2018年3月18日
標高1360Mにも、春の訪れがやっと来ています

数日前、北八ヶ岳へ登山へ行き、大きな空のもと、雪山をアイゼンで踏みしめてきたら、、、

(下記の写真左奥、八ヶ岳の山々の一部です)

image1.jpgimage3.jpg山のパワーを頂いてきたようで、長い冬眠から覚めた気分になりました!!


皆さんのいらっしゃる所ではきっと、梅や木蓮が咲いたり、庭ではスイセンやクロッカスが咲いて来ているのでしょうか。草花達も昆虫たちも、むくむくと活動し始めているのでしょう。

ここ標高1360mの八ヶ岳倶楽部で感じられる春一番の訪れと言ったら、

なんといっても、、、フクジュソウでしょうか! 長い冬を越して、、やっと昨日、花が開いてくれました。

DSC_0958.jpg

フクジュソウは、お日様が出ると、太陽光を集めるパラボラアンテナのような形で、ぬくぬくの温泉のような温かさを虫たちに提供します。まだまだ寒い外気のなかで、温泉に温まりに来た虫たちは、まんまと花粉を体につけることになって、花から花へ、、。植物の戦略って、知れば知るほど凄いなと思わされますよね。


鳥たちのさえずりも、賑やかです。この時期のラブソングは、ひときわ魅力的で、林中に色んな鳥のさえずりが響き渡っています。

そして、早くも物件探しに来た、ヤマガラ。

いつもシジュウカラが入る巣箱に、下見に来ていました。

DSC_0943.jpg中に入って、確かめてみたようなのですが、

DSC_0948.jpg冬の間にヒマワリの種を食べすぎたのか? それともギリギリくらいの巣穴が、かえっていいのでしょうか。

DSC_0949.jpg

目安としては、シジュウカラもヤマガラも巣穴の直径は、2.8センチ、おんなじはずなのに。すっごく出にくそうで、可笑しくて(笑)


ニホンミツバチ達も、長い冬をみんなで頑張って越して、活動開始していました! 今年の冬は、ことのほか寒くて、マイナス15度以上の日もあったのに、よく耐えて、春を迎えました!! 感動です。 この巣箱は、一番日当たりが良くて、風が避けられる場所にある巣箱なので、条件も良かったのかもしれませんね。

DSC_0960.jpg


真吾兄が、、、、植えていったスイセンも、庭の片隅で、芽を出しました。

植えた本人は、もうこの世にいないのに、このスイセンにも、いのちが託されているようです。ちょっと、切ない気分になります。

DSC_0965.jpg


これからの季節の変化には、目を見張るものがあります。

春の香り、音、色彩、肌に感じる温度、そして、美味しいものたち。

五感を総動員して、春の森を歩いてみませんか? 

きっと、とっても気持ちがいいはずですよ。

私みたいに、冬眠から覚めた気分になるかも!

2018年2月 3日
やっと!雪景色になりました。

この冬、寒いのになかなか雪が降らずに、お正月を越してしまいましたが、、、

1月末から続いた雪で、八ヶ岳倶楽部はいま、雪に覆われた冬景色になりました。

DSC_0746.jpg

DSC_0747.jpg


鳥たちも、雪が降ってエサが少なくなったのか、八ヶ岳倶楽部レストランへこぞって来店しています。

シジュウカラ、コガラ、ヤマガラ、ゴジュウカラのような常連さんから、アトリやカワラヒワの団体さんまで、様々な鳥たちが来てくれますが、、、(下記は、アトリたちです)

DSC_0671.jpg

何といっても最近嬉しかったのは、何年か振りで、ウソのカップルがそろって来てくれたこと! 連日、来てくれているので、ここを覚えてくれたかもしれません!!

ウソ.jpg


雪が降り積もった朝は、スタッフたちは、お客さまを安全にお迎えするために、総出で営業前に雪かき!

DSC_0692.jpg

DSC_0699.jpgけっこう、体力使います、、、(左前 ステージ担当本間君)

人海戦術以外にも、除雪機ホンダくんを稼働させ、がっつり雪かきです。(レストラン担当 清洲さん)

DSC_0689.jpg


大変なこともあるけれど・・・・自然は、私たち人間に、美しい姿も見せてくれます。

朝日に当たる振りたての雪がキラキラ光って、美しかったり、、、

DSC_0675.jpgつららの、なんと芸術的なカタチ!!

DSC_0742.jpgこんな景色を見ていると、心の底が洗われて、軽くなるような、そんな気持ちになります。


DSC_0750.jpg冬は、大雪が降ったり、凍結したり、試練も色々ありますが、

青い空に、白樺の梢が映えて、足元には白い雪、そこへ様々な鳥たち飛び交い、木々は静かに呼吸している・・。

そんな真冬の八ヶ岳倶楽部の森へ、、みなさまに是非一度はいらして欲しいな・・と思っています(*^_^*)

2017年11月25日
私たち、倶楽部の冬支度。

落葉樹の多い八ヶ岳倶楽部の森では、木々たちの葉も落ちて、すっかり冬景色となりました。

これから5月の芽吹きまで、長い長い冬の季節に入ります。

DSC_0137.jpg


さあ、私たちの、「冬支度」が始まりました。

自然の季節の移り変わりとともに生きるなかで、昔から受け継がれ、続いてきていること。森とともに在る私たちの生活の中にも、ところどころでそれが息づいています。

たとえば、、ミツバチたちへの越冬のお手伝い。ほんの少しの出入り口は確保しますが、藁とスタイロフォーム(断熱材)で寒さから守ってやり、春まで生き抜くためのサポートをします。

DSC_0245.jpg


人間が暖を取るためには、薪割りがかかせません。 八ヶ岳倶楽部のレストランでは薪ストーブを使っていますし、中庭では焚き火鉢で薪を燃やすので、大切な作業です。

今回は、近くの友人達も手伝いに来てくれて(実は柳生新陰流の剣術メンバー!)、薪入れの棚がぎっちり詰まるほど、古武道的な割り方を研究しながら楽しんで、割ってくれました。じいじの指導も入りながらなので、お客様もついつい見に来られ、賑やかな薪割り!

DSC_0218.jpg


これは、ここのところ毎年の作業・・・干し柿づくり。甲州百目柿という種類を使っています。寒風吹く中でも、お喋りしながらの仲間との作業は楽しいもの。

(レストランスタッフの窪島さんと園田君)

DSC_0159.jpg

DSC_0165.jpg

その後ろで、じいじは、来年のカレンダーに 「ありがとう・・・柳生博」と、一生懸命サインを書くお仕事中。


私たち人間のことだけじゃないですよ、鳥たちも、この森で一緒に生きる仲間です。この先冬が進むと、遠くはシベリアから渡ってくる渡り鳥も飛来したりします。そんな鳥たちへ、自然界にエサが少なくなる今頃から、ヒマワリの種のエサ台を出してあげます。・・・いや、ほんとはね、人間たちが鳥を間近で見たいがために、が主な動機なんですけどね(笑)

(レストランスタッフ 高橋君)

DSC_0172.jpg


今年は、森でモミの木を少し切り、それらを使って冬のディスプレイも作りました。基本的に、八ヶ岳倶楽部にあるものを使いながら、倶楽部らしい雰囲気を大事にしながら、、です。

image1+1.jpg


このように八ヶ岳倶楽部では、冬を迎える準備が色々と進みました。

日常的にマイナスの温度にもなる厳しい季節になってきていますが、空気は澄み渡り、晴れた空は紺碧の八ヶ岳ブルーで、そこへ白樺の真っ白な梢が映える・・そんな美しい景色が見れる季節でもあります。冬が好きなスタッフも、とても多いです。

是非どうぞ、冬の八ヶ岳倶楽部へも、足を運んでみてください(*^_^*)

DSC_0253.jpg

2017年10月24日
台風一過、朝日あふれる森で。

台風21号が、夜の間に通り過ぎていった昨日の朝。

豪雨と大風により、土砂崩れなど被害がひどい場所も多かったという心を痛めるニュースも聞きました。八ヶ岳倶楽部の森でも、こんな台風の翌日は、木が倒れたり、大きな枝が折れたりすることがありますが、今回は幸いなことに大きな被害はなく、翌朝はピカピカの晴天に恵まれました。

でも、、、大風と雨により、沢山の枝や落ち葉がそこらじゅうに散乱しています。それを片付けるのは、もちろん、うちのスタッフの役目。

お客さまに、美しい雑木林を楽しんでいただくために、朝から大忙しです!

( ↓ 中庭スタッフ 綾子さんと真渕さん、レストランスタッフ 菅谷さん)

DSC_1556.jpgDSC_1544.jpg


でも、、、気がつきましたか?

みんな、なんだか楽しそう!!(やらせじゃありません(笑))

実は、八ヶ岳倶楽部で働くスタッフは、ほとんど皆が外仕事が好きな人ばかり。というか、自然と好きになっていってしまうのかもしれません。普段の持ち場をしばし離れて、森の中で落ち葉を掃いたり、枝を拾って片づけたりするだけでも、それはそれは、気持ちがいいんです! だから、外仕事は皆にとって、リフレッシュするいい仕事です。

(↓ ギャラリースタッフ 緑里さん、レストランスタッフ 理加さん)

DSC_1536.jpg

DSC_1558.jpg


普段、厨房で働いている前川君も、外に出てきてこの通り! 

(この笑顔は、ちょっとリクエストしました(笑))

DSC_0002.jpg


私も皆に続けとばかり、じいじと一緒に、先日倒れたシラカバを切って、片づける作業をやりました。

DSC_0016.jpgDSC_0043.jpg


こうやって、八ヶ岳倶楽部の森は、日々美しくする労力を皆で惜しまず、、、というか楽しんで作業しながら、保たれています。本当は、もっともっと、皆で作業がしたいくらいなのです! 

森とともに、自然とともに働くこの場所で、仲間になりたい方がいらしたら、是非どうぞ(*^_^*) 来春からのスタッフを募集しているみたいですよ~。

2017年10月17日
さあ、秋の紅葉の季節を迎えて、森はクライマックスを迎えます!

いよいよ、紅葉の季節を迎えました! 夏の緑一色の森から、赤や黄色、だいだい色、緑色と、沢山の色が混ざり合った今の倶楽部の森は、まるで交響曲を奏でるオーケストラのように、賑やかで、華やかな状態です。

DSC_1467.jpg


柳生じーじは、この紅葉の季節に標準を合わせて、木を植え、手入れをしているといっても過言ではありません。このモミジに陽が当たるように、、この木の実が良く色づくように、、このツリバナが立派になるように、、、等々、沢山のイマジネーションとともに、木の剪定をしています。あれこれ考える時の楽しさやじいじの発想の豊かさには、いつもワクワクさせられます。

今回は、レストランスタッフの浅川くんと私が、柳生じーじ指導のもと、あの木この木とはしごをかけて、木に登りながら剪定を頑張りました。

DSC_1455.jpg


頑張りました・・・というのも、ノコギリと剪定バサミで行うので、かなり筋肉と力を使う作業なのです。そして、絶対的な安全を確保しながらなので、神経も使いますし、、風景を考えるので、想像力、知恵もフル回転! (私の顔、超真剣。汗だくです!)

DSC_1451.jpg


こういった剪定を積み重ねてきた結果、こんなに光がさす素敵な紅葉や・・・

DSC_1476.jpgシラカバの白い木肌に映える、美しい風景が繰り広げられる庭となりました。

DSC_1491.jpg


今年の紅葉は、程よく雨も降り、気温差もあるので、いい感じで進んでいます。欲を言えば、もう少し太陽が覗いてくれたら、、、一気に進んでいくのに、と思いますが、こればっかりは、お天道様におまかせですね。 ( ↓ コマユミの木の紅葉)

DSC_1400.jpg


これから、10月下旬11月初旬に向けて、八ヶ岳倶楽部の森は、美しい紅葉の森へと変身していきます。じいじも、、この時期の森の移り変わりを味わい尽くすために、出来るだけ都会での仕事を断って、倶楽部にいる季節です。

皆様も、どうぞお見逃しなく・・・お時間あれば、2017年倶楽部の自慢の秋を、たっぷりと満喫しにいらしてくださいね(*^_^*)

2017年9月11日
夏の終わりに、じいじの草刈りが始まります

DSC_1035.jpg

八ヶ岳倶楽部の森の木々は、ほとんどが落葉広葉樹。だから、5月に芽吹いた葉っぱも、秋の紅葉とともに地面に落ちていきます。この葉っぱたちが、でこぼこと夏の草の生い茂ったところにパラパラと落ちてしまったら、、、、、美しくないですよね。綺麗に草刈された地面に積もる枯葉たちも、まさに倶楽部の秋の風景のひとつなのです。

だから、じいじは気が気ではありません。葉が落ちてくる前に、草刈しないと!!!  

(上の写真の風景の中に、居ます!)                                                                                             

 


30年以上、こうして草刈りしてきた技術は、見事です。瞬時に残す草を見分ける。大事にしている野草があれば、その上面を這うように、刈る。こうして実をつけているものは、残す。(ギボウシの実、左側に見えますか?)

DSC_1022.jpg

きゃあ~! ツバメオモトの瑠璃色の実も、草刈り機の刃の先で、ぎりぎりで残ったあ~ (わざと、危なそうにしてみせるじいじ(--〆))

DSC_1025.jpgのサムネイル画像


そして、草刈りのあと、誰かが熊手を持ってきて、草を集めます。今回は、わたしがお手伝い。きれいになっていくのは、とっても気持ちのいいものです。

DSC_1038.jpg

もう80歳ですが、こんな木の下にも入って頑張ってます!

DSC_1041.jpg


さあ、草刈る前と、、、

DSC_1018.jpg草刈り後、、。

DSC_1049.jpg

みごとにさっぱり!!

こうして八ヶ岳倶楽部の地面すべてのこの草刈りを、じいじはずっと一人でやってきました。

今年は、私もちょっと手伝わせてもらおうかな。

秘伝の技(!?)を、教えてもらおうかな(*^_^*)

2017年9月 2日
夏から秋へ移り変わり、風が変わるときです・・・

今年の夏は、雨が多かったせいもあって、いつもの夏のように強い陽射しや沢山の昆虫たちとの時間をおもいきり味わう間もなく、、、。

いま、八ヶ岳では、秋の風が吹き始めました。

植物たちは、「秋が来るのは分かっていましたよ~」とばかり、実をつけています。

                                                                                                   オオモミジの実は、ブーメランとなって舞い降りる準備を整えているところ。

DSC_0814.jpg


まだみんな青いのに、ちょっと気が早く、赤くはじけちゃった・・・ツリバナの実。

DSC_0799.jpg

DSC_0891.jpg

ミズナラだって、ただいまドングリの支度中。


私たちが頂くお米だって、イネの実ですよね。

近くの田んぼでも、たわわに実って穂を垂れてきています。もうすぐ、収穫の秋を迎えることができそうです。有難い、ありがたい。

DSC_0843.jpg


森の地面にも、よ~くみれば、春に白い花をつけた舞鶴草の可愛い実を見ることができます。始めは白っぽいのですが、うまくそのまま熟すとガラス玉のような透き通った真っ赤な実になるんですよ! とっても素敵な色です。

DSC_0930.jpg


私の大好きな蝶、アサギマダラ。 9月前半まではこの界隈にいてくれますが、徐々に南下して、海を渡り、喜界島や台湾まで飛んで行くのでしょう。

アザミの花で、休息中のところに出会うことができました!

DSC_0758.jpg

                                                                                                                                                                                                                                                  こうして、夏の名残りの中に秋の風が吹くころ、ちょっとさびしい気持ちもします。

でも季節は、絶えず変化していくからこそ、昔から私たち日本人はそれを美しいと感じたり、自分の心になぞらえて歌を詠んだり、してきたのかもしれませんね。

「秋風に たなびく雲の 絶え間より もれ出づる月の 影のさやけき」 左京大夫顕輔 新古今集

さあ、現代に生きる私たちも昔人とともに、これからの秋の紅葉や月の美しさを、大いに楽しむことにしましょうか(^v^)

2017年8月16日
セミの羽化の日に、、、。

八ヶ岳の短い夏の始まり、、、今年は特に遅い始まりだったように思います。

雨の日が多かったせいか、セミたちも雨の日をかいくぐって、羽化の日を狙ってくるようです。

セミの幼虫は、土の中で過ごし、木の根っこから樹液を吸って、何年もかけて成虫になるべく、脱皮を繰り返し、成長します。 八ヶ岳倶楽部では、エゾゼミが一番多く見られます。                                             

                                                                                                   ある夕方、、、、地中から出たセミの幼虫は、木に登り始めたのでした!

DSC_0452+1.jpg


どこまでも、細い枝の先まで登っていくこともあれば、

人間が観察しやすい高さで止まる時もある・・・それは、それぞれのセミの気持ち(?)次第。

さあ、とうとう茶色い殻を脱いで、成虫になる時がやってきました!!!!

DSC_0459.jpg


羽化の途中・・・

こんなチャーミングな瞬間も撮れてしまいました。乗馬してるセミ?みたいな・・(笑)

楽しんでいるのは人間ばかりで、本人(本蝉)はいざ知らず。懸命に羽化真っ最中!!

DSC_0468.jpg


DSC_0470.jpg

そして、え~、おっこっちゃうんじゃないか!!と心配になるくらい、かなり反り返ります。だけど、大丈夫。かなり高度なイナバウアーの技を、持っています。

そして、それを見守る人間は、たとえ年齢が40歳越してても、可愛い少年のような顔になってしまうのです。(ステージ 担当部長の本間君(*^_^*))

DSC_0471.jpg


無事に体をすべて出せたセミは、足でぶら下がる体勢になって、暗くなった林の中で、そうっと翅を乾かします。

DSC_0495.jpg翌朝までには、硬い体になって、色もついて、飛び立っていくのでしょう。

次の日に見に行っても、もう、姿かたちもありません。

毎年、見られるこの感動的なセミの羽化を、来年も見れますように、、、

いつもある自然界の営みが、変わらず続いていきますようにと、願っています。

2017年7月 8日
家族それぞれ、、森での日々

私たち家族にとって、森で過ごすことは、とても大切な時間。

じいじは、30年近く、、、腰にいつものハサミとノコギリをぶら下げて、、

木々の間を風が渡っていくよう、光が林の地面に届くように、枝や幹を切って剪定し、この森の手入れをしています。 私も、森の手入れの仕事を手伝うのは大好きです!

DSC_0210.jpg


この森で、この間植樹をしました。

将来、孫娘が「このアジサイは私が植えたんだ!」と、人に自慢できるようにと、

老婆心ながらじいじは、薄い紫色が綺麗なヤマアジサイを中庭の売り場で選んで、私の末っ子に植えるように言いました。

DSC_9769.jpg

学校帰りで疲れていた娘。

じいじの思いもつゆ知らず、遠くからちょこちょこ指示だしするじいじに、

「じいじは、ダメだしばっかりしてくる!!」と、ご機嫌斜め気味ながらも、一生懸命植えていました。(私も手伝いましたが!)

この末の孫娘には、じいじは一番弱いようです(笑)


この人は、、、ミツバチに夢中です。(社長の宗助さん)

八ヶ岳倶楽部の敷地の中で、なんと5か所めの巣箱にも、ちょうどニホンミツバチの一群が入ってくれた瞬間に立ち会えました! 至極ご満悦の様子です。

DSC_0225.jpg倶楽部の森は、ニホンミツバチや野鳥や、他たくさんの生き物たちが、気持ちよく暮らせる場所になってきているのだと思います。

生き物って、、、勿論わたしたち人間も入っていますよ(*^_^*)

どうぞ、木漏れ日溢れる森に、お散歩しに来てくださいね。

2017年7月 2日
梅雨の森から

雨が、しとしと降る季節。

森には、知らぬ間に霧が立ち込めていたりして、それもそれでまた、美しい景色になります。

いつものロッキングチェアーは、誰も座る人なく、静かに佇んでいたり。

DSC_0096.jpg


蜘蛛は、キラキラ光る、森のネックレスの飾りの一部になっちゃってる。

DSC_0129.jpg

コアジサイの花は、静かに、甘い香りを森に漂わせています。

DSC_0170.jpg


こんな日の終わりに、ちょっとでも太陽が覗くと、やっぱり嬉しくなっちゃったりするのも、本心ですが、

DSC_0064.jpg

雨の日だって、

晴れの日だって、

雪だって、霧だって、

倶楽部の森は、いつだって美しい、、、私はそう、思っています!

最近のたより

カテゴリー別