ギャラリーだより

2016年5月 3日
棒田和義 陶板アート展

例年ですとゴールデンウィーク後になるのですが、八ヶ岳の森では今年は新緑の芽吹きが早いようです。
そして地面にはカタクリの花がまだ咲いてくれています。

 
倶楽部から少し下った場所ではサクラが咲いております。
同時にご覧頂けるのは珍しいかも・・


16_boda01.jpgそんな八ヶ岳の森の中のギャラリーではお馴染み棒田和義さんの「陶板アート展」が始まりました!

 
金沢の里山で制作活動される棒田さんは九谷の土の風合いを活かし、南欧の美しい町並みを立体的に表現されています。

 

16_boda02.jpg

16_boda03.jpg

作品は「絵」制作方法は「陶芸」と「彫刻」
「レリーフ」という浮き彫り彫刻技法だそうです。
そのため独特な世界感を醸し出されています。

 16_boda04.jpg


16_boda06.jpg

半磁器に描かれた山の風景画たちは「印象の森」と名づけられています。
八ヶ岳や信州の山をモチーフにされています。

 
毎個展開催八ヶ岳倶楽部の景色も描いて下さっています。
金沢という素敵な場所にお住まいなのに「居心地の良い自然がある八ヶ岳はのびのび出来て大好き!」と仰っています。


16_boda07.jpg今回はこんな星の形をした時計も用意して下さいました。


16_boda08.jpg

以前は商品企画部で洋食器の企画デザインされていた棒田さん。
造形が優先し生活から離れてしまわない様なデザインを。

 
そして気にいってくれた方々が大切に使って頂けるもの作りを目指しておられます。
今回はたっくさんのお皿やマグカップも用意して下さいました!

 

16_boda09.jpgこちらの人気のお皿は料理が盛り付けられて絵が完成する様にと空に白い大きなスペースが空けられています。


16_boda10.jpgこちらは「カタクリ」が描かれたお皿たち。

 

16_boda11.jpg「サクラ」と「ブドウ」は初登場です。


16_boda12.jpg倶楽部の風景がマグカップに!
裏面には「カツラ」や「ムシカリ」の木々や「アカゲラ」「イワシャジン」などが描かれています。

 

16_boda13.jpg


16_boda05.jpg棒田和義さんの「陶板アート展」は5月3日(火)から11日(水)まで開催しています。

 

期間中は作家本人が毎日在廊し、皆様をお迎えいたします。
タイミングが合えば実演もご覧頂けます。
是非この期間中のぞきにいらして下さい!

最新のお知らせ

月別のお知らせ