ギャラリーだより

2018年5月23日
嵯我 卓 鍛金の仕事展

DSC_1278.jpgこんにちは。ギャラリー担当の荒川です。

今年も金属工芸の伝統技法"鍛金"を使いユニークで

可愛い生き物をモチーフにした作品を制作される

嵯峨卓さんがはるばる宮城蔵王から

来てくださいました~!!

DSC_1290.JPG「嵯峨卓さん」

「大空回帰~バル~ンペンギン」

可愛いですね~夢がありますね~

お子様たちにもぜひ観ていただきたいなぁ

IMG_0941.jpg2mを超える大作で~す。


IMG_0943.jpgIMG_0945.jpg嵯峨さんは「金属の硬さを感じさせず、柔らかく

愛らしいもので表現したい」をコンセプトに

作品の制作をされます。

鍛金は、金属を金床や当金などに当て

金槌で打つことで形を変えていく技法です。

見て下さい、この金属とは思えない

"ベスト肩部分のしわ感"

IMG_0948.jpg"引っ張られ感"


IMG_0947.jpgこのペンギンさんは広い広い大空へ

今にも飛び立とうとしています。

しっぽでバランスを取り?

少しだけ浮かんだお靴が何とも可愛いです。

IMG_0949.jpg金属ですが金属にみえません。

愛らしいお靴。


DSC_1200.jpg"Chick  Penguin"

~火器をすてて花器をもつ~

ガンベルトを腰に巻いていても

ガンの代わりに花器を持つ

平和へのメッセージも込められています。

DSC_1202.jpg森の中で気持ち良さそうですね

幸せ!!


DSC_1215.jpgう~ワンワン

"てるてるわんこ"

フレンチブルちゃん

IMG_0953.jpgIMG_0954.jpg"ものいれウサギ"

オブジェとしてお部屋の演出に

キャンディを入れても宝物を入れても

嵯峨さんの作品はいつも心を楽しくしてくれます。


IMG_0962.jpgDSC_1217.jpg嵯峨さんの作品は主に銅板を

金槌で叩きしぼる技法を用います

昔から日本でも台所で使用するお鍋や器など

身近な物が鍛金の技法作られていました。


DSC_1190.jpg"TUTU-Ⅱ"

DSC_1198.jpg"スクエア"

モダンデザインが置かれた空間と

活けた植物を活かしきってくれます。

DSC_1230.jpg

DSC_1266.jpg

上:弓花 マゲの燭台

下:ハナマウス

今回もたくさんの花器が登場しています。


IMG_0980.jpg"ペンギンダイブ"

こちらも幅70㎝を超える大作で迫力満点

また優しい瞳が印象的です。

IMG_0979.jpgダーイブ!!


IMG_0968.jpgDSC_1270.jpg"おうしはんが~"

"おうしのっか~"笑

トントン♫♪こんな愉快で素敵な

ドアノッカ~見た事ありませんね。


DSC_1258.jpg嵯峨卓 鍛金の仕事展

会期:2018年5月23日(水)~5月29日(火)迄

最終日は17:00迄の開催となります。

美しい新緑の森の中、柔らかく愛らしい

作品とともに皆様のご来店をお待ちいたします。

いつも、ありがとうございます。

ギャラリー担当:荒川

2018年5月14日
槙田商店 傘展 2018

20180508-DSC_76301.jpg今、八ヶ岳倶楽部の森ではツツジが綺麗に咲いております。

そんな美しい風景と雰囲気の中、これからの季節にぴったりな槇田商店さんの傘展がスタート致しました。

槇田商店さんは山梨県南東部、富士北麓西桂町で創業152年と歴史ある老舗の生地屋さんです。

20180515-IMGP997910.jpg


20180515-IMGP99232.jpg今回の目玉は新作の「こもれび」シリーズ

山梨県産業技術センターと山梨大学とが共同開発したジャカード織物の製造方法を活用し、

木漏れ日の柄を自然なグラデーションで表現した晴雨兼用傘です。

 

32152269_1609158089133077_7563801612892766208_n.jpg~槙田商店さんホームページより~

*「こもれび」とは
「こもれび」は、森のなかの木漏れ日をイメージし、傘におちる木漏れ日の光と影をジャカード織でデザインしたものです。
通常のジャカード織では、輪郭のはっきりしたデザインが使われますが、本商品のように木漏れ日の影が描くような滑らかなグラデーションの表現は、従来の技術では不可能でした。
しかし弊社の得意分野であるジャカード織に、最先端の技術を活用することで、グラデーションだけで描かれたデザインを実現。

まるで木漏れ日の中を歩いているようなデザインの傘が誕生しました。

 

32155013_1609158109133075_8001651645861593088_n.jpg*「こもれび」に使われた技術
「こもれび」で使用している新技術は山梨県産業技術センターと山梨大学とが共同開発したジャカード織物の特許技術。

織物に特化した画像処理技術用いて、緩やかで自然なグラデーションがとてもきれいに表現できる製造方法です。

この技術を活用して、槙田商店の設備する大きな織柄を自由に織れる織機を使用することで、木漏れ日の美しい微妙な陰影を織物上に再現することができました。

 

20180515-IMGP99437.jpg*「こもれび」と山梨の森
「こもれび」のデザインは、自然ゆたかな山梨の雑木林を散策するイメージがもとになっています。
この傘の誕生の一つのきっかけとなっているのは弊社が2 年程前よりイベント出展させていただいている八ヶ岳倶楽部の社長・柳生宗助様の
「八ヶ岳倶楽部の雰囲気を表現した傘が欲しい」
という声、そして八ヶ岳のすそ野に広がる美しい雑木林の風景のイメージでした。
傘は生地を織ることから縫製・組立まですべて職人の方々の手で作られます。


20180515-DSC_77666.jpg

こちらはスウェーデンが誇るデザイナー・戦後最大のクリエーターといわれたスティグ・リンドベリさんのデザインとのコラボレーション。
リンドベリさんのご遺族が、槙田商店さんの織りの技術と傘づくりに信頼をおいたことで実現した作品です。

 

20180515-DSC_77351.jpg20180515-IMGP999811.jpgこの様にプリントではなく、すべて織りによって美しい柄を描き出されています。


20180515-IMGP99578.jpg

20180515-IMGP99283.jpg

リンドベリさんデザインの傘はバリエーション様々。

男性、女性共にお使い頂けます。

 
20180515-IMGP99669.jpg


20180515-IMGP006613.jpgこちらは男性向けシリーズの「Tie」

ネクタイの柄の様に落ち着いたデザインはスーツにも似合います。

 

20180515-IMGP002512.jpg


20180515-IMGP00701.jpg

テキスタイル スカート・パンツ

こちらはこの生地をご購入されたお客様がご本人で左右の隅を縫い上げ、お湯で洗濯していただき乾燥機で乾燥させ完成するという商品。

手縫い・ミシンどちらでもOKです。

糊付けされたゴム状の糸が織り込まれており、洗濯と乾燥によって糊が取れて、写真右の生地が左側の様に生まれかわります。

 

アレンジ次第で、リバーシブルスカート、サルエルパンツやボレロにも!!
縫って、洗って、縮む、テキスタイル「Sibo」
ご自分で手掛けた風合いを楽しんでください!!


20180515-DSC_77434.jpg
槙田商店 傘展
会期:2018年5月15日(火)~5月22日(火)迄
最終日の開催は、17:00迄となります。

槙田商店さんの職人の方々が生みだす素晴しい作品・商品とともに、皆様のご来店を心からお待ち致します。
ギャラリー担当:荒川



2018年5月 8日
尾崎稔成 ガラス展2018

IMG_0841.JPGこんにちは

ギャラリー担当の荒川です

今朝の森は霧につつまれ静寂そのものでした

そんな森の朝が私は大好きです

美しい新緑のダンコウバイ

その葉には、パラッと降った雨水が

ガラス作品の様におかれていました


DSC_1082.jpg本日から山梨県上野原市に工房を構え

ステンドグラス・吹きガラスをはじめとする

ガラス作品の制作をされる尾崎稔成さんの

ガラス展2018がスタート致しました

DSC_1155.jpg


19905371_1406889946059938_5460982225602673316_n.jpg今年の4月1日に竣工した山梨県上野原市

JR上野原駅南口エレベーター棟正面に

尾崎稔成さんの作品が設置されました

DSC_1181.jpg作品のタイトルは"天空の杜"

上野原市の花や鳥である"りんどうや鶯"

に加えて自然環境豊かな上野原市のイメージを

天空に望む森の世界として優しく構成しています

~尾崎稔成さんコメント~

尾崎さんはルーブル美術館にて

2011年「Dream to The sky」

2014年には「Hervest」を発表されています


IMG_0745.jpg

IMG_0752.jpg"大プランツ"

植物を愛する尾崎さんらしい作品です


DSC_1115.jpgDSC_1069.jpg"黒色花入れ"

モダンな雰囲気が素敵ですね


IMG_0743.jpgIMG_0761.jpgIMG_0740.jpg"オレンジ花入れ"

"ツイスト花入れ"

"たまねぎ花入れ"


IMG_0815.jpg1980年代はアメリカに渡り

ダンテ・マリオ二氏に

1990年代にはイタリアに渡り

ピノ・シニョレット氏に

ガラスを学ばれた尾崎さん

作品の配色もまた個性的です

IMG_0817.jpgたくさんの色の作品が置かれた空間

どこか遠くの国にタイムスリップ

したかの様にその空間の雰囲気を

いっきに生まれかわらせてくれます

ここはイタリアのフィレンツェかなぁ?

IMG_0731.jpgタイトルは"ウッディ―花入れ"です、しかし

ワインを注ぎ・フランスパンとチーズとハムをのせ...

そんな使い方もありますよ

IMG_0736.jpg"三本あし器"

IMG_0804.jpgこちらは和を感じさせる

"黒色花入れその他水さし"など

お茶で使用されるこの水さし

内側には金彩が施されています

DSC_1122.jpg


IMG_0793.jpg"クラゲ"

暗い海に優雅に浮かぶ美しいクラゲ

IMG_0826.jpg"アクセサリー"

DSC_1165.jpgDSC_1171.jpg


尾崎稔成 ガラス展2018

会期:2018年5月8日(火)~5月14日(月)

最終日は、17:00までの開催となります

他にはない「尾崎稔成のガラスの世界」

新緑の森の中、美しい作品とともに

皆様のご来店を心からお待ち致します

ギャラリー担当:荒川

最新のお知らせ

月別のお知らせ