八ヶ岳倶楽部 > 雑木林だより > 2016年5月の記事

雑木林だより

2016年5月 8日
ファンタジー for 真吾、ありがとうございました。

DSC_2073.jpg本日、5月8日
雑木林にはやさしい光が降り注いでいます。

フリージアも暖かい日を浴びて気持ちが良さそう。


DSC_2058.jpg真吾さんと共にダブルファンタジーの品種を探した仲間、

ファンタジスタの皆さんの球根が、

こんなに満開になりました。


DSC_2103.jpgファンタジスタの皆さんを中心に企画され
念入りに準備を重ねてこの日を迎えることができました。


DSC_2155.jpg全国から大勢の方が参加してくださる中
ミニコンサートも始まりました。

DSC_2142.jpg唄と演奏は毎年八ヶ岳倶楽部で素敵なコンサートを開いてくださっている
真吾さんの恩師でもある下田先生と仲間たち。
格別の想いを込めて歌って下さいました。


DSC_2206.jpgコンサート終了後、黄色いリボンを付けた
ペットボトルに入ったフリージアの切花が皆さま一人一人に
プレゼントされました。


DSC_2237.jpgペットボトルに入った切り花はお客様のもとへ。

ファンタジスタの皆さん、本当にありがとうございました。

真吾さんが繋いだ絆、いつまでも続いていきますように。

主催:ファンタジスタ、八ヶ岳倶楽部 共催:下田秀明(唄とギター)
協力:(株)プロトリーフ(培養土提供)、東京リボン(株)(リボン提供)
高成園(栽培技術提供)

(記 総務 早川・石川)

2016年5月 2日
5月2日の雑木林

DSC_1796.jpg本日5月2日
気持ちのよい八ヶ岳倶楽部の雑木林

木々を愛でたり、季節を感じたりしながら、

そぞろ歩きを楽しむ方々の姿がいっぱいです。


DSC_1745.jpgそんな雑木林で
真吾さんのご友人でパーカッショニストの谷山明人さんから

一年目の命日を偲び即興演奏のプレゼントがありました。

谷山明人さんは

音楽家と林業、という二つの職業で自然と共鳴していらっしゃる方です。


DSC_1768.jpgこの楽器はアフリカの打楽器「バラフォン」と呼ばれるものです。

木琴のような板の下に並んでいるのはひょうたんで、

その横に開いた穴に貼ってある白いものはアフリカのクモの巣だそうです。


DSC_1784.jpg 演奏が始まると

まるで、その調べを風や樹々も聴いているようです。                                    


DSC_1823.jpg夕方の演奏は中庭のテラスで行われました。

和やかに、でもみんな

いろいろな想いが胸をよぎります。


DSC_1756.jpg素晴らしかった今日の演奏

雑木林のどこかで真吾さんもきっと聴いて喜んでくださったことでしょう。


DSC_1755.jpgそして、八ヶ岳倶楽部ではこのあと5月8日に

ファンタジーfor真吾と称して、

真吾さんの愛したフリージアの切り花プレゼントや、

真吾さんの恩師である下田先生によるミニコンサートの模様を、

皆さまとシェアする予定です。

       (記:総務)

最新のお知らせ

月別のお知らせ