ステージだより

2016年7月14日
アトリエ小市「愉快な銅具展」始まりました!

DSC_4581.jpg昨夜の雨も上がり今朝はピカピカの太陽が顔を見せました。
そんな中ステージでは「アトリエ小市」河合悌市(かわいていいち)さんの展覧会が始まりました。私たちはアトリエ名の「小市さん」(こいちさん)とお呼びさせて頂いています。
小市さんは八ヶ岳倶楽部創立メンバーのお一人、倶楽部にまだレストラン棟しか無くその半分がギャラリーだった頃からずっとご紹介させて頂いております。

DSC_4516.jpg喫茶カウンターの暖簾の上、ママさんこと柳生夫人がフルーツティーや珈琲を淹れている時代から飾っています。
ご存知の方も多いかもしれませんね!?


さて小市さんの個展の題名になっている「愉快な銅具展」。
そうです、作品は金属の「銅」を使います。銅の作品というと銅鍋や銅花器でイメージする均一な打ちだしをイメージされませんか?!
小市さんの作品はそんなイメージとは違います。猫やカエル、お魚など沢山の生き物がでてくるのが小市さんらしい作品。

DSC_4540.jpgDSC_4530.jpgDSC_4547.jpgDSC_4543.jpg中にはいたずらっぽい子がおり思わずクスッと笑ってしまい、ステージを訪れた方を笑顔にしちゃいます。
純粋なオブジェの作品は他の誰でもない小市さんらしいもの。
また実用性のある作品も多くフックや蚊やり、ジョウロなどもありますよ。

DSC_4550.jpgDSC_4528.jpgDSC_4523.jpgDSC_4529.jpg花生けではゴージャスなお花だけでなく道端に咲く、ささやかなお花も生き生きとして雰囲気がでます。
良く見ると落ち着きがありシックな雰囲気。

DSC_4558.jpgDSC_4564.jpgDSC_4569.jpg
「愉快」とはとても深い意味があり、「豊かさ」をも感じさせてくれる小市さんの作品なのですね!


今回のDMに書いて下さった小市さんのメッセージをご紹介します。

DSC_4539.jpg
「浜松の工房で銅を材料にして、たたいて、つぶして、穴あいた。
まげて、ひねって、折れちゃった。
わがまま、きまま、ありのまま、こんな毎日に田舎のセンスがプラスされたインテリアグッズ。
野の草花が似合う花生けを中心に暮らしの道具を作りました。
楽し~い遊び心溢れる小市のがらくたをお楽しみにください。」

DSC_4572.jpg
ユーモアがあるけど飾らないお人柄、そして作品づくりに対してとっても生真面目。
そんな小市さんに、お客様もスタッフも皆ファンになってしまいます。
夏の木陰の中、愉快な道具たちとそして小市さんに是非会いに来て下さい!(本間)


アトリエ小市 河合悌市 「愉快な銅具展」
7月14日(木)~7月20日(水) 最終日は午後5時までとなります

DSC_4591.jpg

最新のお知らせ

月別のお知らせ