ギャラリーだより

2015年9月25日
林英樹 革の鞄・小物展

IMGP47722.jpg八ヶ岳の森は少しづつ秋めいて参りました。

大勢のお客様が来て下さったシルバーウィークが終わり、祭りの後のような余韻の残る森の中、ギャラリーではバッグでおなじみ林英樹さんの小さな展覧会が始まりました。

今回は初めての秋開催。作品も秋らしい色合いを制作して来られました。


IMGP48092.jpg革工房に勤務されていた時に、美しい北欧デザインの革バッグと出会ったのがこの道に進んだきっかけだそうです。

「デザインはシンプル。長く愛用して欲しい」との想いで制作されています。

軽くてやわらかく使いやすい為、リピーターの方が沢山おられます。

メンテナンスも丁寧に行われるので仰る通り長い間お使い頂けます。


IMGP47962.jpg先ずこちらの新作のクラッシックな鍵付きバッグのご紹介です。

大きく開くことが出来、荷物もたくさん入りそうです。

タブレットなどを入れてもお洒落ですね!

46,440円


IMGP47822.jpg同じく新作、鞄の片面が藍染めの生地があしらわれています。

この生地は秋田の呉服屋さんで見つけた畳の縁に使われていた物だそうです。

貴重な古布と革のコラボレーション作品。

その日の服装や気分で見える面を変えて楽しめそう!

33,480円


IMGP47882.jpg男女兼用はもちろん、男性好みのバッグも今回用意されました。

体にフィットするデザインになっています。下中央の作品はバッファロー革製です。

31,320円~


IMGP47922.jpgワックスに染み込ませた革で作られた作品。

擦れる事によって色が濃くなって行きます。

39,960円


 

 ショルダーとして...

IMGP48062.jpg

こちらはある時はショルダーバッグ。そしてある時はリュックに変身する便利なバッグです。

41,040円

 

 

そしてリュックに...変身!!

IMGP48032.jpg


IMGP48332.jpgカメラを愛した真吾さんと一緒に林さんがデザインしたカメラストラップです。
カラフルな森のワンポイントが入ってます!

9,288円~


まだまだご紹介しきれない位たくさんの作品をこの展覧会の為に作って来て下さいました。
革の魅力をふんだんに表現した林英樹さんの展覧会は9月25日(金)~10月1日(木)まで開催しております!

2015年9月18日
廣岡正勅 ペーパーアート展

IMGP44712.jpg

雑木林の木々が少しずつ色付き始め、八ヶ岳はもう秋の雰囲気です。

そんな中森のギャラリーでは、ペーパーアート作家の廣岡正勅さんの展示が始まりました!


IMGP44531.jpg今から約60年前、子供のオモチャがあまりない時代。

当時少年だった廣岡さんは、紙を切るのが大好きで、キャラメルの箱などを切って遊んでいたそうです。

偶然か必然か、現在廣岡さんは海外でも活躍した腕前を持つペーパーアーティストとして活動しております!

下書きなどはせず、フリーハンドで紙を切っていく手さばきはまるで魔法の様...


IMGP44652.jpgIMGP44262.jpg今回はヤマネや鹿など、八ヶ岳に暮らす生き物をモチーフにした作品を色々お持ち下さいました。

紙だけで作られているとは思えない、見事な立体感です。


IMGP44372.jpgIMGP44432.jpg紅葉の時期にぴったりなカードをメインに、季節に合わせたレターセットもたくさん!

コスモスの葉や動物たちの顔など、細かい所まで全て手で切って作られているから驚きです。

カードを開くと、それぞれ立体的に飛び出してきます。

大切な人へのお手紙にいかがでしょうか?


IMGP44202.jpg小さくて細かい作品以外にも、大きな額装品もいくつか届いております。

ペーパーアートならではの存在感が楽しめます。


IMGP44192.jpg自分でペーパーアートを作ってみたい!という方の為に、この様なキットもたくさん届いております。

小学生から作れるキットですので、大人も子供も楽しめますよ!

廣岡正勅 ペーパーアート展は9月18日(金)~9月24日(木)まで開催いたします。

期間中は廣岡さんが実演も行っております!是非ご覧ください。

2015年9月11日
柴田望 鍛金展 ガラスの宇宙

 DSC_0132.JPG

八ヶ岳はすっかりと秋めいて来まして時折ストーブを点ける事もあります。
ゆっくりと八ヶ岳倶楽部を楽しんで頂ける時期でもあります。
ギャラリーでは大勢おられる作家さんの中で33才と若い柴田望さんの展覧会
がスタート致しました。


DSC_0126+1.jpg

   ただ若いだけでは無く、その技術や造形力でもうすでにアメリカなど世界で注目されています。
 

DSC_1020.JPGDSC_1038.JPGのサムネイル画像DSC_1033.JPGDSC_1041.JPG


DSC_1055.JPGのサムネイル画像 

 こちらは今年パリに出展された

DREAM OF SEPIA

sepia」は現在「セピア色」と使われたりしますが、

 語源は「甲イカ」だそうです。

 

 

 

 

 

 

DSC_1057.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

夢いっぱいの甲イカ君はどこに連れて行ってくれるのでしょう?
独学で鍛金を始める前はノルウェーの学校で木造の船を作っていた柴田さん。

 

DSC_0005.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

その当時好きだった船がモチーフだそうです。

 

DSC_0018.JPG

 

 


 

 

 


DSC_0023.JPGのサムネイル画像 

 

 

細部まで細やかに作られています。ボルトなどの小さなパーツも全てご自身で作られます!

DSC_0010.JPG

 

 



 


DSC_1046.JPG この作品はガラス作家、中條健太さんとのコラボレーション作品「COSMO SCALE」
「道具のようなオブジェ」をイメージされた作品。互いがバランスを保ちながら回転します。中條さんは強化ガラスと3000近い温度になる酸素バーナーを使い制作されます。 
 

DSC_1049.JPG

その作品の中には小さな宇宙が広がっています!


DSC_0119.JPGDSC_0103.JPG

最近植物を育て始めた影響らしく「SPORE」というこんな時計も。
sporeとは即ち「胞子」の事。今までは作られなかったデザインでは・・・


DSC_0059.jpg

 

こちらもウツボカズラをモチーフにした「PLANT IN PLANT 」


DSC_0092.JPG

 

こんな錫(すず)の器も用意されました。
錫は雑味を消してくれる為、飲み物を美味しくしてくれるそうです。
器にはしっかりとカナヅチで叩き込んだ後が残っています。

柴田望 鍛金展は9月11日~17日まで開催しております。
会期中はご本人が在廊し、皆さまをお迎えいたします。
楽しい話がたくさんおうかがい出来ます!
秋晴れの森の中のギャラリーにてお待ちしております。

 

ギャラリー担当:清洲


 



 

2015年9月 4日
鉄筋彫刻作家 徳持耕一郎 森の音楽祭

DSC_1002+1.jpg

こんにちは、八ヶ岳倶楽部ギャラリー担当の荒川です。

本日、ご紹介させて頂く作家さんは素敵なジャズメンたちの作品と共に

遥々鳥取県から来てくださった徳持耕一郎さんです。


DSC_0765.JPG

鉄筋彫刻(等身大)

"ベーシストE" 756,000

 

*鉄筋彫刻とは:

 数種類の太さの異なる鉄の棒を曲げて、カットして溶接して組み立てる。線を省略しているのも大きな特徴で「線がないのにつながって見えるのがとても不思議ですね。」この省略は日本の文化「間」に通じる要素でもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


DSC_0956.jpg

徳持さんは、日本固有の「線」浮世絵の興味からアートの道へ進み、版画全般を学び'89年NYで個展を開催。毎晩クラブで本場のジャズを聴き魅了されたと言う徳持さん。ナプキンにジャズメンをスケッチしたのがきっかけで20年以上たった今も様々な素材を使った作品の制作を続けています。


DSC_0979.JPG

Strings シリーズ

"ストリング2"151,200

 

毛糸で描かれたこちらのカラフルな作品

徳持さんの線にこだわる探究心はとどまる事をしらない。

躍動感のある作品です。


 DSC_0924.jpg

シルクスクリーン

"Art peper" 75,600


DSC_0762.JPG

鉄筋彫刻(等身大)

"女性ボーカリストS"648,000

 

このセクシーな女性ボーカリストの歌声が

今にも聴こえてきそうです。

Over the Rainbowかな?




DSC_0931.jpg

銅版画 

Sonata"S" 37,800


DSC_0935.jpg

銅版画

Piano&Bassist"E" 37,800


DSC_0944.jpg

銅版画

The trumpeter 41,040


DSC_0980.jpg

Wire Game

"コブ"32,400

 

カラフルなワイヤー針金で制作されたこちらの作品

卓上サイズ作品でプレゼントにも人気です。


DSC_0888.jpg

鉄筋彫刻

ピアニスト F1 216,000


DSC_0901.jpg

鉄筋彫刻

トランぺッター N2 216,000

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


DSC_0895.jpg

鉄筋彫刻

ベーシスト R1 237,600


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


DSC_0870.jpg

富士山をバックにセッション♪♪

ジャズメンも気持ち良さそうに演奏しています。


DSC_0801.jpg

鉄筋彫刻

弓を弾くベーシスト3 237,600

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


DSC_0813.jpg

鉄筋彫刻

テナーマン G1 216,000


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


DSC_0837.jpg

鉄筋彫刻

ギタリストV2 226,800


DSC_0853.jpg

鉄筋彫刻

ギタリスト S1 226,800

 

秋空のもと、素敵なギタリストの演奏に私もすいこまれそうです。


DSC_0962.jpg

ジャズだけではなく音楽が大好きで

大の徳持さんファンでもあるスタッフ緑里さん

森の音楽祭初日、とても嬉しそう♪♪

お客様、ギャラリー入口のツリバナやコマユミが紅葉し始めている今

八ヶ岳倶楽部の森はまさに秋めいて来ています。

秋といえば音楽、森の音楽祭でお客様のご来店をジャズのBGMとともにお持ちしております。

 

 

 

会期:94日(金)~910日(木)

最終日は17:00までの展示となります。

 

撮影者:ギャラリー荒川



 

最新のお知らせ

月別のお知らせ