最近のだより


柳生真吾 お別れ会
(2015/5/19)

柳生真吾 訃報のお知らせ
(2015/5/8)

スイセンプロジェクト2013始動です!
(2013/4/30)

<マイチェアができるまで・・・8>
(2013/3/31)

<マイチェアができるまで・・・7>
(2013/1/31)

<マイチェアができるまで・・・6>
(2013/1/13)

<マイチェアができるまで・・・5>
(2013/1/3)

id=1&no=20080521223441&before=1&ver0=&cateno3=1-008&cateFlag=2 id=1&no=20080521223441&before=1&ver0=&cateno3=1-008&cateFlag=2 id=1&no=20080521223441&before=1&ver0=&cateno3=1-008&cateFlag=2

カテゴリー別


スイセンプロジェクト (98)

ファンタジー (53)

THANKS 20th (9)

run (22)

トレッキング (9)

仲間達 (16)

メッセージ (590)

(70)

園芸 (122)

野草 (150)

(62)

講演・イベント (194)

季節 (205)

風景 (21)

雑木林 (48)

八ヶ岳倶楽部 (134)

他の生き物 (22)

動画 (6)

樹木 (171)

番組 (215)


« 戻る 鳥 一覧 次へ »

カラスとシジュウカラ


レストランのスタッフが悲鳴にも似た声で・・・。

「しんごさん!カラスが・・・カラスが巣箱の屋根をあけて・・・開けた後に・・・」

確かに美しい新緑の中、明らかに屋根が上に跳ね上がっている。

はしごで恐る恐る覗き込む。

やはり・・・。


スタッフに報告しようか、またここで紹介すべきかすごく悩みました。

が、これも森の出来事の一つです。
こんなこともあって、キレイなこともあるわけで。

シジュウカラの親鳥の羽が散乱していました。

巣作りも完璧に終え、もしかしたらタマゴも生んでいたタイミングかもしれない。
それほど整ったキレイな巣の上に羽が・・・。

かわいそう!?
確かにかわいそう。

カラスが憎い!?
確かに憎い。

でも僕らが牛肉や野菜や魚を食べるようにカラスもシジュウカラを食べただけのこと。

僕はそう思ったので思い切って今日紹介しました。

実はこれは昨日の出来事。
一晩考えたってこと。

スタッフの加藤がビスで簡単には屋根が開かないように修繕です。

今度は大丈夫。

昨日はそんな森の厳しさ、生きる厳しさを体験できました。

そう、森の生き物は例外なくすべて生死をかけて一生懸命生きている・・・。
必ず他の命を食べ、それを命に変えて・・・。

2008/5/21 柳生真吾

« 戻る 鳥 一覧 次へ »