ギャラリーだより

2015年9月11日
柴田望 鍛金展 ガラスの宇宙

 DSC_0132.JPG

八ヶ岳はすっかりと秋めいて来まして時折ストーブを点ける事もあります。
ゆっくりと八ヶ岳倶楽部を楽しんで頂ける時期でもあります。
ギャラリーでは大勢おられる作家さんの中で33才と若い柴田望さんの展覧会
がスタート致しました。


DSC_0126+1.jpg

   ただ若いだけでは無く、その技術や造形力でもうすでにアメリカなど世界で注目されています。
 

DSC_1020.JPGDSC_1038.JPGのサムネイル画像DSC_1033.JPGDSC_1041.JPG


DSC_1055.JPGのサムネイル画像 

 こちらは今年パリに出展された

DREAM OF SEPIA

sepia」は現在「セピア色」と使われたりしますが、

 語源は「甲イカ」だそうです。

 

 

 

 

 

 

DSC_1057.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

夢いっぱいの甲イカ君はどこに連れて行ってくれるのでしょう?
独学で鍛金を始める前はノルウェーの学校で木造の船を作っていた柴田さん。

 

DSC_0005.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

その当時好きだった船がモチーフだそうです。

 

DSC_0018.JPG

 

 


 

 

 


DSC_0023.JPGのサムネイル画像 

 

 

細部まで細やかに作られています。ボルトなどの小さなパーツも全てご自身で作られます!

DSC_0010.JPG

 

 



 


DSC_1046.JPG この作品はガラス作家、中條健太さんとのコラボレーション作品「COSMO SCALE」
「道具のようなオブジェ」をイメージされた作品。互いがバランスを保ちながら回転します。中條さんは強化ガラスと3000近い温度になる酸素バーナーを使い制作されます。 
 

DSC_1049.JPG

その作品の中には小さな宇宙が広がっています!


DSC_0119.JPGDSC_0103.JPG

最近植物を育て始めた影響らしく「SPORE」というこんな時計も。
sporeとは即ち「胞子」の事。今までは作られなかったデザインでは・・・


DSC_0059.jpg

 

こちらもウツボカズラをモチーフにした「PLANT IN PLANT 」


DSC_0092.JPG

 

こんな錫(すず)の器も用意されました。
錫は雑味を消してくれる為、飲み物を美味しくしてくれるそうです。
器にはしっかりとカナヅチで叩き込んだ後が残っています。

柴田望 鍛金展は9月11日~17日まで開催しております。
会期中はご本人が在廊し、皆さまをお迎えいたします。
楽しい話がたくさんおうかがい出来ます!
秋晴れの森の中のギャラリーにてお待ちしております。

 

ギャラリー担当:清洲


 



 

最新のお知らせ

月別のお知らせ