八ヶ岳倶楽部 > ステージだより > 2016年6月の記事

ステージだより

2016年6月30日
無垢 ニットと写真展 "夏"がはじまりました!

DSC_4158.jpgキラキラした夏の太陽を想像し梅雨明けを待っている方も多いのでは!?
八ヶ岳倶楽部の雑木林に時折出てくる太陽の光が射しこむと、それは本当に美しく本格的な夏が待ち遠しい気持ちになります。
ステージでは無垢さんの夏展が始まりました。


カットソー.jpg暑い夏ほど肌に優しく着心地の良さを求めたくなるもの。
無垢さんの綿100%のカットソーやTシャツは袖を通した瞬間からその着心地の良さを感じて頂けます。

カットソー種類.jpg配色やデザインの豊富さも魅力で、中には伸縮する素材をつかったものもあり、本当にデザインが行き届いています。

伸縮.jpg

また着色は裁断縫製の後釜で染める方法をとっています。

カットソー色違い.jpgお洗濯で伸び縮みする事がほとんどなく、着るたびにからだに馴染んできますよ。
発色のよい色使いは元気がでる様。

また少しシックで落ち着いた色があるのがおわかりでしょうか?
元々グレー地のものを染めているから落ちついた雰囲気に仕上がるのですね。

袖.jpg新しいデザインも増えております。無垢さんのTシャツで夏を爽やかに過ごしてください!

Tシャツ2枚.jpg


ニットトップ.jpgそして、無垢さんといえばニットです。
糸をそめるところから始まり1点1点職人さんが編みあげていきます。

繊細なデザインで丁寧につくられた無垢さんのニットもまた着心地が抜群。
着る人の個性がきちんと現れるところが無垢さんのニットの魅力です。

カットソーと写真.jpg夏の新作はノースリーブ。
幾重にも染められた糸が絶妙に組み合わされ鮮やかな表情が表れます。

ノースリーブ.jpg色違い.jpg
どのニットもほんの数枚だけ作るのですが、こちらは正に1点のみ。
そのかわり配色違いはご覧のとおり豊富。
これには、スタッフもお客様も興奮気味。どの1点が素敵か?!似合うか?!
皆凄く楽しそうに選びます。
緑里さん.jpg標高1,360メートルの八ヶ岳倶楽部、たとえ夏でも朝夕は気温が下がります。
高原で過ごすと夏でも肌寒く感じる事もありますよね。
そんな時におしゃれなニットを自分らしく着こなせたら素敵だとおもいませんか?!

ニット色違い.jpg素材は綿100%や綿と麻を組み合わせたものあります。
夏にも似合いますが、春や秋、冬にも着られる着たくなるニットもあり長く楽しんで頂く事ができますよ。

DM.jpgステージにはデザイナーの無垢さんが撮る写真を展示しています。
自然の中にある色は何て鮮やかで繊細なんだろう感じるのは私だけではないはず。
無垢さんのニットづくりが写真からも感じられます。

是非無垢さんのニットと写真展に遊びにいらして下さい。(本間)

写真桃.jpg写真黄.jpg


■無垢 ニットと写真展 夏
6月30日(木)~7月6日(水) 最終日は午後5時までとなります

2016年6月18日
和田隆彦 鍛金展 「鉄のしごと、鉄と暮らす」

雑木林ではいよいよコアジサイの花が咲き始めました。コアジサイは匂いのするアジサイ。
雨上がりは林じゅう良い香りが広がります。
そんな中ステージでは和田隆彦さんの鍛金展が始まりました。

DSC_3774.jpg鍛金とは金属を金槌で叩いて形づくる技法です。鉄を使うと鍛鉄とか鍛造とかという言い方もある様です。
和田さんは主に鉄や銅を使い作品をつくる作家さん。そして八ヶ岳倶楽部創立メンバーのおひとりでもおられます。

DSC_9809.jpgご存知の方も多いかもしれませんが、八ケ岳倶楽部の看板はほとんどが和田さん作のもの。
ギャラリーの漆喰の壁に映えるこちら、記念撮影された事がある方もおられるのでは!?
レストランの正面玄関も、雑木林口のサインもそうです。どれも鉄らしい力強さと繊細さがあります。
DSC_9807.jpgDSC_9812.jpg創立メンバーですからもちろんステージも初年度からご登場頂いています。
今年もまた作品が充実している和田さんの展覧会、少しずつ作品をご紹介いたします!


DSC_3761.jpg新作はまるで森の芽吹を表現した様なコンソールテーブル。
植物のしなやかさが鉄で見事に表現されています。

DSC_3765.jpg作品の種類は様々。テーブルや椅子は鉄らしくどっしりとした安定感があります。
また鉄には強度がある為、他の素材よりもうんと細い線で表現する事ができるのですね。
視線が奥に抜ける為圧迫感が軽減され、空間が引き締まった感じがします。

ガーデン用、エクステリアも和田さんの得意な分野。
鉄はそのままでは錆びる素材。その為屋外で使うものは亜鉛メッキを施してから塗装を行います。

DSC_3755.jpg
銅は雨樋に使う位水に強い素材。こちらのポストはもう20年近く展示している作品ですが、郵便受けの銅ともマッチしていますね。

DSC_3803.jpgガーデン用の椅子では座面に木を使い座り心地を良くし、材料もイぺなど水につよいものが使われ工夫が凝らしてあります。

亜鉛メッキしたままにしてある作品もあり、使い続けたときのマットな質感が好きと言う方もおられますよ。
DSC_3752.jpgDSC_3836.jpg


DSC_3768.jpg花器もまた鉄の繊細なラインが植物と作品両方を活かしてくれます。
人が花束を抱える様にデザインされた「人型花入れ」どの角度から見ても美しく感じます。
卓上用のものもあり、サイズも豊富です。

DSC_3824.jpgDSC_3818.jpg



和田さんの作品はどれも好きですが、ムードのあるランプもそのひとつ。

DSC_3777.jpg
DSC_3793.jpg
DSC_3783.jpg灯りが灯る事で柔らかくのびやかなライン、優しいラインがより一層際立ちます。
また金槌で叩いた跡が浮かびがり、そんな事も楽しめる作品です。


DSC_3797.jpgポストでご紹介しましがが、鉄の他に銅を使った作品がございます。
山型の花器は定番の作品。完成された形は時間がたっても古臭くならずどの時代も人気の作品。
口元が細くすぼまっているので上手く使うと花がピタッととまりますよ。

DSC_3828.jpgDSC_3831.jpg壁掛けの花入れも銅製。表面が微妙に膨らんでいるのが分かりますか?!和田さんの繊細さを感じさせる部分ですね。



DSC_3753.jpgこちらは今朝取り付けてくれた枕木のベンチの背もたれ。白樺の幹の色が引き立って、木洩れ日が心地よさそうにベンチへ誘います。
コアジサイの咲き始めた倶楽部の林を散歩しにいらしゃいませんか?

DSC_3757.jpg(写真左が和田隆彦さん、右はご存知ステージの顔、緑里(みどり)さんです)
ステージに寄られたら、是非和田さんのベンチで記念撮影をされて下さいね。
私がカメラマンしますので、お声掛け下さい!(本間)


DSC_3790.jpgザンスカール工房~和田隆彦~
「鉄のしごと、鉄と暮らす」鍛金展
6月18日(土)~6月29日(水)
最終日は午後5時までとなります

2016年6月10日
森のガラスとジュエリー展 あしたば硝子工房×もりのわ工房

梅雨に入った八ヶ岳、しっとりとした森が美しく、

昨日まではストーブもまだ焚いている寒さでしたが、今朝は真っ青な空♪快晴の朝となりました!

そんな日にぴったりの展覧会が本日より始まりました!八ヶ岳の夏をひと足早くお届けいたします。

"森のガラスとジュエリー展"あしたば硝子工房×もりのわ工房作品展のはじまり、はじまり~!!

DSC_3578.jpg


まずご紹介いたしますのは、安本善博さん、東山千昭さんご夫妻の"あしたば硝子工房"さんから♪

さてさて安本さんの今年の作品は、どんなものが登場しているのでしょう!

(お写真は安本さん。奥さまの東山さんは日曜日にいらっしゃる予定です!)

DSC_3500.jpg


安本さんはガラスの表現できる世界を探求し、いつも私たちを"ほぉ~~~!!""うわ~!!"と驚かせて下さいます。

そして、作品テイストの幅がとても広いのにも驚かされます。

例えばこんな感じに・・・

DSC_3402.jpgDSC_3375.jpg

DSC_3412.jpgDSC_3521.jpg


ガラスの魅力をさまざまな表現で届けて下さる安本さん、他にもこんな作品をご紹介いたします。

暑い夏に冷たい飲み物を頂く際は、ぜひこのピッチャーで^_^

美しいフォルムは勿論の事、とってもありがたい心くばりの一手間が。

ピッチャー注ぎ口のデザインは、氷を入れた飲み物を注ぐ際、氷が飛び出さないようにしてくれます。

美しくも機能的。

安本さんらしいひと品です。

DSC_3516.jpg


夏と言えば冷酒の美味しい季節♪という方もいらっしゃると思います。

そんな方にいつも人気なのが安本さんの酒器です。

涼やかな印象のもの、和食器にも溶け込む存在感たっぷりの重厚な作品、やはりここでも安本さんの作風の広さを感じさせられます。

DSC_3486.jpgDSC_3399.jpg


続いて奥さまの東山千昭さんの作品をご紹介いたします。

東山さんの作品は、軽やかで可愛い作品がいっぱい!!

色彩の美しさ、デザインのかわいらしさは思わず手に取ってしまうものばかり。

DSC_3586.jpgDSC_3527.jpg


今回私が思わず"ハッ!"と息をのんで見惚れた作品がこちら。

早朝の森に差し込む光を通して、何と美しい影が伸びるのでしょう!

テラスでの夏時間のお共に、ぜひ使ってみたいシリーズです♪

DSC_3437.jpg


そして夏と言えば耳からも涼を。

色とりどりの、種類も豊富な風鈴たちは、一点一点音も聞いて選んで下さいね♪

DSC_3604.jpg


さてお次にご紹介いたしますは、"もりのわ工房"さんご夫妻。

ジュエリー作家の渡辺保男さんとガラス作家の渡辺仁芳子さんです!

それぞれの作品、お二人でつくってゆかれるもの、併せてご覧いただけます。

DSC_3489.jpg


ジュエリー作家、渡辺保男さんの作品は丁寧に、一打ち一打ち仕上げられてゆきます。

大人の似合う世界を感じる保男さんのジュエリーは、いつもいつも私の憧れです。

見た目とは違う手に取った際のなめらかな軽やかさは、驚きの体感です。

時を超えても使い続けられる、そんな思いで向き合える作品たちです。

DSC_3473.jpgDSC_3572.jpgDSC_3590.jpgまた、ご自宅に眠っている宝石たちのリメイクもしてくださる渡辺保男さん。

大切だけれど、引き出しの奥深くに眠ってしまっているジュエリーに新しい息吹を与え、

今一度使う人の思いを大切にくみ取り使えるようにしてくだる保男さん。

素敵なストーリーがたくさん生まれていそうですね。


最後にご紹介いたしますのは、ガラス作家であり、奥様でもある渡辺仁芳子(にわこ)さん。

仁芳子さんのガラスのジュエリーは、ギャラリーでも年間ご案内をさせていただいているので、ご存知の方も沢山おられると思います。

女性をより一層輝かせてくれる仁芳子さんのガラスのジュエリーは、どんな装いにもぴったりくるのが嬉しい不思議。

ついつい毎年求めてしまう、、、そんなお声がいっぱいです。

DSC_3594+1.jpg


そして、今年の新作は・・・

なんて素敵なんでしょう!!森にぴったりなこちらの作品は「葉っぱと雫」

チョーカー、ブレスレット、ピアスにイヤリング、そしてブローチとおシリーズでおつくり下さいました。

お二人が生み出す可憐な美しさは女性の憧れです。

DSC_3454.jpg

DSC_3458.jpgDSC_3459.jpg


仁芳子さんのガラス作品のダイナミックさと発想にも毎回驚かされます。

今回もご紹介しきれないほど沢山の世界を届けて下さいました。

DSC_3482.jpgDSC_3582.jpgDSC_3420.jpgDSC_3428.jpgいつも人気の"旅する魚"シリーズや小鳥のグラスもご用意しています。


まだ若い緑が美しい雑木林の初夏、そんな森と共に、贅沢な4人の作家作品をご堪能下さいませ。

DSC_3566.jpg「森のガラスとジュエリー展」

あしたば硝子工房×もりのわ工房

6月10日(金)~6月17日(金) 最終日は午後5時までとなっております

2016年6月 3日
名村仁さん「彩色組み絵展」が始まりました!

DSC_3276.jpg標高1,350メートルの八ヶ岳倶楽部の雑木林もすっかり初夏の風景になって参りました。
小鳥の巣箱からは雛たちが巣立ちはじめ、森の中からはエゾハルゼミの声が聞こえてきます。
そんな中ステージでは名村仁さんの「彩色組み絵展」が始まりました。

DSC_3254.jpg
鮮やかな色使い、描かれている絵を見ると懐かしい気持ちや、ホッとしたた気持ちになります。
そしてきっと笑顔になってもらえる様な、そんな作品です。


DSC_3272.jpg「彩色組み絵」(さしょくくみえ)という名前を初めて聞いた方も多いと思います。
絵の材料は「木」。色の違う部分は糸のこで切って一度バラバラにしたものです。

DSC_3258.jpg
部品はひとつひとつ面取りをし、色を塗りまるでパズルを作るかの様に組み上げていきます。
面取りされた部分に陰影が表れ立体的で存在感がでます。


DSC_3236.jpg絵の題材は様々ですが生き物が出てくる事、人の存在を感じるところは共通しています。
畑で種をまく人自転車に乗る人、小鳥・・・家の煙突からは煙がでています。

その時々の季節感を感じられるのも名村さんの作品の魅力です。

DSC_3241.jpg山に少しだけ残る雪、田んぼの色。


DSC_3243.jpg雲のかたちは季節の移り変わりをすごく感じますよね。


DSC_3277.jpgDSC_3280.jpg夕日の中で赤とんぼがより一層紅色に染まります。


DSC_3260.jpg今年の新しい表現でもあるこちらの作品。
曇った窓ガラスを手でこすって外の景色を見る仕草・・・。
外は雪景色。ヴァイオリンの音色が聴こえますか?!


DSC_3239.jpgDSC_3259.jpg


夜の絵もまた良い雰囲気がでていますよ。シックですが決して暗い絵ではなく、夜の静けさや澄んだ空気感などが肌で感じられる様です。
DSC_3265.jpgDSC_3250.jpg

詩が付けられた絵もあり、これも作品の一部です。

DSC_3235.jpgDSC_3292.jpg初夏にピッタリの名村さんの展覧会。
梅雨入りの前にぜひ遊びにいらして下さい。お待ちしております!  本間


DSC_3244.jpgDSC_3252.jpg名村仁
のやまへゆこう「彩色組み絵展」
6月3日(金)~6月9日(木) 最終日は午後5時までとなります

最新のお知らせ

月別のお知らせ