ギャラリーだより

2018年8月28日
梅田純一 親子四人展2018 革・陶・銀・絵

2018-4.jpg8月も残すところ4日となりました

厳しい残暑が続きますが皆様

いかがお過ごしでしょうか、また

いつも、ギャラリーだよりをご覧いただき

誠にありがとうございます

心から感謝申し上げます

さて本日からギャラリーでは

梅田純一さん

ファミリーによる

「梅田純一親子4人展革・陶・銀・絵」

がスタート致しました


2018-1.jpg毎年恒例、ご家族を代表し在廊されるのは

京都府でシルバーアクセサリーの制作を

される長男 梅田竹生さんです

梅田さんファミリーは、お父さん純一さん

長男 竹生さん

次男 要さんそのお嫁さん繭さん

全員が独学で作品づくりを始められています

"人は皆、生まれた時はアーティスト"

それぞれが「生きる心の糧」として

生み出した作品達です!

をコンセプトに、皆さんがそれぞれの

個性を発揮し作品の制作をされています


2018-6.jpg

"花器"

まずは、お父さん梅田純一さん

作品をご紹介致します

2018-7.jpg

躍動感に溢れ

力強く大胆な絵付けが

純一さん作品の特徴です

"紅葉 色絵シリーズ"

角皿・湯呑・手箕

2018-8.jpg2018-10.jpg"椿 色絵シリーズ"

2018-9.jpg"しろつめくさ 色絵シリーズ"

2018-12.jpg純一さんの代表作 "麦"

その他 ひまわりなど

たくさんの色絵シリーズの作品が登場しています

2018-11.jpg"椿 色絵お茶碗"


2018-21.jpg2018-20 (2).jpg長男 梅田竹生さんの作品です

"アホロートル(ウーパールーパー)の指輪"

「ロストワックスという技法」により

細密な細工を施し作られたシルバー

アクセサリー!!

ルーペを使い見れば見るほど

そのユーモア溢れるデザインに感動です

2018-24.jpg

2018-23.jpg"可動式 クラゲの指輪"

なんと指輪を外すと内部に収納されていた

クラゲさんのあしが出て来ます

2018-26.jpg"きのこの指輪"

2018-25 (2).jpg"カーネーションの指輪"

2018-35.jpg天然石や珊瑚を使用したアクセサリーも

ご用意しております

2018-25.jpg"龍のブレスレット"


2018-20.jpg次男 梅田要さんの作品です

要さんは、沖縄県石垣島で作品の

制作をされています

パイナップル・ゴーヤ・クマノミ

ウミガメその他沖縄県・石垣島ならではの

可愛いモチーフの作品が登場し

八ヶ岳倶楽部オリジナルの

ニホンミツバチ・カツラの葉キーホルダーも

「今現在要さんは、八ヶ岳倶楽部オリジナルの

ドングリキーホルダーも開発中です」

お楽しみにしてください

2018-17.jpg2018-19.jpg"最新作 ドラゴンフルーツ"

2018-18.jpg"今年の干支 犬"

可愛いですね

バックの取り付け金具もご用意ございます

2018-39.jpg2018-13.jpg2018-14.jpg"国産豚革を使用し手縫い・手染めで制作されたお財布"

豚革の特徴は、使い始めはパリッとした感じ

ですが使用して行くうちに徐々に

柔らか~く手に馴染んで来ます

長年お使いいただける作品となっております

「シルバーアクセサリーは勿論メンテナンスも承ります」

2018-15.jpg"ブレスレット"

2018-3.jpg2018-2.jpg"リュウキュウ 革 ショウビン"

本革で作る沖縄の生き物モビール

お水でぬらしてお作りください

リュウキュウアカショウビン


2018-30.jpg

"ハタタテダイ"

梅田繭さんの作品です

繭さんは、油性色鉛筆を使った絵画を描かれます

リトグラフ(版画の一種)として刷った

作品に一点一点さらに着彩をされるため

同じ作品はございません2018-31.jpg"海までの道"

繭さんの優しい雰囲気の作品を通し

八ヶ岳倶楽部に石垣島の心地良い風が

届きました!!


梅田純一 親子四人展2018 革・陶・銀・絵

会期:2018年8月28日(火)~9月4日(火)まで

最終日は、17:00までの開催となります

梅田純一ファミリー皆さんの、個性溢れる作品とともに

皆様のご来店を心よりお待ち申し上げます

いつも、ありがとうございます。

ギャラリー担当:荒川

 

2018年8月21日
丹野幸広 サンドブラストアート展

20180821-IMGP02661.jpgお盆休みも終わり、八ヶ岳は早くも気温が下がり秋の空気が漂いはじめました。

そんな中森のギャラリーではブース展初登場のHIROガラス工房 丹野幸広さんの展示が始まりました。


20180821-IMGP02703.jpg丹野さんはサンドブラスト加工をメインにガラス彫刻を作られております。

その名の通り細かい砂をガラスに吹き付けて彫刻を施していくサンドブラスト技法。

 

20180821-IMGP02959.jpg透明なガラスの上に色の付いたガラスを重ねて作られた被せガラスというものをベースに模様を削り出していきます。

こちらのカップはフクロウの模様はサンドブラスト、他の部分は切子の技法でカットされております。


20180821-IMGP030612.jpgサンドブラストは色ガラスの削り加減を変える事で、微妙なグラデーションを表現できます。

 

20180821-IMGP029810.jpg20180821-IMGP030411.jpg

遠近感のある風景画の作品たち。

もちろん透明な素材ですので内側から見ても楽しめます。

またとても細かい図案まで描き出せるのもサンドブラストの特徴。


20180821-IMGP033016.jpgこちらはカワセミとフクロウをモチーフにしたカップ。

丹野さんは自然と緑をテーマに、心がなごむ様な作品を生み出されております。

 

20180821-IMGP033618.jpg

見ていると物語が聴こえて来そうなランプ作品。


20180821-IMGP02917.jpg

20180821-IMGP02866.jpgこちらの繊細なグラスは切子で作られたもの。

回転する砥石をいくつも使い分けて模様を描いていきます。

ダイヤモンドの歯での荒削り、砥石で表面を整えてコルクで磨き、さらにバフをかけて完成と4行程。

切子は非常に手間がかかる技法です。

 

20180821-IMGP02938.jpgそしてこのグラスを内側から覗くとサンドブラストで描かれたフクロウが。

丹野さんは二つの技法を組み合わせて様々な作品を作られております。


20180821-IMGP032715.jpg20180821-IMGP030913.jpg丹野幸広 サンドブラストアート展は8月21日(火)~27日(月)まで開催しております。

会期中は作家が在廊し、切子の制作実演も行っております!是非お越し下さい。

ギャラリー担当:杉坂

2018年8月17日
廣岡正勅 ペーパーアート展

20180817-IMGP998518.jpg夏休み、いかがお過ごしでしょうか。

ギャラリーでは本日より大人も子供も楽しめる、ペーパーアート作家 廣岡正勅さんの展示が始まりました!


20180817-IMGP990510.jpg20180817-IMGP992213.jpg色や質感の違う紙を組み合わせて作るペーパーアート。

この鉛筆の先より細い触覚まで全て紙から切り出して作られております!

 

20180817-IMGP997517.jpgそして廣岡さんはこれらの作品を下書きなし、フリーハンドで作っているというから驚き!

平面の紙があっという間に形を変えていく実演は圧巻です。


20180817-IMGP99039.jpg夏休みらしく今回は「虫」をメインテーマにたくさんの作品が届いております。

 20180817-IMGP98762.jpg

現代と比べおもちゃが少ない子供時代、紙や菓子箱を切って遊んでいた廣岡さん。

大人になりグラフィックデザイン等の仕事に就いた後、子供の頃に慣れ親しんだペーパーアート作家として活動をはじめます。

 

20180817-IMGP99008.jpgニューヨークでも制作活動をされ、長期クルーズ船での船内パフォーマンスを行うなど

世界中で活躍しているペーパーアート会の第一人者です。


20180817-IMGP990611.jpgそして現在は清里で制作活動をされている廣岡さん。

八ヶ岳の森に住む動物たちも色々作られております。

こちらはアカゲラというキツツキの仲間。

 

20180817-IMGP990912.jpgこちらはヤマガラの飛翔シーン


20180817-IMGP98966.jpg今回は一風変わったこんな新作も登場!

エジプトの風景をモチーフにした切り絵に近付いてよく見ると...

 

20180817-IMGP98945.jpg

紙ではない繊維質が見て取れます。

そう、こちらは古代エジプトで使われていたパピルスを使った作品です。

 20180817-IMGP98977.jpg


20180817-IMGP98804.jpgこちらはエジプトの甲虫スカラベとヒエログリフ(象形文字)をデザインした作品。

繊維質のパピルスは切るときに裂けやすく、千切れない様に台紙でサンドイッチして切り抜きます。

 

20180817-IMGP98793.jpgその台紙の副産物がこちら。

素材を変える事で全然違った雰囲気に仕上がります。


20180817-IMGP992714.jpgこちらは自分で作れるペーパーアートキット。

簡単なものは5歳から作れるように出来ています。

夏休みの工作にもオススメ!

 

20180817-IMGP996115.jpg

他にも飛び出すカードなど楽しい作品もたくさん届いております。


20180817-IMGP997116.jpg最後にご紹介するのは廣岡さんの奥様が手掛ける「我が家のポートレート」

素材はもちろん紙だけ。細かい部分まで非常に良く作りこまれております。

ご自宅のお写真などを元に、オリジナルの1点をご注文頂けます。


20180817-IMGP98731.jpg廣岡正勅 ペーパーアート展は2018年8月17日(金)~20日(月)まで開催しております。

会期中は作家が在廊され、楽しい実演も行っております!

ギャラリー担当:杉坂

2018年8月10日
岩崎勝彦 木工展2018

DSC_0655.jpgいつも、ギャラリーだよりを

ご覧いただき

誠にありがとうございます

いよいよ、たくさんのお客様が

ご来店下さるお盆休みがスタート致します

そんな、お祭りの様な活気に満ちた

雰囲気の中、ギャラリーでは

木工作家 岩崎勝彦さんの"木工展"

始まりました!!


DSC_05001.jpg1998年に八ヶ岳に工房を構え

作品の制作を開始した岩崎さん

もともとは建築設計の

お仕事をされていました

木工作家になられてからも

「お客様のお住まいをいちばん

心地良い場所にするために」

コンセプトに、日々の暮らしを

快適に過ごしていただくための

作品づくりをされています


 

DSC_0573.jpg左:ハイバックザブトンソファー

中央:ザブトンスツール(トレー・お盆)

テーブルとしてもお使いいただけ

トレイ(お盆)を外すとスツールとしても

お使いいただけます、画期的なデザインです

右:ザブトンソファー

岩崎さんは、秋田県産ヤマザクラを

はじめとしナラ・クリなどを

使用し家具を作られます

*こちらのハイバックザブトンソファー

ご注文からお届けまでの期間を4ヶ月~と

させていただいております、ご了承ください

DSC_0523.jpgDSC_0575.jpg"ご自宅がいちばん心地良い場所"

そんな言葉にピッタリの座り心地を

叶えてくれるたくさんの椅子たち

また、デザイン的にもお客様の

ご自宅に自然と溶け込んで

行くようなかたちです


DSC_0525.jpgDSC_0528.jpg"ワイングラスホルダー"

シンプルでお洒落ですね~

DSC_0544.jpg

"ネストテーブル"


DSC_0617.jpgDSC_0612.jpg

"ハイバックザブトンソファーの枕"

この様に裏側に重しが付いていて

お好みの高さに調整が

しやすくなっております


DSC_0513.jpgDSC_0509.jpg"イージーチェアー"

真田紐で編まれた部分がとても

美しいですね、この部分が身体を優しく

包みこんでくれます

一日の疲れを癒やしてくれる

そんな椅子でありますように...

DSC_0638.jpg"ダイニングチェアー"

背もたれ部分が腰のツボを

優しく刺激し姿勢を正してくれます


DSC_0285.jpg"ハイバックザブトン・ロッキングチェアー"

DSC_0635.jpg"スツール"

玄関でお靴を履かれる時など

とても便利にお使いいただけます

DSC_0715.jpg"プランター"

植物を入れたり...

書籍や雑誌を入れたり...

自由にお使いください


DSC_0500.jpg"花額"

こちらの作品は、縦・横

両方のスタイルで壁面に

飾っていただけます

(ガラスの試験管が収まる

花器部分がくるりと反転いたします)

DSC_0721.jpg"時計"

DSC_0711.jpg"カッティングボード"


岩崎勝彦 木工展2018

会期:2018年8月10日(金)~8月16日(木)まで

最終日は、17:00までの開催となります

皆様のご来店を心よりお待ち申し上げます

いつも、ありがとうございます。

ギャラリー担当:荒川

2018年8月 3日
もりのわ工房 ガラス・ジュエリー & 杉山茂 草木染め扇子・団扇展

20180803-IMGP96871-2.jpg

八ヶ岳も例年より暑い日々が続いております。

そんな中ギャラリーでは、夏にピッタリな清涼感のあるガラスとアクセサリー、職人手作りの扇子と団扇展が始まりました。


20180803-IMGP97037.jpgこちらは山梨県富士川町で制作をされている杉山茂さんの作品。

団扇・扇子共に1本1本丁寧に手作り。

「本美濃和紙」という上質な和紙を使用し、自然素材を用いた「草木染め」で染め上げています。

 

20180803-IMGP96945.jpg20180803-IMGP96966.jpg美しい竹の骨組みも日本伝統の職人技が成すもの。

しっかりとコシのある団扇は風量も抜群です。


20180803-IMGP96892.jpg20180803-IMGP96903.jpg形のバリエーションもたくさんございます。

日本の夏には爽やかな藍染の作品がとても似合います。

 

20180803-IMGP96924.jpg


20180803-IMGP976014.jpgお次はご夫婦で活動されているもりのわ工房 渡辺保男さん、仁芳子さんのご紹介。

今回は夏らしいブルーのガラスを使った作品や、涼しげなシルバーの作品をメインにお持ち下さいました。

 

20180803-IMGP974311.jpg


20180803-IMGP975013.jpg保男さんは鍛金という技法でシルバーなどの金属を叩き出し

こうしたジュエリーの金属部分を制作されております。

 20180803-IMGP97138.jpgこちらは葉っぱに落ちた雫をモチーフにした作品。

ブローチや指輪、ピアスなどのバリエーションがございます。

雫などのガラス部分は仁芳子さんが制作されたもの。夫婦の合作がたくさんございます。


20180803-IMGP974812.jpg仁芳子さんは吹きガラスでアクセサリーや花器、食器などを作られております。

こちらは人気のペンダントトップ。カラーバリエーションもたくさん!

 

20180803-IMGP97349.jpg20180803-IMGP974010.jpgこちらは銅板で作られた金魚をガラスに封入した作品。

お水を入れると本当に金魚たちが泳いでいるような、楽しい作品です。

この他にコップなども登場しております。


もりのわ工房 ガラス・ジュエリー & 杉山茂 草木染め扇子・団扇展は8月3日(金)~8月9日(木)まで開催しております。

ギャラリー担当:杉坂

最新のお知らせ

月別のお知らせ