ギャラリーだより

2019年5月16日
織工房フィンランディアの手織ラグ

20190516-A7304711.jpg雑木林の新緑もだいぶ濃くなり、鮮やかな緑が美しい季節となりました。

本日より森のギャラリーでは、ステージでも人気のフィンランディア 手織りラグ展が始まりました!

20190516-A7304732.jpg


20190516-A7304718.jpg北欧フィンランド出身のオオヤマエリナさんを中心に、ご家族三人で伝統技法を活かし手織りで制作されております。

力仕事の大きなラグはお父様の茂さん、エリナさんは繊細な手織りのタペストリーやバッグ、息子さんの秋さんは手間暇かかるチェアマットと、それぞれ分担しての作品作り。

今回は秋さんが毎日在廊しております。

 

20190516-A7304721.jpg北欧デザインらしい美しい色合いの作品たち。

昼夜織という伝統技法で作られたラグは、全てリバーシブルで使える仕様になっております。

 

20190516-A7304737.jpg

20190516-A7304741.jpg20190516-A7304739.jpg

素材にもこだわり、北欧から輸入したウールやコットン、リネン(麻)などを使用しております。

ウール×コットン、コットン×リネンなど片面ずつ素材を変えたラグは季節に合わせて反転させ、通年お楽しみ頂けます。

 

20190516-A7304742.jpg手織りでしっかりと作られた作品は丈夫で長持ち。

ぬるま湯での付け置き洗いなどお洗濯も大丈夫。10年、20年と長年ご愛用頂けます。


20190516-A7304734.jpg20190516-A7304735.jpg裏表を変えるとこのように、雰囲気もガラッと変わります。

木の椅子など、座面が少し冷たく感じるものに敷くのもお勧めです。

また、車のシートに敷いてお洒落に使われている方も。


20190516-A7304724.jpg20190516-A7304725.jpg玄関マットにちょうどいいサイズから大判の絨毯まで、ラグのサイズも大小さまざま。

ご来店の際には是非色々と広げてご覧ください。

20190516-A7304716.jpg20190516-A7304717.jpg大きな作品はタペストリーにしても素敵です。

丁寧な仕事で織られた美しい布目をご覧ください。


20190516-A7304727.jpg20190516-A7304723.jpgこちらはエリナさん作のタペストリー。

麻と金糸を組み合わせ、とても繊細で爽やかな印象に仕上げております。

透け感がありますので暖簾の様な使い方もオススメです。


20190516-A7304733.jpgそのほか、ウールをメインに使った一点もののバッグなども届いております。


20190516-A7304715.jpg20190516-A7304731.jpg織工房フィンランディアの手織ラグ

2019年5月16日(木)~5月21日(火)

平日:10:00~17:30、土日祝日:9:00~18:30 ギャラリーにて開催中

期間中は毎日作家が在廊しております。

ギャラリー担当:杉坂

最新のお知らせ

月別のお知らせ