ギャラリーだより

2016年4月19日
瀬沼健太郎 硝子展

sk01.jpg本日から吹き硝子作家 瀬沼健太郎さんの硝子展がスタート致しました。

雑木林にお花が咲き始めた今、ぜひご覧頂きたい作品がたくさん登場しています。

"活花"をされる瀬沼さんは"花のための器"を制作されます。

 

幼少の頃の遊び場は高尾山だったという瀬沼さん、作品づくりのなかにも

その頃に感じた山の植物たちの姿・空気感・沢の風景・風・湿度・そんな自然の

表情をガラス作品にお花を活ける事で表現されています。

 

その上品で"みずみずしい"作品をみているだけでうっとりとしてしまいます


sk02.jpg瀬沼さんの作品を通し綺麗に咲くカタクリを覗いてみました。


sk03.jpgsk04.jpg

"水景 108,000円" オブジェ


sk05.jpg"ピッチャー 16,200円"

sk06.jpg

"瓶子 54,000円" 花器

sk07.jpg

"珠の花入れ 16,200円"


sk08.jpgsk09.jpg

"一草一花 32,400円" 花器


sk10.jpg

"掛花入 86,400円"


sk11.jpg

"片口 12,960円"

"酒杯 10,800円"


"一文字 54,000円" 花器

sk12.jpgsk13.jpg

 


sk14.jpg

"空壺 16,200円" 花器

sk15.jpg

"水出処 43,200円" 花器


sk16.jpg

"虫翅文花入 216,000円"

sk17.jpg

"虫翅文花入 194,400円"

sk18.jpg

"樹骨器 54,000円"


sk19.jpg

"掛花入 21,600円"

 

カタクリのお花が綺麗に咲く今、瀬沼健太郎さんの美しい作品と

ともにギャラリーで皆様のご来店を心からお待ち申し上げます。

 

瀬沼健太郎 硝子展

4月19日(火)~4月25日(月)

ギャラリー担当:荒川

最新のお知らせ

月別のお知らせ