柳生直子 森からのたより

2017年7月 2日
梅雨の森から

雨が、しとしと降る季節。

森には、知らぬ間に霧が立ち込めていたりして、それもそれでまた、美しい景色になります。

いつものロッキングチェアーは、誰も座る人なく、静かに佇んでいたり。

DSC_0096.jpg


蜘蛛は、キラキラ光る、森のネックレスの飾りの一部になっちゃってる。

DSC_0129.jpg

コアジサイの花は、静かに、甘い香りを森に漂わせています。

DSC_0170.jpg


こんな日の終わりに、ちょっとでも太陽が覗くと、やっぱり嬉しくなっちゃったりするのも、本心ですが、

DSC_0064.jpg

雨の日だって、

晴れの日だって、

雪だって、霧だって、

倶楽部の森は、いつだって美しい、、、私はそう、思っています!

最近のたより

カテゴリー別