ギャラリーだより

2021年10月29日
林英樹 秋のBAG展

20211028-A7301277.jpg

鮮やかな秋色へと紅葉のグラデーションが見られる季節になってきました。
涼しさが心地よいお散歩日和の中、林英樹さんの秋のBAG展が始まりました。

 

20211028-A7301269.jpg


20211028-A7301279.jpg20211028-_A731303.jpg20211028-_A731312.jpg

長野県原村で活動される革作家の林さんの作品は、ベーシックで使いやすい鞄。
使われている牛革は柔らかく、総革とは思えない軽さの鞄ばかりです。


20211028-_A731287.jpg20211028-_A731309.jpg20211028-A7301278.jpg

シンプルで機能的、流行に左右されないデザインは、使うほど味わいの出る革という素材にもぴったりに思えます。
長くじっくり使っていただきたい作品ばかりです。

今回も、秋にぴったりなカラーの作品がたくさん届きました。

 

20211028-_A731319.jpg


20211028-_A731291.jpg20211028-_A731295.jpg人気の2-wayリュックは肩ひも部分がクロスしたリュックスタイル、まとめてすっきり持てるショルダースタイルと場面で選んで使えます。

 

20211028-_A731323.jpg20211028-_A731327.jpg

幅広の革ベルトは負担を減らし、荷物の重さを軽減してくれます。


20211028-A7301273.jpg20211028-A7301272.jpg20211028-_A731300.jpgまた、牛革に帆布を組み合わせたシリーズもたくさん届いております。

カラフルに染められた生地は軽くてとても丈夫な作り。

秋のお出かけが楽しくなりそうな作品です。

 

20211028-_A731304.jpg


20211028-A7301271.jpg20211028-A7301280.jpg他にも財布やスマホケースなど小物も色々届きました。

1点もののお財布は内ポケットの仕分けも使いやすく、長年ご愛用頂いている方も多いデザインです。


林英樹 秋のBAG展

2021年10月28日(木)~11月3日(水)

※最終日は、16:30までの開催

会期中は作家が在廊し皆様をお迎えいたします。

作品のお問い合わせはこちらまで0551-38-3395(八ヶ岳倶楽部ギャラリー)
gallery@yatsugatake-club.com

2021年10月22日
棒田和義 陶板アート展

20211021-A7301192.jpg森のギャラリーでは、毎年この時期にお馴染みの陶板アート作家 棒田和義さんの展示が始まりました!

今回も陶板画や食器類もたくさん届いております。

 

20211021-A7301195.jpg20211021-A7301196.jpg


20211021-A7301210.jpg20211021-A7301201.jpg20211021-A7301206.jpg南欧の街並みをモチーフにした陶板画たち。

サイズだけでなく額の色や形のバリエーションも様々な1点ものの作品です。

ヨーロッパの石壁の雰囲気が焼き物ならではの質感で再現されております。

 

20211021-A7301208.jpg20211021-A7301209.jpgこちらは前回の個展から登場しているプラントカバー。

バリエーションが増えております!

 

20211021-A7301200.jpgヨーロッパだけでなく、日本の原風景を描いた陶板画作品も。

九谷焼の色鮮やかな絵具を使い、美しい四季の風景が表現されております。


20211021-A7301198.jpg20211021-A7301197.jpg20211021-A7301207.jpg毎回人気の磁器シリーズ!

八ヶ岳の高原をイメージした器や、女性に人気の可愛らしい絵付けの作品がたくさん届いております。

比較的丈夫な食器ですので電子レンジ・食洗機もお使い頂けます。

 

20211021-A7301211.jpg八ヶ岳倶楽部の風景を描いたオリジナルマグカップや、野鳥や山野草を描いた作品も数量限定で登場しております。


棒田和義 陶板アート展

2021年10月21日(火)~10月27日(水)

※最終日は、16:30までの開催

会期中は作家が在廊し皆様をお迎えいたします。

作品のお問い合わせはこちらまで0551-38-3395(八ヶ岳倶楽部ギャラリー)
gallery@yatsugatake-club.com

2021年10月15日
国府寺セツ子 HAND WOVEN

20211014-A7301066.jpg森のギャラリーでは毎年この時期にお馴染みの国府寺セツ子さんの展示が始まりました!

今年も丁寧な手仕事で作られたバッグやストール、お洋服など色々届いております。

 

20211014-A7301073.jpg20211014-A7301080.jpg


20211014-A7301067.jpg20211014-A7301088.jpg暖かみのある手織りのストールは秋冬のお出かけにぴったり!

大判のものから巻きやすい小ぶりのものまで色々ございます。


20211014-A7301072.jpg20211014-A7301108.jpg20211014-A7301107.jpg国府寺さんは裂き織の技法でも制作されております。

こちらのバッグは裂き織でネクタイが生まれ変わった作品!

シルクの独特な光沢感が魅力的です。

軽くてとても丈夫な作りなので長年ご愛用頂けます。



20211014-A7301078.jpg
20211014-A7301069.jpg20211014-A7301082.jpgそれぞれ1点もののバッグたち。

寒い日のお出かけも楽しくなる個性的なデザインがいろいろございます。

 

20211014-A7301076.jpg20211014-A7301096.jpgパッチワークデザインのベストは一枚着るだけでとてもお洒落!

暖かなウール生地で仕立てられており着心地もとてもいい作品です。


国府寺セツ子 HAND WOVEN

2021年10月14日(火)~10月19日(火)

※最終日は、16:30までの開催

会期中は作家が在廊し皆様をお迎えいたします。

作品のお問い合わせはこちらまで0551-38-3395(八ヶ岳倶楽部ギャラリー)
gallery@yatsugatake-club.com

2021年10月 7日
齋田次郎 風呂敷とショール展

20211008-A7300976.jpg

森のギャラリーでは染色家 齋田次郎さんの展示が始まりました。

定番の風呂敷やショールの他、毎回新しい作品が登場しております。



20211008-A7300970.jpg
20211008-A7300972.jpg

20210922-_A739428.jpg代表作の正絹丹後ちりめんを使用した風呂敷とショール。

日本の伝統的な十二単の「重ねの色目」を元に、ぼかし染めで美しいグラデーションになっております。

巻き方を変えると色の出方も変わり、一つで何通りも楽しめる作品です。

 

20211008-_A731000.jpg20210922-_A739347.jpgこれからの時季はコートやジャケットの中に巻いて使うとお洒落に着こなせます!


20211008-A7300974.jpg20211007-A7300962.jpg緩衝材としての役割もある風呂敷は、色々な物を包むと見た目も美しく持ち運ぶことが出来ます。

ワイングラスなど繊細な物を包むのにもお使いいただけます。


20211007-A7300966.jpg20211008-_A730993.jpgお手頃価格でお土産にも人気のあずま袋。

小さなものはお弁当を包んだり、大きなものはエコバッグのような形で活躍します。

丈夫な綿の生地なのでお家で洗濯も出来、毎日お使い頂けます。



20211007-A7300965.jpg20211008-A7300971.jpg

ぼかし染めだけでなく、手描き友禅の技法で染められた美しい作品も。

手描き友禅を絵画として楽しめる作品もございます。


20211008-A7300969.jpg

齋田次郎 風呂敷とショール展

2021年10月7日(火)~10月12日(火)

※最終日は、16:30までの開催

会期中は作家が在廊し皆様をお迎えいたします。

作品のお問い合わせはこちらまで0551-38-3395(八ヶ岳倶楽部ギャラリー)
gallery@yatsugatake-club.com

2021年10月 1日
三宅治良 ステンドグラス/下村透 藍染め展

20210930-A7300018.jpgギャラリーではステンドグラス作家 三宅治良さんと、藍染め作家 下村透さんの展示が始まりました!

7月のステージに続き今年2回目の登場です。

 

20210930-A7300019.jpg20210930-A7300029.jpg


20210930-A7300020.jpg20210930-A7300021.jpg

20211001-A7300071.jpg

新潟でステンドグラスを製作されている三宅さん。

カラフルなガラスだけでなく透明なガラスを使った作品も特徴的で、シンプルながら飽きの来ないデザインが魅力的です。

一口に透明なガラスと言ってもそれぞれ違った個性的な表情を楽しめます。


20210930-A7300027.jpgこちらは北海道のガラス彫刻作家 阿久津稔さんとのコラボ作品。

1点1点手彫りで作られた彫刻ガラスの風景がステンドグラスの灯りとマッチしております。

 

20210930-A7300022.jpg寝室や廊下、階段などの常夜灯として人気のフットランプもたくさん届いております。

それぞれ同じものはない1点ものの作品となっております。


20210930-A7300024.jpg20210930-A7300028.jpg20210930-A7300023.jpgステンドグラスのパネルも得意とされている三宅さん。

動植物をモチーフにしたものから抽象的なデザインまで、様々なご提案をされています。

住宅の窓ガラスに合わせて特注でご制作をいたします。


20211001-A7300038.jpg20211001-A7300044.jpg20210930-A7300031.jpg

京都に工房を構える藍染め職人の下村さん。

日本の伝統的な本藍を使って染めた美しい作品を作られております。

Tシャツやショールなど普段使いのものから、浴衣や反物まで幅広く手掛けられております。

 

20210930-A7300032.jpg


20211001-A7300045.jpg20211001-A7300058.jpg20211001-A7300074.jpg

20211001-A7300062.jpg

服のデザインやサイズのバリエーションは紹介しきれないほどたくさん!

手染めならではの全て1点ものの作品をお楽しみください

 

20211001-A7300068.jpg20211001-A7300091.jpg20211001-A7300082.jpg藍染めの作品は自然光で見るととても美しいです。

お越しの際には是非色々とお試しください。


三宅治良 ステンドグラス/下村透 藍染め展

2021年9月30日(木)~10月5日(火)

※最終日は、16:30までの開催

会期中は作家が在廊し皆様をお迎えいたします。

作品のお問い合わせはこちらまで0551-38-3395(八ヶ岳倶楽部ギャラリー)
gallery@yatsugatake-club.com

最新のお知らせ

月別のお知らせ