ギャラリーだより

2021年8月26日
職人の仕事展 赤木雄一(とんぼ玉) 丹野幸広(サンドブラストアート)

20210826-A7308651.jpg

森のギャラリーでは、ステージと同時開催の職人の仕事展」が始まりました。

トンボ玉作家の赤木雄一さん(写真右)、サンドブラストアートの丹野幸広さん(写真左)お二人の作品を展示しております。

 

20210826-A7308592.jpg20210826-A7308617.jpg


20210826-A7308594.jpg20210826-A7308605.jpg20210826-A7308596.jpg色とりどりな赤木さんのトンボ玉たち。

ネックレスや帯留めなど今回もたくさんの作品が届いております。

 

20210826-A7308598.jpg20210826-A7308615.jpg小宇宙の様な美しさを秘めたトンボ玉は古来から人々を魅了してきました。

赤木さんもアフリカのガーナで出会ったトンボ玉に魅了され職人の道へと進んだそうです。


20210826-A7308601.jpg20210826-A7308610.jpgそれぞれ個性的なデザインのトンボ玉。

ご来店の際は是非ご自身の着物にぴったりな帯留めを探してみてください。

 

20210826-A7308602.jpg20210826-A7308608.jpg20210826-A7308613.jpg他にもブレスレットやストラップなど小物も人気です。


20210826-A7308619.jpg20210826-A7308644.jpg20210826-A7308630.jpgこちらは丹野さんのサンドブラストアート作品。

サンドブラストは透明と色付きの二層になったガラスの表面に、細かい砂を吹き付けて削って模様や濃淡を描いていく技法です。

 

20210826-A7308646.jpg20210826-A7308632.jpg細かな模様だけでなく、濃淡のグラデーションも描く事でこのような風景まで美しく表現されております。


20210826-A7308628.jpg

こちらは透明と二色の三層構造になったガラスをベースにした作品。

グラスの内側と外側に描くことで奥行き感のある仕上がりになっております。

 

20210826-A7308635.jpg

20210826-A7308642.jpg


20210826-A7308640.jpgこちらは美しい切子のグラス。

ダイヤモンドの刃の付いた機械を使い、細い溝を一本一本手作業で彫っていきます。

 

20210826-A7308626.jpg20210826-A7308622.jpg小さなグラスの底にはサンドブラストで描いた風景があり、一つで二つの技法を楽しめる作品になっております。

 

20210826-A7308647.jpg


職人の仕事展 赤木雄一(とんぼ玉) 丹野幸広(サンドブラストアート)

2021年8月26日(木)~8月31日(火)

※最終日は、16:30までの開催

会期中は作家が在廊し皆様をお迎えいたします。

作品のお問い合わせはこちらまで0551-38-3395(八ヶ岳倶楽部ギャラリー)
gallery@yatsugatake-club.com

2021年8月18日
もりのわ工房 渡辺保男・仁芳子 森のガラスとジュエリー展

20210818-A7308383.jpgギャラリーでは本日より、もりのわ工房 渡辺保男さん・仁芳子さんお二人による「森のガラスとジュエリー展」がスタートしました。

美しいガラスの花器やうつわ、シンプルなデザインで身に付けやすいジュエリーなどが色々届いております。

 

20210818-A7308387.jpg20210818-A7308389.jpg


20210818-A7308391.jpg20210818-A7308396.jpg20210818-A7308423.jpgこちらは今回のDMにも使用された新作。

金を使って赤く発色させたガラスを透明なガラスに被せて薄い膜上にし、美しいピンク色が生まれました。

指輪やネックレス、ピアス、イヤリングなどバリエーションも様々です。

 

20210818-A7308421.jpg20210818-A7308427.jpgご夫婦で制作されているもりのわさん。

金属のジュエリーは保男さんの作品です。

鍛金という技法でシルバーなどの金属を叩いて形作っていきます。

 

20210818-A7308438.jpg

20210818-A7308419.jpg

ガラスは仁芳子さんの担当。

水の動きを封じ込めたような透明感のある作品を多く作られております。


20210818-A7308399.jpgこちらも今回の新作。

銅板で作られた赤い魚たちが泳ぐ壁掛け作品です。

 

20210818-A7308417.jpgこちらの魚シリーズは他にも花器や食器もございます。

 

20210818-A7308403.jpg竹をベースに使用した新作のペンダントやブローチ。

中央にはサンゴメノウという模様が美しい石が使用されています。


20210818-A7308431.jpg20210818-A7308428.jpg20210818-A7308440.jpg透明なガラスとシルバーを組み合わせたジュエリーたち。

華やかでありながらシンプルで身に付けやすいデザインです。

 

20210818-A7308433.jpg

20210818-A7308437.jpg20210818-A7308441.jpg


20210818-A7308436.jpg20210818-A7308435.jpg20210818-A7308408.jpg夏らしいブルーのガラスやトルコ石を組み合わせた作品も人気です。

白シャツなどにあわせて爽やかなコーディネートはいかがでしょうか。


もりのわ工房 渡辺保男・仁芳子 森のガラスとジュエリー展

2021年8月18日(水)~8月24日(火)

※最終日は、16:30までの開催

会期中は作家が在廊し皆様をお迎えいたします。

作品のお問い合わせはこちらまで0551-38-3395(八ヶ岳倶楽部ギャラリー)
gallery@yatsugatake-club.com

2021年8月12日
加藤信義 鉄もの地球紀行

20210811-A7308240.jpg森のギャラリーでは加藤信義さんの展示が始まりました!

今年も様々な生き物をモチーフにした作品がたくさん届いております。

 

20210811-A7308218.jpg


20210811-A7308231.jpg

20210811-A7308239.jpg20210811-A7308229.jpg鉄から生まれたちょっとユーモラスな動物たち。

犬、ネコ、ウサギ、くま、鳥など。デフォルメされた可愛らしい作品が色々ございます。

 

20210811-A7308228.jpg20210811-A7308238.jpg20210811-A7308237.jpg同じような形の物も表情やポーズなどが微妙に違う一点ものです。


20210811-A7308227.jpgこちらのカエルは鉄をわざと錆びさせた作品。

錆独特の味わいのある風合いになっております。

 

20210811-A7308234.jpg20210811-A7308235.jpg小さな一輪挿しだけではなく、大きめの花器も色々登場しております。

茶色い銅で出来た花器には殺菌作用もあり、お水が腐りにくくお花も長持ちします。


20210811-A7308224.jpg20210811-A7308225.jpg植木鉢などをたくさん飾れる大きな花台!

個性的な動物や小人たちが賑やかに遊んでいる楽しい作品です。

 

20210811-A7308222.jpg20210811-A7308221.jpgまた、壁掛けや屋外用のハウスサインなどもございます。

ハウスサインはオリジナルデザインでの特注も承っております。


20210811-A7308220.jpg

加藤信義 鉄もの地球紀行

2021年8月11日(水)~8月17日(火)

※最終日は、16:30までの開催

会期中は作家が在廊し皆様をお迎えいたします。

作品のお問い合わせはこちらまで0551-38-3395(八ヶ岳倶楽部ギャラリー)
gallery@yatsugatake-club.com

2021年8月 6日
山夲順子 陶芸展

20210805-A7308156.jpg八ヶ岳も日に日に暑さが厳しくなってまいりました。

森のギャラリーでは昨年に続き二回目の登場、山夲順子さんの陶芸展が始まりました!

 

20210806-A7308161.jpg

20210806-A7308165.jpg


20210805-A7308154.jpg

20210806-A7308160.jpg

20210806-A7308164.jpgたくさんの植物たちに囲まれた八ヶ岳倶楽部。

今回はそんな場所だからこそ、植物が似合う花器をたくさんお持ちくださいました。

 

20210806-A7308181.jpg20210806-A7308163.jpg20210806-A7308173.jpg壁掛けの花器は植物を活けて飾るのはもちろん、

単品で壁に飾っても素敵に空間を演出してくれます。

一点一点違う釉薬の表情が美しい作品です。

 

20210806-A7308166.jpg20210806-A7308167.jpg


20210806-A7308185.jpg20210806-A7308162.jpg置き型の花器も釉薬の表情がとても面白く、見応えのある作品です。

また、持ってみると見た目よりもどっしりとした安定感のある仕上がりになっております。


20210806-A7308171.jpg

20210806-A7308170.jpg20210806-A7308172.jpgこちらも表情が個性的な抹茶碗。

表面にポツポツと光ってみえるものは金や銀を練り込んで焼いた結果浮き出てきたもの。

手に持ったときのバランスもとても良い作りの品物です。



20210806-A7308179.jpg

20210806-A7308174.jpg20210806-A7308176.jpg陶芸に使う粘土もご自身で掘っている山夲さん。

その時になんと水晶も一緒に採れるので、色々なアクセサリーに仕立てております。

国産の天然水晶はなかなか珍しいです。


20210806-A7308160.jpg

山夲順子 陶芸展

2021年8月5日(木)~8月10日(火)

※最終日は、16:30までの開催

会期中は作家が在廊し皆様をお迎えいたします。

作品のお問い合わせはこちらまで0551-38-3395(八ヶ岳倶楽部ギャラリー)
gallery@yatsugatake-club.com

最新のお知らせ

月別のお知らせ