ギャラリーだより

2017年6月 9日
梅雨を愉しむ「傘」展 ~槇田商店~


新緑のグリーンが美しい、八ヶ岳の6月、

キビタキの声が響き、涼やかな風が葉を揺らし、雑木林を通ってゆきます。

そして6月にはもう一つの美しい風景が広がります。
雨の雑木林。
コアジサイのほんのり甘い上品な香りと、雨の雫をまとった木々の瑞々しい緑、
梅雨を愉しむ季節です。
さて、そんな6月にぴったりの地元の逸品が今年もギャラリーに登場です!
創業から150年余、槙田商店さんのブース展のはじまりはじまり〜!!
20170609-IMGP59071.jpg
槙田商店さんといえば、長年培われた高い技術を以って、自社で織り成す美しい生地が最高の魅力。
時代と共に画期的な展開で、使う人々の心に喜びを届けて下さいます。
初日の本日は槇田さんが駆けつけてくださいました!
20170609-IMGP59387.jpg
さてさて今年はどんなシリーズが届いたかといいますと、、、

ステージでの北欧展でもたくさんのアイテムが登場し、昨年生誕100周年でもあった、
スウェーデンが誇る戦後最大のクリエーター"スティグ リンドべり"のデザインが登場!!
待ってました~!!
生涯で1万点以上ものデザインを残したと言われている、リンドベリの心躍るデザインが、
日本トップの技術を誇る、傘生地専門工場"槇田商店"さんとのコラボレーションで、美しく気品を以って仕上げられました!
こんな贅沢で素敵なことがあって良いのでしょうか☆☆☆
晴雨兼用なのもとってもとっても嬉しい!
さて、どれにしようかな・・・どれもこれも素敵で、迷う迷う・・・。
20170609-IMGP59234.jpg
そして初めて出逢った時のときめきは、今でも変わりません。
日傘「菜」のシリーズの質感は、かわいらしく愛おしさがつのる、大好きなシリーズです。
にんじん、白菜、オクラにエノキ、トウモロコシ!!
どれがどの柄だか分かりますか?
こんな素敵な日傘にはなかなかお目にかかれません!
私はトウモロコシがやっぱり好きです♡
20170609-IMGP59488.jpg

さてお次は、、、
生地を二重に張る技法で、古くから匠の技として受け継がれてきた"蛙張り(かわずばり)"
で製作された贅沢なシリーズ「1866-kawazu」
日本には羽織や背広の裏に、贅を尽くす「粋」という文化があります。
その「粋」を表現されたこちらのシリーズ、外側は光沢の美しいシャンブレイ生地、
内側は傘を差す人の心がウキウキするテキスタイルデザインが施してあり、
なんとも小粋なシリーズなのです!
こちらも嬉しい、晴雨兼用です♪
20170609-IMGP59261.jpg20170609-IMGP59326.jpg
たくさんの世界観を持つ、槇田商店さんの商品たち、
こんなPOPで楽しいシリーズも。
"FUSION"シリーズは甲府の子供服ブランドさんとのコラボレーションシリーズ♪
大人も子供も雨の日が待ち遠しい、楽しさいっぱいのシリーズです。
バックパックもお揃いで、軽快な雨の日を演出してくれます!
20170609-IMGP59223.jpg
ちょっと小ぶりで爽やかな柄のこちらの傘は、
実はまたまた晴雨兼用傘。
そしてそのサイズにはちょっとしたアイデアが詰まっています。
「晴れの日は、爽やかにママの日傘」
そして・・・
「雨の日はちょっと大人の気分でわたし(お嬢さん)の傘」
親子で愉しめる、日傘と雨傘!
なんて素敵なアイデアなんでしょう!!
20170609-IMGP59192.jpg
日本に住むわたしたち、梅雨だなあ・・・とうつむかず、
素敵がいっぱいつまった「槇田商店」さんの傘を手に、
雨の日を(晴れの日も!)目いっぱい楽しんでみてはいかがでしょう!
雑木林のコアジサイと共に、皆様を素敵な梅雨時間に誘いたいと思いますので、
どうぞ、お出かけくださいませ。
IMGP5952.jpg
"槇田商店 「傘」展"
2017年6月9日(金)~6月15日(木)
※最終日は17時までの開催となります
ギャラリー担当:千野

最新のお知らせ

月別のお知らせ