ギャラリーだより

2018年9月12日
Brianとちいさな曲面たち

20180912-IMGP09881.jpg

実りの秋らしく今年は木の実が豊作です。

アオハダ、ツリバナ、ヤマボウシなどの赤い実がたくさん付き、雑木林の空気がすっかり秋らしくなってきました。

そんな中、本日より森のギャラリーでは風景画家 ブライアン・ウィリアムズさんの展示が始まりました!


20180912-IMGP09749.jpg南米ペルー出身のブライアンさんは46年前に世界旅行で日本を訪れた際、日本の美しい自然風景に魅せられそのまま定住の地に選ばれました。

現在は琵琶湖を拠点として活動されております。

 

 20180912-IMGP09582.jpg

20180912-IMGP09718.jpgブライアンさんは独自に編み出した曲面絵画をメインに制作されております。

「絵画は四角い平面」という常識に囚われず、「人間の視野は球体的である」という考えから発想を得て誕生しました。

キャンバスの形を三次元的に曲げ、輪郭の形も自由に作る事で普通の絵画とは一味違う立体感、臨場感を得る事が出来ます。

 

20180912-IMGP09561.jpg


20180912-IMGP097510.jpg

20180912-IMGP09636.jpgブライアンさんの作品はどれも光の存在感と空気感、遠近感を大切にして描かれています。

水彩画ならではの繊細で柔らかい表現を生かし、とても臨場感溢れる作品に仕上がっております。

 

20180912-IMGP09603.jpgガラスやアクリルで額装された絵画と違い、一見取扱いに気を遣いそうな作品ですが

仕上げに表面に薄い樹脂コーティングを施している為、画面を直接乾拭きして頂いても大丈夫です。

 

20180912-IMGP09697.jpg山岳風景では曲面絵画ならではのダイナミックな遠近感が効果的に表現されております。


20180912-IMGP098312.jpg20180912-IMGP09614.jpg今回は日本の美しい秋の風景を描いた作品が色々届いております。

 

20180912-IMGP09625.jpgまたイタリアなど海外の風景画も数点届いております。


20180912-IMGP097811.jpgブライアン・ウィリアムズ展 Brianとちいさな曲面たちは2018年9月12日(水)~18日(火)まで開催しております。

※今会期中は作家の在廊はございません。

ギャラリー担当:杉坂

最新のお知らせ

月別のお知らせ