八ヶ岳倶楽部 > ステージだより > 2015年10月の記事

ステージだより

2015年10月30日
"風景に愛を込めてブライアンの目"ブライアン ウイリアムズ絵画展

雑木林の紅葉も後半の輝きを放っているこの頃、森の中のステージでは、素晴らしい展覧会が始まりました!

南米ペルーで生まれ育ち、16歳で渡米した青年は、その時から画家になる事を目指し、

22歳の時にリュック1つ背負って、片道切符で日本にやってきました。

そうしてそのまま日本に滞在し、43年目。

そしてなんとこの夏には、お宅の屋根を、藁ぶき屋根になさったとか!!

立派な藁ぶき屋根の写真に、日本人の私たちも、思わず感嘆の声をあげてしまった、こちらの方はと申しますと、

滋賀からやってきて下さった、お人柄もチャーミングな、ブライアン ウイリアムズさんの絵画展覧会のはじまりです!!

DSC_5910+1.jpg

DSC_5905.jpg


さて、ブライアンさんの作品、何方が描いたか知らずに観た場合、まず驚くのがこの絵を描かれたのが日本人ではないということ。

日本人でさえ忘れてしまった、忘れてしまいそうな、日本の「原風景」、里山の風景が目の前に広がります。

美しいなあ、懐かしいいなぁ、ほっとするなぁ、と日本人が感じる風景を、ブライアンさんは切り取り、描かれます。

"この景色を切り取るんだ!"と観る者をハッとさせる絵にも度々出会います。

一点一点、里山の風景から感じるものは、「季節感」「温度」「匂い」など、こちらの五感に働きかけるものばかりなのです。DSC_5885.jpgDSC_5888.jpgブライアンさんは、日本の原風景を描きながら『"新"原風景』を描き残すことを、今とても大切にし、制作活動をしておられるそうです。


そして、ブライアンさんの絵からは、ご自身が伝えたいと思っていること、

「光」

「空気」

というその場での「臨場感」がそのまま私たちに届きます。

「風景が一面ピンクに染まる一瞬が美しすぎて・・・」

「海に沈みゆく、全身が黄金に染まる夕陽の時間」

「秋晴れの太陽の輝く眩しい瞬間」

「凛とした空気の中での冬の光」などなど、、、どの絵も、その場に自分が立ってるように、

更には、その場で感じるであろう、包み込まれた感動と至福感さえも絵から感じてしまうような作品なのです。

DSC_5883.jpgDSC_5873+1.jpgDSC_5879.jpgDSC_5892.jpg


さて、ブライアンさんの絵の世界の素晴らしさが伝わってきましたでしょうか?

そこで更なる驚きの表現方法をご紹介いたします!

ブライアンさんは、絵を描き表現する際、「直線は自然に反している」

「美しい臨場感は曲線で表現されてるものだ」との思いから、とうとう描くキャンバスを曲面に!絵の形も曲面で表現することをご自身で生みだされました。

人の瞳も「球」で「曲面」でしょう?見えている風景も平面ではないのだから、と、湾曲した木の素材に描かれる絵画は、その名も『曲面絵画』

世界でこのような方法で絵を描いて居られるのは、ブライアンさんだけだと思います。

その臨場感は、ぜひ!会場で感じて頂きたい、不思議の体験なのですよ。

例えばこのダイナミックな闘牛の曲面絵画。

目の前に立つと、右の闘牛の砂が飛んできそうなダイナミックな迫力、頭と頭を突き合わせて闘う凄まじい勢い、そういったものがこの曲面絵画で、より臨場感たっぷりで私たちに届くのです。

DSC_5852.jpg

DSC_5841.jpg例えばどの位、曲面かというと・・・

こんな具合に。

DSC_5843.jpg


八ヶ岳俱楽部のある、北杜市長坂の風景もこのような「曲面絵画」に。

DSC_5849.jpg


他にも曲面絵画から、京都「本法寺」の春夏秋冬4点セットの作品もご覧ください。

「春」DSC_5859.jpg「夏」DSC_5861.jpg「秋」DSC_5862.jpg「冬」DSC_5864.jpg


面絵画の他、水彩画の作品の数々も素晴らしく、出会った人の心を掴んでしまいます。

水彩画はその場で下書き無しで、紙の上で色をつくりながら描いてゆかれるとのこと。

今回私が心魅かれるのは、「冬」の景色

ブライアンさんの冬景色は美しさと凛とした空気を感じさせる、「明るい光」を感じる冬なのです。

DSC_5871.jpgDSC_5870.jpg


ブライアンさんに、訪ね描く場所はどうやって選びますか?

とお訪ねしてみたら、「むこうから(場所)から選ばれて描く」ことが多いんだよ、とのこと。

"名所"より『名一瞬』に心を惹かれるんだ、と、そしてそれを捉えて描く事を大切にしているとブライアンさん。

出会った一瞬、一瞬の感動を形にしてゆかれるのですね。

また、「絵を描くこと」は、『非科学的な自然の研究』で、小さな自分、小さな己が自然の中でハートで感じて把握をしてゆき、自然といっしょになってゆく事なんだと思う、とのお話でした。

みなさんはブライアンさんの絵を見てどう感じますか?


DSC_5872.jpg

秋の終わり、紅葉最終章のステージにて、ぜひ「ブライアンの目」を通して描かれた景色を体感しにいらして下さいませ。

(中村)

『風景に愛を込めて~ ブライアンの目

曲面絵画、油彩、水彩画展」

10月30日(金)~11月5日(木)

10:00~19:00

※最終日は午後5時までとなっております。

2015年10月23日
田原良作~良工房~ 彫刻家具展・秋

紅葉が最高の見頃を迎えています。
サーモンピンクと様々な色があり、まだ緑色の葉っぱが残っているので本当に見応えがあります。
そんな中ステージでは田原良作さんの「彫刻家具展・秋」がスタートしました!
DSC_5639.jpg
彫刻家具・・・ちょっと聞きなれないジャンルだと思いませんか?!
田原さんは彫刻家。多摩美術大学の彫刻科を卒業後フランスへ渡り作家活動をしていました。
作品のテーマは人間の内面を追求した時代から、形そのものを追求した時代(田原さんの言葉を借りれば「目で見る形じゃなく、鳥なら心で受け取る鳥の形。木の芽が芽吹く時の生命力のフォルムみたいな・・・」)と移り変わりがあったそうです。

日本に帰国後、母校の非常勤講師を務めながら作品づくりをしていました。
ある時モデルルーム用のオブジェやテーブルの仕事の依頼を受け制作すると、そこで家具の評判があがり注文が沢山入り、遂には彫刻をつくる時間が無くなったそうです。

ニューヨーク美術館から作品が欲しいと言われた事もある田原さんですから、純粋な彫刻をつくる時間が欲しかった事でしょう。
これで最後!という家具の展覧会を開きました。がしかし、そこでも作品が完売し注文をとる・・・、とこれはもうやめられなくなったそうです。
こうして、私たちは今でも田原さんのつくる家具に出会う事が出来るのです。


さて、それでは彫刻家具の魅力に迫っていきましょう。
まずその曲線美
思わず触れたくなるような、そんな曲線を描きだしており・・・
DSC_5661.jpg
ところどころ施された彫刻がアクセントになっています。


DSC_5673.jpg
どうやってこの立体をつくりだすのでしょうか?

一本の木を彫りだしても作れますが、それだとヒビが入りやすかったり強度的に弱いところが出てきてしまいます。
そこで接着剤で木を接着し修正材の塊をまず作ります。
DSC_5649.jpgその材料をノミやベルトサンダーなどで削り徐々に形にしていきます。
(作り方もやはり彫刻的ですね!)
機会や道具が入らない場所は手でやすりをかけます。最後やはり手でやすりをかけ、やすりの目を細かくしていき仕上げます。
DSC_5640.jpg田原さんの家具の特徴はどこを触っても角が無いところ。
目からも手触りからも感じ取る事ができます。
椅子の脚の付け根の部分でもこんなに滑らか!
DSC_5655.jpg形の柔らかさに加え、木という素材も優しさを醸し出しています。
ただ一言にいってもその材料も様々。材料の豊富さも田原さんの作品の魅力です。
DSC_5713.jpgDSC_5714.jpgDSC_5709.jpgマーブルウッド.jpg写真上段からチーク、アカジュ(アフリカンマホガニー)、アメリカンチェリー
一番下の写真はマーブルウッド。木の根っこの部分木目がとても入り組んでいる材料です。
作品に適した材料、また材料の個性を汲み取って作品が生み出される事もあります。


今回会場のまん中に登場したテーブルをご紹介します。
DSC_5667.jpg材料はブビンガサペリです。とっても厚みがある天板が存在感抜群です。
厚みのある材料はいかにも贅沢にみえますが、それだけではありません。
食器を置く時に「こつん」と落ち着いた音、触れた時の安定感ある感触、薄い天板ではこれは伝わってきません。

テーブルのコーナーには彫刻が施されています。ノミの跡が残ったデザインは珍しく、私も初めて拝見しました。
DSC_5669.jpg


田原さんの手にかかると木でつくる花器もダイナミックで繊細になります。
DSC_5677.jpgガラスの部分は手吹きガラス作家さんに特注してもらっています。
雫の様なデザインにも見えませんか!?
DSC_5678.jpg


田原さんの椅子が大好き!という方も多いのでは!?
常に身体が触れる道具ですから、田原さんの真骨頂を味わうには最適なアイテムと言えます。
DSC_5701.jpgDSC_5706.jpg様々なデザインがあり、身体にそしてライフスタイルにぴったりはまる椅子がきっと見つかります。
椅子のデザインは千差万別。装飾の美しい椅子があったり、人間工学の研究が詰まった機能的なもの。中には座る事よりも見た目の面白さを追求したデザインまで。
田原さんの椅子を見ると「どうぞお座り下さい」という優しい感じが伝わってきませんか!?

そして今回、ロッキングチェアが物凄く充実しています。
薪ストーブの隣でロッキングチェアに揺られたら気持ちが良いでしょうね。
DSC_5693.jpg


大きな家具だけで無く、小物も充実してます。
カッティングボードも素敵でオススメ。
パレット型のタイプもあり、私は表をお皿がわりに、裏はカッティングボードとして使っています。
DSC_5680.jpgバターナイフも使いやすくデザイン的です。
写真左は立つバターナイフ。人の横顔の姿にも見えます。
右は鳥バターナイフ。使わない時はテーブルの上でオブジェにもなりますね!
尻尾の角度などひとつひとつ表情が違って楽しいです。
DSC_5688.jpg

このバターナイフは材料を大切にする田原さんならでは、の作品です。
家具を作る時に出てくる端材を使っているんですね。

そして・・・今回嬉しい企画のお知らせです!
バターナイフだけでなく端材を使った家具が登場。その名も「もったいないコーナー」!DSC_5728.jpg
しかもテーブルやリンゴ椅子の価格が10万円(税別)!
(写真の中の器や鳥のオブジェは別価格です)
端材といってもどれも立派な無垢材。貼り合わせるだけ手間が掛っているようにも見えますが・・・。
木にも人にも優しい田原さんからのプレゼントです!


美しい紅葉と田原さんの彫刻家具展・秋
是非、見に、触れに、感じにいらして下さい!(本間)
DSC_5626.jpgDSC_5737.jpg
田原良作~良工房~
彫刻家具展・秋
10月23日(金)~10月29日(木)
※最終日は午後5時までとなっております。



2015年10月16日
棚機津女(たなはたつめ) 裂織ちゃんちゃんこ展

紅葉真っ最中の森のステージ、

日に日に景色が変わる雑木林の中で、たて糸とよこ糸が織りなす、美しく物を大切にする日本人の知恵、裂織の展覧会が始まりました!

元気印の織姫様、棚機津女さんの登場です!!

いつも初日に駆け付けて下さるお客様と共に、紅葉の森から、展覧会のご紹介です!

DSC_5231.jpg


裂織ってなあに?という方も居られるかもしれません。

物を大切にする昔の日本人、着物が擦り切れればツギあてをし、更に擦り切れてしまい着れなくなったら、その布を裂いてよこ糸にし、再び布に織りあげ、ちゃんちゃんこなどの衣服に再生して着用していました。

防虫効果のある藍染めの木綿素材のものは、箪笥の中に入れたり、雑巾で最後の最後まで使う日本人の知恵。

そんな「日本人の知恵」を現代の私たちが使うなら、、、と作品にしてくださる棚機さん、

色の魔法使いだな・・・と今回もわくわくする作品が沢山届きました!

DSC_5181.jpgDSC_5187.jpgDSC_5185.jpg


さて今年もたくさんのコートが登場しました!

この新作どう?と棚機さんがご紹介くださったのが、白のシルクの裂織コート。

とっても上品でひときわ存在感が違う素敵な一着です。

こちらの白のシリーズは、他にもジャケットとロングコートがある、今回一押しの新作なのです。

DSC_5210.jpg

そして、私が今回とっても心魅かれたこちらのフード付きのコート。

色といい、形といい、物語の中に出てくるような一着、

紅葉の雑木林にも良く映えます。

DSC_5206+1.jpg

そして最後は、毎年一着限定でしか制作出来ない、大島紬で織りなした、裂織のコートです。

去年も早い時点でお嫁入りした、毎年特別な一着です。

軽くて暖かで、とってもラインが美しいコートなのですよ。

大人の女に着て頂きたい、素敵な逸品です。

DSC_5219.jpg


そして、"ちゃんちゃんこ"と呼んでよいものか?と思う、棚機さんの素敵なベストたち!

今回も特別な一枚一枚が勢揃いの本日、ちょっとご紹介したいのが、このミニベスト♪

「子供用ですか?」と聞かれますが、いいえ、大人用なのですよ♪

ワンピースに、パンツスタイルにと、とっても便利でかわいいミニベストです。

私も着ていると、「素敵なベストね!」とよくお声を掛けられる、作品です。

DSC_5270.jpg


男性ものも、こんなに素敵なものが!

お二人とも、お似合いです^_^

DSC_5249.jpg


ちょっと個性派の上着なんかも、きっとぴったり似合う方が居るはずです。^_^

DSC_5182.jpg


毎年登場するお帽子も、今年はベレーだけでなく、フェルトの帽子が登場し、とってもエレガントで素敵な世界が広がっています。

裂織をどんなアイテムにもしてしまう棚機さんの感性がとっても素敵です。

そして本日初日に、駆け付け到着したのがこちらのお帽子。

棚機さんの裂織の生地をあしらって、棚機さんのご友人の帽子作家さんが作品を届けに来て下さいました!

素敵っ!!

DSC_5257.jpgDSC_5252.jpg


ちょっと、

いえ、とっても楽しい小物も充実の棚機さんの展覧会♪

今回はなんと!ブームはリボン♪♪♪

バッグに付けたり、帽子に付けたりと、ブローチ、ヘアアクセサリーの他、お財布、ポシェット、トートバッグなど、裂織が楽しく持てる小物がいっぱいです!

DSC_5282.jpgDSC_5287.jpgDSC_5294.jpg


今日、初日はこんな楽しい賑やかな風景も繰り広げられました!^_^

柳生博パパさんが、宗助店長に似合う裂織ベストを一緒に選んでいますよ~!

どれに決まったかは、今度宗助さんに会いにいらして下さいませ♪

DSC_5300.jpg


日に日に姿を変える、紅葉の雑木林の中、はしゃぎでいっぱいの棚機展へ、ぜひお出かけくださいませ。

街でもとても素敵に着れる、裂織作品が、皆さまとの出逢いをお待ち致しております!

(中村)

DSC_5289.jpg

DSC_5260.jpg

「棚機津女(たなはた つめ)

裂織ちゃんちゃんこ展」

10月16日(金)~10月22日(木)

10:00~19:00

※最終日は午後5時までとなっております。

 

2015年10月 9日
 無垢 ニットコレクション&写真展 秋・冬展

ステージから見る景色が緑一色から、少しづつ黄色や赤に染まる部分が出てきて、

これから来る紅葉に胸躍らせる今日この頃となりました。

さてそんな紅葉の月10月には、今年も春、夏展と素敵な作品を届けて下さった無垢さんの最終章、秋冬展がはじまりました。

いつも楽しみに楽しみに、初日に来て下さるお客様もたくさんの無垢展、本日もまさにその通りの始まりとなりました!

無垢さんのニットコレクション&写真 秋・冬展をご紹介いたします!

DSC_4889.jpg


今回も素敵な作品が勢揃い!

秋冬展がいつも楽しみなのが、素材の種類が増え、ニット作品の表情が沢山拝見できること!

今回も、ウールは勿論のこと、カシミア、モヘアなど、素材ならではの特徴が表現出来る作品が沢山。

今回のお勧めは何ですか?と、無垢さんにお聞きしたら・・・

こちらのキットモヘヤのセーター!!と^_^

手からすべり落ちるような滑らかな肌触りのこちらは、最上級のキットモヘヤを使用しており、光沢といい、たっぷりとしたタートルネックといい、とっても素敵なデザイン。

男女問わず来ていただけるデザインですので、ご夫婦で色違いなども素敵そうです♪

実はパパさんも気になる様子...の初日です^_^

DSC_4953.jpg


冬ならではの素材はモヘヤだけではありません♪

秋・冬展ではいつも大変人気の"カシミヤ"のセーターも、こんな奇麗な色で登場です!

軽くって、暖かくて、一度着ると手放せなくなる無垢さんのカシミヤのセーターです。

DSC_4858.jpg

色違いもシックで素敵ですよ!

DSC_4791.jpg


そして無垢さんのニットはいつもいつも、糸の"色"の組み合わせに感動します。

ニットを作る際、糸の色、一色一色から見本を用意し、丁寧にデザインをしてゆかれ、

手に取ってよおく見ると、一枚のニットに4,5種類の色の糸が使われているのが分かります。

細い糸を何色も重ねて編みなす事で見える色で、この無垢さんのニットの世界が生まれるのだなぁ、と感じるこだわりです。

DSC_4833.jpg


そして無垢さんの作品が出来上がるまでに活躍なさっているのが、無垢さんが糸の色からこだわり、デザインしたものを形にして下さる職人さん方

今では数が少なくなった大横機で熟練した職人さんが丁寧に丁寧に編みあげて仕上げられます。

中には80歳を過ぎた職人さんも居られるとか!そしてなんと、その職人さんしか編めないニットもあるそうです。

無垢さんと職人さんの真剣な作品を生み出す丁寧なしごとで、ニット一点一点が仕上がってゆくのですね。

DSC_4770.jpgDSC_4863.jpg


そして無垢さんはニットだけが人気ではありません。

毎回お伝えしていますが、ニットに合わせて着ていただける綿素材のカットソーも、特別に注文した生地を形作って後染めし、型崩れがしにくく、着心地抜群で大人気なんです。

色違いで数枚お求めになられる方も毎回いらっしゃいます。

さて今回の新色は、、、

やさしいシックなパステルカラーが秋・冬色が登場です!

DSC_4800.jpgDSC_4866.jpg


そしてこちらもご紹介です。 

無垢さんの素敵な写真作品の数々!

今日は、海外のお友達にお土産に!と沢山ポストカードをお求め下さったお客様も居られました。

ポストカードの売上金は、東日本震災復興の為の義援金として寄付なさっておらるのも、皆さまがお手に取られるきっかけの一つかもしれませんね。

秋の写真とポストカードも、ぜひお見逃しなく!

DSC_4844.jpg


秋の紅葉を日に日に感じる森のステージで、ぜひ素敵なニットと写真に出会いにいらしてくださいませ!

無垢さんご夫妻と共に、皆さまをお待ち致しております♪

(中村)

「ニットコレクション&写真展 秋・冬展」

10月9日(金)~10月15日(木)

10:00~19:00

※10月10日(土)は9:00~19:00、11日(日)、12日(祝月)は8:30~19:00

最終日は午後5時までとなっております。

DSC_4821.jpg

2015年10月 2日
小林秀幹展~いろとりどりの金属たち~

DSC_4460.jpg
標高1350メートルの八ヶ岳倶楽部。10月に入って一段と朝夕と昼間の気温差が大きくなってきました。
風で葉の擦れる音も乾いてきている様子。シルバーウィーク以降晴天率もあがり、ますます紅葉への期待が高まります。

そんな中ステージでは鍛金作家、小林秀幹(こばやしひでき)さんの個展が始まりました。


DSC_4299.jpg

 

 

 

 

 

 

DSC_4401.jpg


鍛金(たんきん)
という言葉、聞きなれないという方もいらっしゃるかも知れませんね。


簡単に説明すると鍛治屋さんのお仕事です。鉄や銅などの金属を高温に熱し(なます、という作業だそうです)
ハンマーで叩いて形作ります。
仕上がりはハンマーの跡が残り、
独特の質感を感じ取ることが出来るのが特徴です。


しかしながら秀幹さんの表現方法は、いかにも叩いて作ったという雰囲気のものとは一線を画します。

様々な表現方法を駆使し、鍛金、金属の奥深さを感じさせてくれます。その上「秀幹さんの作品だ!」と一目で分かるのが凄いところです。


さて、どんな表現方法があるのか

少しご紹介致しますね。
まず素材は「鉄」や「銅」「真鍮」などを主に使います。
「鉄は熱いうちに打て」という言葉がありますが、反対に「銅」は一度高熱の火にかけると冷めても柔らかいまま。
叩く事で密度が上がり硬くなるそうです。
ハンマーの跡が残るのが鍛金の特徴とも言いましたが、その上から模様を細かにつけた作品があります。

この作品はで造られた花器。作家さん自身て造った鏨(タガネ)で叩いて少しずつ微妙な模様をで覆います。
思わず手で感触を確かめたくなると思いませんか?DSC_4368.jpg



DSC_4341.jpg「鉄」は錆びる事から黒く塗装した作品を多く見ると思います。でもその特徴を活かしたこちらは、うっすらと錆びが覆った上からワックスを乗せてあります。黒く塗装した作品に比べると、柔らかく温かみも感じられます。









こんな方法もあります。DSC_4303.jpg
バーナーを使い銅をグツグツと溶けてくるまで熱すると表面がこんなデコボコになります。

こちらの作品はその後漆を焼きつけており、赤い部分はより赤くなり、黒い部分とのコントラストが面白いですね。
持ち手の部分は、金属だから出来る繊細な造りです。







象嵌(ぞうがん)はご存知の方もきっと多いはす。金属や螺鈿細工、木の家具でも良く見られる技法。

DSC_4306+1.jpg



金属は他の素材に比べると「色」の表現方法、自由度は決して高いとは言えないのではないのかもしれません。
しかし、秀幹さんの手にかかるとそんなハンデを全く感じさせません。

お馴染でもある緑青の色。これは意図的に発生させたものです。
DSC_4412.jpg人気の「果物のレリーフ」果物の部分はなんとを使っています。
色鉛筆がのりやすくする為にやはり鉄を錆びさせて表面に凸凹をつくる工夫がしてありました。
くだものレリーフ.jpg

「蕎麦ちょこ」では内側に麻布を貼り厚みを持たせ、漆が施されてあります。
目的にもちゃんと合った技法ですね。
DSC_4317.jpgのサムネイル画像



鍛金好きの方はオブジェが好きという方もきっと多いはず。
DSC_4327.jpg「流遷紋様鉄角」と名付けられた新作のオブジェ。
7枚の四角の鉄の板が弧を描きリベットで留められています。
「真鍮ろう」で描かれた金色の模様と真ん中の空間のせいでしょうか、、、宇宙の様なイメージを感じるは私だけではないのでは?!。





通り抜ける僅かな風を受け羽がまわる様子は、ずっと見ていても飽きる事がありません。
DSC_4383.jpg


鍛金作品は普段の生活にもきっと取り入れ楽しむ事ができます。
お鍋はそんな代表のひとつですね。毎回のお料理をいつも以上に楽しくしてくれそうです。
DSC_4419.jpg


花器もまた暮らしを豊かにしてくれる道具。

DSC_4301.jpg
DSC_4308.jpg


は水が腐りにくくお花が長持ちします。DSC_4445.jpg鉄の素材で出来た花入れでは、水を入れる部分に銅が仕組まれており、デザインのアクセントにもなっています。お水替えも手軽になりそうです。DSC_4443.jpg



DSC_4359.jpg他にも火鉢やベンチなどもあります。
素材の違う木の部分も作家さん自らが手がけていますよ。








「いろとりどりの金属たち」と名付けられた小林秀幹さんの展覧会。
素材、色、表情、技法、と正にいろとりどり。
ぜひ日一日と秋が深まるこの季節を感じながら、秀幹さんの作品を見に、遊びにいらして下さい。
DSC_4365.jpg小林秀幹展~いろとりどりの金属たち~
10月2日(金)~10月8日(木)
10:00~19:00
※最終日は午後5時までとなっております

最新のお知らせ

月別のお知らせ