八ヶ岳倶楽部 > ステージだより > 2015年8月の記事

ステージだより

2015年8月28日
二つの旋律~木の造形と染色展 吉田直樹×Studio羽65

000_0086+1.jpg

一年振りに登場です!

ギャラリーでもお馴染の"木で音楽を奏でたい"という作家、吉田直樹さん。

今日は染色と織りの作家さん、「Studio羽65」飯田竜子さんと山本さとこさんとの展覧会です。

さてさて、今回の吉田さんの作品は...

000_0003.jpg

今回、会場でひときわ存在感があり、"音楽に身をゆだねる"空気を生み出してくれるこちらのテーブルセット。

テーブルには三日月がやさしい光を放ち、音楽と共に在れるこちらの作品は、インテリとしても最高の逸品です。

「ハイバックライティングテーブル チェロ」¥286,200

「ハイバックチェア バイオリン」¥286,200


 

000_0068.jpg

そして今回は、素敵な新シリーズがもう一つ。

「静かな響き」と称されたシリーズは、バロック音楽時代の楽器(ヴィオラ ダ ガンバや、フルートトラヴェルソetc...)をモチーフに、木でコラージュをした作品です。

古(いにしえ)の音楽を思い浮かべる素敵な作品です。

その他にも、一枚の木から、まるで旋律の流れのように音楽をモチーフにしたレリーフパズル、「インテリアパズル」や、代表的な作品、「音楽の絵本」など、素敵な調べが響くような作品が並びます。

000_0071+2.jpg

特に「音楽の絵本」はファンの方も多く、好きな曲でオーダーが出来るのも、心くすぐる嬉しさです。

000_0047.jpg

今回わたしは・・・

ドビュッシーの「月の光」に心魅かれています。


3+1.jpg

さて、音楽を愛する吉田さん。

音楽の表現の場は作品だけではありません。

なんと、スピーカーをが楽器にみたててステレオセットもつくってしまいました!

「音楽の花束」と称されたこのステレオセットは、スピーカーにバイオリンやピアノの原理を応用した構造で、まるでその響きは楽器!!

特に弦楽器演奏の音の響きは、こんなにコンパクトなのに、それはそれは凛と美しいのです。

ステレオにこだわられる方が、オーディオルームの次に...と追加で他のお部屋用にお求めになられるケースも多いとか。

音楽好きな方同士の響きあいを感じます。


000_0088+2.jpg000_0021.jpg

さて、今回初登場の作家さんをご紹介いたします。

染色と織りの作家、「Studio羽65」飯田竜子さんと山本さとこさん

1980年創立から35年間、お二人で創作を続けて来られています。

自然からのインスピレーションを創作の源とし、季節のうつろいや自然の簡素な美しさを「記憶の森」として表現を試み、布の可能性に挑戦されておられます。

絹、麻、カシミアなど、さまざまな素材を活かし、天然染料で染め上げ、丁寧にたて糸とよこ糸で織りなす世界は、ひとつひとつが特別な作品です。


000_0033+1.jpg000_0031+1.jpg000_0040+1.jpg

染め上げ、織りなす作品は、ショールやバッグの他、タペストリーやテーブルウェアにもわたります。

日常の中で感じる事の出来る、お二人の「森の記憶」を連れて帰ってはいかがでしょうか。


000_0012+1.jpg000_0013.jpg八ヶ岳は、まだ8月というのに、すっかり秋の空気となりました。

気分はちょっと早い、芸術の秋

日が暮れゆく時間からゆっくり音楽に身を委ね、大人の時間に心を傾けてみませんか。

美しい調べの響く、秋の始まりのステージへ、ぜひお出かけくださいませ。

「二つの旋律~木の造形と染色展」

8月28日(金)~9月3日(木)

10:00~19:00

※最終日は午後5時までとなっております。

営業時間
8:00-10:00(ラストオーダー) 朝食タイム
10:00 レストラン通常オープン
19:00 レストランラストオーダー

★ギャラリー・ステージ・中庭
10:00-19:00


★お問い合せ★
八ヶ岳倶楽部 ステージ 担当 中村
TEL 0551-38-3395

最新のお知らせ

月別のお知らせ