ステージだより

2016年7月28日
「織る・編む・夏の布と籠」展 真木香・真子雅子

さてさてここ八ヶ岳でも梅雨が明けたでしょうか?!朝はひんやりしていましたが徐々に青空になって来ました。
そんな中ステージでは真木香さん、真木雅子さんの展覧会が始まりました。

DSC_5055.jpg香さんは染めと織りの両方をされる作家さん。
染めの材料に詳しい方も沢山いらっしゃると思いますが、私も聞いた事のある黒檀や藍、胡桃などの他、

DSC_5063.jpgソリザヤノキという植物、ココナッツや山吹、玉ねぎなどでも染めるそうです。
絹、木綿、麻など素材で染まった時の雰囲気が違うのは、わかっていてもびっくりします。
そして織り手によって仕上がる作品の表情が様々な事にも本当に感激しますね。

DSC_5072.jpg
DSC_5101.jpg香さんの作品は女性らしい繊細で優しい雰囲気。透明感のある水や風、なそんな風に私は感じます。
そして使い手や身につける人の雰囲気がイメージ出来るそんな作品です。

DSC_5059.jpg手紡ぎ手織りの布はどこか温もりを感じるから不思議。

DSC_5100.jpg
上の写真、綺麗なブルーは藍の葉をそのまま使って染める「藍の生葉染め」の色。四季の中でも旬の時にだけ出来る染め方だそうです。

DSC_5099.jpg今回の展覧会初お目見え、織りたての作品がこちら夏帯です。写真一番左の作品は会期ははじまる3日前に織り上がったまさに出来立てほやほやのもの。
繊細で涼やかな雰囲気。目からも涼を感じられます。

DSC_5090.jpgDSC_5107.jpgDSC_5103.jpg前回に続き様々な帯。お着物が好きな方も普段は馴染みが無い方も是非新作の美しい帯をご覧下さい。


香さんのデザインする洋服のファンも多いはず。

DSC_5162.jpgDSC_5142.jpg綿と麻が合わせられた布、シルクオ―ガンジー、ベルギーのリネンなど様々な素材やデザインがあり選ぶのが楽しくなります。

DSC_5134.jpgまず布を見て、触ってそこからどんなデザインにするかアイディアを組み立てていくそうです。

DSC_5158.jpgDSC_5136.jpg透明感のある白い色の麻のシャツがあったり、温もりのある色の麻、プリント柄などは楽しげですね。
スタッフの緑里さんも早速着こなしております!

小物なども素敵ですよ。

DSC_5145.jpgこちらは「桐の宝箱」。抹茶碗の桐箱やおちょこに合わせて袋を作る事は多い様ですが、こちらは好きなものを入れて楽しんでまさしく「自分だけの宝箱」にしてくださいね!


さて、今年も親子展で開催しております。
真木雅子さんは香さんのお母様で籠を編むバスケタリ作家さん。「雅子さんのお弟子さんから習っているんです」という方も多く、テレビの取材も受けられる様な、知る人ぞ知る存在。

DSC_5112.jpgDSC_5120.jpgその作品は美しくお洒落。自然を身近に感じる暮らしにも似合いますが、都会的で抜群にセンス良く映える作品です。

「バスケタリ・籠」も自然素材を上手く組み合わせて出来る、人間の知恵の様な気がします。
考えてみると染めや織り物や籠もそう、その他も作家さんが手がける作品は様式は違えど世界中でそれぞれ発生し進化し続ける最先端の手作りでもありますね。

DSC_5124.jpg編み目の美しさと全体のデザイン、バランスが美しく気品があります。凛とした雰囲気は作家さんの人柄がでている様。(本当に素敵な方なのです!)
使いこむ程に馴染んで色つやが良くなるところも魅力ですね。

DSC_5114.jpgDSC_5127.jpgDSC_5166.jpgDSC_5118.jpg素材は胡桃の木の皮、籐の皮、つづら藤、カラムシ、アケビなど。
編み方もシンプルなものから「どうなってるの?!」と思う様な複雑なものまであります。

DSC_5117.jpg今年の新作はこちら、胡桃と籐のバッグ。
良く見ると細かく繊細に編まれている事が分かりますね!洋服でも和服でもどちらでも似合いそう。


必ず今までにない新作を発表してくださる事に、こちらも襟を正さねば!という気持ちになります。


まだまだご案内したい作品がたくさんありますが、続きはステージで!
2年ぶりの真木香さん真木雅子さんの展覧会。
夏の木漏れ日の中で新しい「織り」と「籠」の世界を是非楽しんで下さい。
お待ちしております!   (本間)


真木香・真木雅子
「織る・編む・夏の布と籠」展
7月28日(木)~8月3日(水) 最終日は午後5時までとなりますDSC_5164.jpg

最新のお知らせ

月別のお知らせ