八ヶ岳倶楽部 > 柳生直子 森からのたより > じいじの森子どもツアーの記事
2017年8月 4日
「じいじの森子どもツアー」の始まりの話 ~そして、今年の夏のツアーのご案内

20170601-林ツアー1.jpg八ヶ岳倶楽部で、私が子どもツアーを初めて行ったのは、2013年の夏でした。

「じいじの森」の絵本が発売になったのを機に、(これを読み聞かせして、そのあと林に行って遊んで、倶楽部に来てくれる子どもたちに、絵本の中と現実の森の世界を行ったり来たりできるような素敵な経験をしてもらいたい!)という思いがむくむく湧きあがりました。

真吾兄に相談して、「いいじゃない! 直子のやりたいようにやってごらんよ」とOKをもらい、始まりました。

私には子どもが3人いるので、春夏秋冬を通して子どもたちと倶楽部の林で、いろんなことをして遊んできました。そして、大学は、玉川大学の芸術学科児童専修というユニークな学科を卒業していたことと、森林セラピーガイドの資格も取っていたので、そんな自分が思いつくこと、そして時には自分の子どもたちにもアイディアをもらいながら、ツアーのプログラムを作っていきました。でも、一番の私のモットーは、「自分も子供たちと一緒に、楽しい(^O^)って思うツアーにすること!」 これは、いまも変わっていません。

image1.jpg


               

時には柳生の父にも協力してもらい、「てんぐさんのお友達の、森のじいじ」として、登場してもらいました。

子どもたちは、絵本の中に登場する森のじいじが現実に現れて、びっくりしながらも、大喜び!!

DSC_9259.jpgのサムネイル画像


あれから、5回目の夏を迎えます。いまでは、絵本の読み聞かせを聞いたことのある子が多くなってきました。

夏のツアーでは、いろんな種類のトンボやチョウ、エゾゼミや、コクワガタや珍しいミヤマクワガタもいたりして、いろんな種類の昆虫と遭遇します。子供たちはきゃあ~と言いながらも蛾の幼虫を見つけたり、繭を触ってみたり。 短い夏の生き物たちのオンパレードの森です!

R0020023.jpgのサムネイル画像

R0020032.jpgのサムネイル画像


晴れて、暖かければ、森の入口でシートを広げて、リラッ~クスしながら、五感を使って色々感じてみるところからツアーを始めます。そうすると、心も体もふわっと緩むので、森ともっと仲良くなって、森に溶け込んで、森で経験する色んな感覚を、より素直に受け取れるようになるのです。

000_0014.jpgのサムネイル画像


今年の夏も、来週火曜日から始めます。自然の中で、センス オブ ワンダー を、お子さんと一緒に共有してみませんか?

八ヶ岳にいらっしゃる機会があれば、是非遊びにいらしてくださいね。                                                                                                                       

「じいじの森子どもツアー」

開催日:8月8日(火)~15日(火)  小雨決行(悪天候の場合は中止)   参加費無料

時 間:午後2時~およそ1時間

対 象:幼稚園~小学生とその保護者の方

申込み:お電話・または八ヶ岳倶楽部店頭にて

八ヶ岳倶楽部 山田・庄田  0551-38-3395 

読み手・森の案内人  柳生直子

最近のたより

カテゴリー別