八ヶ岳倶楽部 > 柳生直子 森からのたより > スタッフだよりの記事
2018年4月12日
倶楽部の森 おとなツアー担当の山田くん

やっと、フクジュソウが咲いたと思えば、、、

いま、倶楽部の森の土のうえには、カタクリが一斉に咲き始めました。

これから、5月には新緑を迎え、気持ちのいいシーズンが始まります!

そんな春がスタートする倶楽部では、森の案内ツアーも始まります。

まずは、おとなツアー担当の山田幸司くんの紹介です。

DSC_1320.jpg


山田君は、愛知県出身。5歳と1歳の子の父。小さい頃は、野球好きの少年だったそうです。

下の写真は、彼の息子くんです。今の山田君は、お茶目で可愛いこの子へ、優しく静かに語りかけるお父さん、、といったところでしょうか。でも、一度でも山田君に会ったことのある方ならば、彼の物腰静かな、誠実な応対を感じることと思います。

DSC_0568.jpg

彼は、北海道でガイドの経験もあり、

その知識と経験を生かして、今は八ヶ岳倶楽部のおとなの森ツアーを担当しています。

DSC_1313.jpg普段は、この人って " 木 " みたい・・・って思う時もあるくらいですが(笑)、

息子君同様、お茶目な部分もあります。そこも山田君のいいところです!

( ↓ 私に突然激写され、ちょっと照れてる山田くん)

DSC_0484.jpg

倶楽部では、自然の事なら、まずは山田くんに聞こう!とスタッフ皆が思っています。

彼が好きな季節は、春。

まさにいま、硬かった植物たちの芽がほどけて伸びやかに生まれてくる・・・この早春の芽吹きの躍動感が、たまらなく好きなようです。

そして、生き物たちの自然の中での営みに何より癒されるという彼は、植物だけでなく、鳥や昆虫たちにも心寄せています。

そして、、私は知ってます・・・彼は、倶楽部の木々の種を拾っては、こっそり発芽させて楽しんでいるんですよ !(^^)!

( ↓ これは、ホントの森の地面に落ちて発芽していた、ドングリです)

IMG_0310.jpg

(早春の花・・・カタクリの一年草が、いま林床に出てきています)

IMG_0319.jpgのサムネイル画像

今月から、この山田くんの、「倶楽部の森 ガイドウォーク」が始まります!

毎週 日曜日 朝9時から一時間ほど、11月ごろまで開催していきます。

彼から、旬の案内を聞きながら、毎週移り変わっていく倶楽部の森を歩いていると、

今まで見ていなかったものを見るようになったり、聞こえなかった音に耳を澄ませられるようになって、森を歩く楽しみが俄然上がります。

ぜひぜひ、機会を見つけて、朝一番の森を、彼と歩いてみてください(*^_^*)


「倶楽部の森 ガイドウォーク」

毎週 日曜日 朝9時より およそ1時間  (11月中旬ごろまで)

案内人 中庭スタッフ 山田幸司

定員10名 ・ 参加費 500円/人 小学生以下無料

お申込み・お問い合わせ:

八ヶ岳倶楽部 中庭部 0551-38-3395  garden@yatsugatake-club.com

2018年1月 3日
明けましておめでとうございます、スタッフ一同より

2018年、明けまして、おめでとうございます!

スタッフ一同に代り、皆様へ新年のお祝いを申し上げます。今年も皆様にとって、素晴らしい年になりますように、心よりお祈り申し上げます。(初日の出に祈る、柳生じいじと本間君)

DSC_0428+1.jpg


森の入口、個展会場のステージでは、今年は3人の男性スタッフが担当としてお客様をご案内いたします。作家についての知識や経験もあるだけではなく、女子力が高かったり、気遣いが半端なかったりと、世の中では希少な男子もここにはいます。今年のステージの抱負・・「作家さんたちは、1年間ステージの展覧会を目指して作品を作ってくださいます。お客さまと作家と作品の素敵な出会いがたくさん生まれますように、頑張ります!」(左から、本間君、宗助社長、南村さん)

DSC_0500.jpg


中庭スタッフは、庄田君と山田君。それぞれ、中庭スペースに置いてあるワクワクの商品のバイヤーとして、そして春から秋まで販売される植物と倶楽部の生き物についてのスペシャリストです!私が行う子ども林ツアーは、中庭が出発地点なので、いつも私をサポートしてくれる心強い二人です。今年の抱負、、「今年も楽しいグッズとたくさんの植物たちをご用意してお待ちしています!」

DSC_0523.jpg


ギャラリーでは、この二人のイケメンがお迎えしています。(うち一人は、カッコイイのに、体格が立派になったまま、なかなか戻らなくなりました(笑))(左から、荒川君と杉坂君)

DSC_0473.jpgソフトで細やかなのに、心熱い接客が男性女性を問わず、お客さまに人気です。今年の皆様へのメッセージは、

「2018年 倶楽部オリジナル商品をはじめ、あらゆるジャンルの、魅力的な作家作品をご紹介いたします。皆様のご来店を心よりお待ち申し上げます!」


冬の朝は、マイナスの気温に冷え込む気候の中、中に入ってホッとする暖かさを保ち、魅力的なデザートや飲み物をサービスしてくれるレストランスタッフ。

左から、菅谷君、窪島さん、私の息子に、高橋君。

DSC_0534.jpgDSC_0535.jpg特に高橋君は、ホール長として、責任ある立場を担います。高校野球球児だったガッツと人柄の良さがにじみ出る男子です!

今年の抱負は、「来ていただいたお客さまに、楽しんで過ごしていただけるよう、全力でお迎えします!」


そして、このお正月の特筆すべきは、柳生家の子どもたちが4人もそろってスタッフに入ったことでしょう! それぞれ、大学生や高校生で、家の仕事の手伝いの枠を超えて、しっかりと役に立つ人材として、頼もしくなってきています。

DSC_0545.jpg

子ども達は、八ヶ岳倶楽部を20年以上支え続けてきた、この清洲さんの温かくも厳しい指導のもと、頑張っています。真吾兄も、きっと、すっご~~~く喜んでいるに違いありません!! 

清洲さん曰く、「これから若い人の時代! 頑張ってほしいです。」(直子思う・・まだまだ、清洲さんの豊富な経験を生かして、バリバリ頑張って~)

DSC_0553.jpgのサムネイル画像


そして、普段は裏方で、あまりお客様の前に出ることが少ないですが、レストランの心臓部、、厨房のメンバーです!今年は、女性スタッフも加わり、益々パワーアップしました。

(左から、笹野くん、田中久美さん、新井くん)

DSC_0506.jpg

「新しい厨房メンバーと、新しい年を迎えたので、魅力的なメニューを提供していきたいです!」という今年の抱負です。

美味しい料理を、今年も期待してます!(^^)!


最後に、総務担当の石川君と、わたし柳生直子です。

石川君は、ときどきレストランホールにヘルプで働くので、見かけたことがある方もいらっしゃると思います。いつも物腰が丁寧で、縁の下の力持ちで我々を支えてくれる頼もしい男子です。

DSC_0594.jpg


まだご紹介出来なかったスタッフもおりますが、今年2018年、ほぼ、このメンバーを核として、八ヶ岳倶楽部は進んでいきます!

どんな時も、明るく笑顔で、八ヶ岳倶楽部を訪れてくださるお客様に喜んでいただけるよう、全力でお迎えいたします。

みんなで頑張っていきますので、どうぞ、よろしくお願いいたします。

今年も皆様のお越しを、心よりお待ちしております。

2017年9月16日
スタッフだより 第一弾 清洲裕雄さん!

さて今回より、スタッフだよりを始めることにいたしました!

八ヶ岳倶楽部は、今年28周年を迎えましたが、おかげさまで沢山のスタッフに支えられてここまでやってきました。数日間、または忙しい夏だけのアルバイトも含めれば、その数は優に数百名を越すことと思います。その中で、いま責任ある立場を背負って、倶楽部の顔として活躍してくれている大切な仲間を、紹介させていただきます。

第一弾は、やっぱりこの男 清洲裕雄!!

DSC_0981.jpg


大阪市中央区(旧南区)で生まれ育った清洲さんは、24年前、この八ヶ岳倶楽部へ来ました。 

八ヶ岳に来たきっかけは、友人に誘われたから、だそうです。

その時のことをこう話してくれています。「柳生さんは、『素晴らしい味の世界』で見た白いタキシードを着た紳士というイメージでしたが、バイトに来て初めてお会いした時、腰にノコギリを差し長靴の出で立ち。あまりにワイルドなので、『柳生博ならぬ野獣博だっ!』と感じました。その後『一緒に倶楽部をやろう!私たちに身を委ねなさい!』と誘っていただきました。」

DSC_1003.jpg(後列右から三番目 若かりし頃の清洲さんと懐かしのメンバー)


いままで、清洲さんは倶楽部の色んな部署で働いてきてくれました。レストラン業のプロである彼ですが、物販の部署であるギャラリーやステージでもその能力を発揮してくれています。いまは、柳生じーじの仕事のマネージメントも兼務しています。

DSC_0998.jpg

DSC_1053.jpg「その時に出来るだけのお迎えをしたり、何かお客様の心に残ることをお伝えできればと思っています。そして、時間の許す限りゆっくりして頂きたいです」と言う清洲さん。


若いスタッフの中には、清洲さんって昔俳優さんだったのかなあと思った!という子もいます。

DSC_0982.jpgほかにも、

「厳しいけれど、その中で情が深いのをとっても感じます。優しい人だと思います。」

「叱られて泣いてしまったこともあったけれど、後から、『やる気があると思ったから厳しいこと言ってしまったけど、言い方がきつかったら言ってね』とフォローしてくれた。」

など、清洲さんが仕事に真剣に取り組み、でも心根が優しいことをまわりのみんなは感じとっているように思います。

私から見たら・・・もちろん、そうゆう部分も感じていますが、結構関西人のギャグを連発してきたり、面白い人!って印象もいっぱいあります(笑) うちの子供たちには、「きよぴー」という愛称で呼ばれているくらいです。


清洲さん、曰く、、、「お客様もスタッフもみんなが楽しい空間が、八ヶ岳倶楽部だと思います!(・・まだまだ追いついていないと思いますが)」

私も、そんな清洲さんと一緒に、そして清洲さんに色々教わりながら、みんなが楽しい空間であるように努力していきたいです。

皆さん、ぜひ清洲さんに会いにいらしてくださいね!

最近のたより

カテゴリー別