子による「絆展」~が始まりました。

DSC_6411.jpgDSC_6447.jpg岡下さんはフクロウを彫る木彫の作家さん。八ヶ岳倶楽部とのお付き合いは長く、ご存知の方もきっと多いですね。

DSC_6433.jpg~それぞれの木が持つ個性を活かしたい~と思うのは木工作家さん皆さんに共通しています。
岡下さんの木彫も正にそんな事を感じさせてくれる作品です。

DSC_6430.jpgステージ正面で待ち受けてくれるフクロウはニレの木を彫ったもの。
堂々とした雰囲気です。色は木酢液で着色してあり落ち着いた深みのある表情です。

DSC_6454.jpg
こちらのフクロウは羽の部分が面白い模様になっています。可愛らしく優しい雰囲気もありますね。

DSC_6448.jpgDSC_6451.jpg大小様々、中には手を合わせて祈っているフクロウ。おきあがりこぼしになっている笑いフクロウも居て、とても可愛らしいですよ。

DSC_6446.jpgDSC_6541.jpg奥様の美智子さんが絵つけするフクロウやネコの作品も華やかさがあり女性の繊細さを感じられます。

DSC_6416.jpgDSC_6444.jpg花器も木の個性を活かした岡下さんらしい作品。
木固めという方法を使い直接水を入れられる様になっています。だからとても生けやすく自然な雰囲気の仕上がりに。


DSC_6459.jpg

DSC_6476.jpg美しい木目を際立たせた作品や、彫刻刀の彫り跡が個性的な作品など、こちらもバリエーションがたくさんあります。

DSC_6472.jpgDSC_6539.jpg岡下さんのアクセサリーをお持ちの方もいらっしゃるのでは?!
りんご、ほおずき、どんぐりのシリーズはよーく見ても本物そっくりです。
こちらも全部ひとつひとつ岡下さんご本人が彫られています。
モチーフと作者の温もりを感じるそんなアクセサリー、身につけてみませんか!?


DSC_6480.jpg絖理海さんは岡下さんのお嬢様。帽子作家さんです。
親子展になって今年で4年目、すっかりお馴染になりました。
(写真右が海さん、左は我らが緑里さん(笑))

DSC_6508.jpgDSC_6511.jpgDSC_6518.jpgリバーシブルクロッシェの独特の色味は元々着物を作る生地、遠州綿紬を使った作品です。
色合わせとざっくりとした手触りに一目ぼれし、それがきっかけでシリーズが展開したそうです。
秋桜(こすもす)桔梗(ききょう)白露(しらつゆ)・・・沢山の種類がある遠州綿紬。
伝統織物が海さんの手によって帽子になりました。

DSC_6507.jpgDSC_6502.jpgとても軽くいつでも持ち歩けます。その名前の通りリバーシブルで使えるのも嬉しいですね。
他のデザインの帽子もあり、同じ生地のストールもあり合わせてコーディネートも楽しんで頂けます。

DSC_6529.jpgDSC_6524.jpgリバーシブルと持ち運びが便利なのはこちらの帽子も同じ。
Tシャツの様な柔らかい生地が心地良く、ニット帽の様なかぶり方を楽しんで頂けお洒落です。

DSC_6486.jpg落ち着いた雰囲気のあるharikiji(はりきじ)シリーズは私も好きなラインナップです。
イスやソファに使う布を使った作品だそう。

DSC_6489.jpg家具に使う布だけあって存在感があり、どんな空間にもよく馴染む色合いが心地良く感じませんか?
また耐久性があり色あせや汚れにも強いところも魅力。きっと長く愛用して頂けますね。

DSC_6535.jpgDSC_6534.jpg写真上は今年の新作です。
つばが前後についた様な帽子は好きな角度でかぶる事ができ、雰囲気も随分と変わります!

DSC_6500.jpgDSC_6495.jpgharikijiシリーズもラインナップと配色が実に豊富。きっとお気に入りの形、色があると思います。

秋もおしゃれが楽しく個性がでる季節、海さんの帽子は如何ですか?!

岡下さんと海さんの親子展、ぜひ遊びにいらして下さい!(本間)


DSC_6546.jpg岡下勝敏(木彫)×絖理海(帽子)
「親子による絆展」
9月15日(木)~9月21日(水) 最終日は午後5時までとなります

2016年9月 8日
吉田直樹 「木で描く音楽の世界」展

DSC_6383.jpg昨夜からの雨が降り続き、上がるとまた秋が一歩近づくんだなと思う今日この頃です。
そんな中ステージでは吉田直樹さんの展覧会が始まりました。
吉田さんは木を使い音楽を表現する作家さんです。

DSC_6317.jpg「音楽の絵本」は代表的な作品のひとつ。

DSC_6321.jpg数ある木の中でもシナノキを使い、楽譜の紙の質感を表現。ページを開いた感じは何とも雰囲気が出ていると思いませんか?!
うっすらと浮かび上がる木目はまるで音楽の抑揚を表現しているかの様。

DSC_6323.jpgDSC_6326.jpg五線と音符は自作された道具でいち音いち音焦がし、手で画いているのですよ♪
実際演奏で使われる楽器があしらっているのがおしゃれですね。
演奏される方も多いと思いますが、思い出の曲があるかも知れません。

DSC_6332.jpgスタンドを使えば卓上でも壁掛けでも雰囲気を変えて楽しんで頂けます。

DSC_6327.jpg


DSC_6337.jpgこちらの楽器をモチーフにしたレリーフ、実はパズルになっています。

DSC_6342.jpgDSC_6346.jpg木の質感を実際に手にとって味わって頂けます。
またこの作品は一枚の木から作られており、楽器の部分と額の部分の木目が一致します。木そのものの魅力も感じて見て下さいね!


DSC_6353.jpgさて照明もまた雰囲気があります。写真は「ムーンライトセレナーデ」。
夜はもちろん、昼間も電気をつけて楽しんで頂きたい作品です。

DSC_6357.jpgリビングや寝室、玄関ホールや廊下きっとどんなところでも演出してくれますね。

DSC_6360.jpgクラシックの作品を紹介してきましたが、ジャズもテーマの一つ。
とってもムードがあり、金管楽器を木で表現出来るところも凄いなと感じます。

DSC_6362.jpg演奏する手が入っていたり、デフォルメされた演奏者の作品があったりと、どれを見ても味わい深いですよ。

趣味として演奏も実際にされる吉田さんだから、これだけの雰囲気がだせるのかな!?と思いました。


DSC_6373.jpgDSC_6366.jpgDSC_6371.jpgDSC_6365.jpgオーディオは毎年進化し続けています。ブローチや時計、演奏するように奏でられるオルゴールも人気の作品ですよ。


DSC_6378.jpgDSC_6375.jpgそしてもうひとつ、登山も趣味としてお持ちの吉田さん。
そんな吉田さんならではの作品が「アルプ」シリーズ。音楽とは関係がありませんが、どんな題材も作品になってしまうそこがアーティストですね。木という素材がそうさせてくれるのかも知れません。同じ空間にあってとっても似合っています。

秋は楽しい事がいっぱい。「食欲の秋」「スポーツの秋」「読書の秋」そして「音楽の秋」
秋の気配すすむ雑木林で吉田直樹さんの木と音楽の作品展をお楽しみください。(本間)


DSC_6329.jpg吉田直樹 「木で描く音楽の世界」展
9月8日(木)~9月14日(水)最終日は午後5時までとなります

2016年9月 3日
山口堅造・山口みちよ~鍛金ふたりの作品展~

DSC_6185.jpg9月に入りすっかり秋らしい空気に変わりました。
ステージでは山口堅造さん、山口みちよさんの鍛金展が始まりました。
お二人はご夫婦であり、堅造さんは八ヶ岳倶楽部創立メンバーのお一人です。

DSC_6258.jpgDSC_6260.jpg金属を金槌で叩いて形づくる「鍛金」。銅のやかんやお鍋でその技法をご存知ですね。
しかしながら堅造さんの作品を見ると「これが鍛金の世界なんだ」と驚きます。
一見面白い形は良く見るととても繊細で複雑にできており、金属ならではの表情だと気が付きます。

DSC_6232.jpgDSC_6250.jpgDSC_6255.jpg形だけでは無く色も同じ事が言え、渋い色合いの作品や意図的に緑青を発生させ何処か温もりを感じる作品も。
金や銀、真鍮などを焼きつけ表情も様々です。

DSC_6211.jpgDSC_6239.jpgDSC_6218.jpg植物のもつラインが引き立つ堅造さんの花入れ。生けずに彫刻としてディスプレイしても凄く雰囲気がありますね。

DSC_6261.jpg茶托や茶さじ、器もあり使う側の所作も美しくありたい作品たち。

DSC_6233.jpgアルミニウムを糸のこで一ヵ所ずつ切り抜いた「れんこんの器」はちょっとユニークだけど、れんこんの透明感や質感を想像させてくれ、可愛くなり過ぎないところが堅造さんらしいと思いました。


DSC_6180.jpgDSC_6181.jpg奥様のみちよさんは主に鉄を使い作品をつくります。
重い大きな鉄を使った作品に驚きつつ、優しく包み込む様な形に女性の作家さんらしさを感じます。
思わず撫でてみたくなると思いませんか!?

DSC_6201.jpgDSC_6204.jpg作品の種類は様々、壁掛けのレリーフは立体絵画の様。シャープなエッジと質感は金属ならではですね。

DSC_6183.jpgDSC_6187.jpgDSC_6191.jpg香台や蜀台などもやはり女性ならではのモチーフ、形。若い方にも是非使って感じて欲しい作品です。

DSC_6197.jpgDSC_6176.jpgDSC_6264.jpgDSC_6194.jpgDSC_6193.jpg花器もアイディアが盛り込まれていて立体感が魅力的です。

DSC_6263.jpg「ウィンドチャイム」はドアにつけてチャイムにしてください。
銀が施されていますが真鍮で出来た棒がなんとも言えず心地良い、美しい音を奏でます!
徐々に鳴る回数が減って音量が小さくなりフェイドアウトしていくところも素敵です。

DSC_6182.jpg


DSC_6173.jpgDSC_6207.jpgDSC_6209.jpg今回お二人共通の新作は鏡。ステージにも初お目見えの作品です。
鏡は家の中やお店でも必ず必要なアイテムで毎日自分の姿を確かめる道具でもあります。
お洒落で雰囲気のある鏡だと普段の暮らしが豊かになりそうだと思いませんか!?

DSC_6206.jpg

これぞ鍛金の世界!山口堅造さん山口みちよさんの作品展を見にぜひいらして下さい。(本間)


DSC_6247.jpg「鍛金ふたりの作品展」
山口堅造 山口みちよ
9月3日(土)~9月7日(水) 最終日は午後5時までとなります

最新のお知らせ

月別のお知らせ