ステージだより

2016年5月18日
アトリエJunko「テーブルウェア展」が始まりました

DSC_2606.jpg雑木林の木々は日に日に葉を大きく広げています。お花の開花もミツバツツジからヤマツツジへと移り変わってきましたよ。

お待たせしました!アトリエJunko 赤松純子さんのヨーロッパ直輸入「テーブルウェア展」がスタートしました。

DSC_2553.jpg会場には幾つかのシーン別にコーディネートされたテーブルとアイテムが展開されています。
会場に入って直ぐのテーブルは大きな鏡がセットされ春、初夏の雑木林の風景が映り込み森と一体に!

DSC_2638.jpgその他にはエレガントなテーブル、リゾートらしいテーブル、海やガーデンパーティーをイメージしたテーブルやコーディネート、大小20くらいのシーンがご紹介されています。

DSC_2565.jpgDSC_2582.jpg


赤松さんは他のステージの作家さんとは違い、自ら世界中を歩き回ってテーブルウェアを輸入される方。そのウェアをテーブルコ―ディネートと共に紹介して下さいます。
赤松さんの感性で選ばれたウェアたち。素材やデザインはもちろんメーカーや職人さんがどんな情熱や愛情をもって作っているか、そんなストーリーまでもが品物の一部。お話しを聞いていると本当に感動し、赤松さんのそのお人柄にファンになられる方がとっても多いのです。
コーディネートがとっても素敵。上品で優雅なのに決して息苦しさや華美な感じを受けないから不思議です。

DSC_2531.jpg


DSC_2643.jpgこちらはフランスリモージュの器です。
白磁に鉱物釉を焼きつけ、東洋を思わせる磁器を発信しているブランドだそうです。
洋食器としては珍しい貫入施しややつや消しの「クラックドシリーズ」はシックな仕上がり。

DSC_2633.jpg同じブランドの「ミッドナイト」では和食器の焼締めの様な風合いが魅力的です。


DSC_2618.jpgDSC_2620.jpg格調が高く伝統的でどの時代でも古くならないこちらの食器はドイツのブランドです。
優しいグレー色はハンドペイントによるもの。ドイツらしいきちっとした仕上がりが好きと言う方もいるのでは?!
プレーンなホワイトは他と組み合わせやすそうですね。


DSC_2610.jpgDSC_2613.jpg15世紀、ベニスで製作されていたデザインの復刻グラス。
宙吹きで造られたこだわりのグラスはチェコ製です。
薄く色づいたガラスがデザインととっても合っており、またラインナップも充実しています。
DSC_2621.jpg


DSC_2623.jpg銀器もフランス、イタリア、ドイツのブランドがありますが、お国柄が何となく分かる気がして不思議です。
自分の好きなブランドや国などが分かるかもしれませんね。

DSC_2589.jpgまだまだご紹介したいのですが、続きは店頭で!
会期中赤松純子さんもいらっしゃいます。是非一緒におしゃべりしながらお気に入りのテーブルウェアをお選び下さい!(本間)



DSC_2603.jpgアトリエJunko 
「テーブルウェア展」
5月18日(水)~6月2日(木) 最終日は午後5時までとなります

最新のお知らせ

月別のお知らせ